完成したカクテル、アースクエイクの画像。

アースクエイク|地震のように脳をゆらすジンベースのカクテル

五十音順のカクテルブックを読むと、だいたい最初に登場するのが「アースクエイク」というカクテルです。

ジン、ウィスキー、ペルノと呼ばれる度数の強いお酒でつくります。

今回はこの「アースクエイク」を実際につくりつつ、「由来、カクテル言葉、レシピ、つくり方、飲んだ感想、アルコール度数」を解説していきます。

アースクエイクとは?

「アースクエイク」というカクテルの名前の由来とカクテル言葉を紹介します。

由来:飲むと地震があったと錯覚

アースクエイクを直訳すると「地震」という意味です。

度数の高いお酒が3種類混ざっているためアルコール度数が強く、飲むと地震にあったかのように身体がゆれることから、この名がつけられました。

カクテル言葉:衝動

カクテル言葉は「衝動」。

衝動の意味

1 外から強い力や刺激を受けて心を動かすこと。

2 動作または行為を行おうとする抑えにくい内部的な欲求。目的が完遂することによって消滅する。

引用元:Weblio 辞典

「思い切って告白したいけど勇気が出ない。」

「大人になって色々我慢してきたけど、心が向くままに何かしたい!」

というようなときに飲むといいかもしれませんね。

>>他のカクテル言葉を知りたい方はこちら

アースクエイクのレシピ

アースクエイクの材料の画像。

材料

  • ジン20ml
  • ウィスキー20ml
  • ペルノ(アブサン)20ml

材料は、ジンとウィスキーとペルノ。

ペルノ(アブサン)というお酒は、アニスと呼ばれるスパイスの風味が特徴的なお酒で、フランスのお酒です。

芸術家に愛されたお酒で、かなり個性的で独特な薬草の味がします。(歯磨き粉のようだと言われることも)

アースクエイクのつくり方

アースクエイクの材料がわかったところで、それではカクテルをつくっていきます。

1.材料を注ぐ

シェイカーにジンを20ml注ぎます。

ジンを注ぐ画像。

ウィスキーを20ml注ぎます。

ウィスキーを注ぐ画像。

ぺルノを20ml注ぎます。

ぺルノを注ぐ画像。

2.シェイク

シェイクしてカクテルグラスに注ぎます。

シェイクする画像。

3.完成

以上で完成です。

透明がかった黄色い色のお酒になりました!

完成したカクテル、アースクエイクの画像。

アースクエイクを飲んだ感想

ジンとウィスキー、ぺルノという個性が強いお酒同士が混ざったカクテルなだけあり、味はかなりパンチがあります

ペルノの風味が強烈で、一気に飲むと確実に倒れます。

※ゆっくりと安全に飲みましょう。

アルコールが強くて、クセがあり珍しいカクテルを飲みたい」という方におすすめです。

アースクエイクのアルコール度数:約48.5度

アースクエイクのアルコール度数を計算すると、約48.5%でした。

数あるカクテルの中でも、トップクラスのアルコール度数の高さなのではないでしょうか。

計算式はこちらです。

アルコール度数計算式

(20ml×37.5度)+(20ml×40度)+(20ml×68度)=2,910

2,910÷60=48.5%

>>詳しい計算方法を知りたい方はこちら

まとめ:アースクエイクはかなりクセが強いカクテル!

アースクエイク」というカクテルの由来やカクテル言葉、実際につくって飲んだ感想などをお伝えしました。

アースクエイク」について簡単にまとめます。

アースクエイクのまとめ

  • 直訳:地震
  • 由来:飲むと地震にあったかのように身体がゆれるため
  • カクテル言葉:「衝動」
  • レシピ:ジン20ml、ウィスキー20ml、ペルノ20ml
  • つくり方:全ての材料をシェイクし、カクテルグラスに注ぐ
  • 飲んだ感想:かなりパンチの効いたカクテルで、本当に飲むとクラクラする
  • こんな人におすすめ:アルコール度数とクセが強くて珍しいカクテルが飲みたい
  • アルコール度数:約48.5%

以上、ジンベースのカクテル「アースクエイク」でした。

この記事が、カクテルを知りたい方の参考になれば幸いです。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する元バーテンダー。 いまは家でお酒を飲みつつ、バーをめぐりながらお酒を楽しんでいます。 福岡を中心に活動中で、カクテルやバーに興味を持ってもらう入り口になれればと思って運営しています。 ジンやカクテル、洋酒、バーについて、初心者でもわかるように解説!をモットーに投稿していきます。

-ジンベース
-, ,

Translate »