完成したグリーンアラスカの画像。

【レシピ】グリーンアラスカ|度数強めの薬草系辛口ショートカクテル!

今回は、ジンと薬草系のリキュールでつくる、かなりアルコール度数の高い「グリーンアラスカ」をつくります。

どんなカクテルなのか、由来やカクテルレシピ、飲んだ感想などを詳しく解説します。

グリーンアラスカとは

完成したグリーンアラスカの画像。
カクテル名グリーンアラスカ
カクテルタイプショートカクテル
技法シェイク
テイスト中甘辛口
薄い緑
アルコール度数約44度
材料ジン/シャルトリューズ ヴェール

グリーンアラスカの由来は?

アラスカというカクテルがシャルトリューズ ジョーヌを使用するのに対し、グリーンアラスカはシャルトリューズ ヴェールという緑色のリキュールでつくるため、グリーンアラスカといいます。

アメリカではこのカクテルを別名「エメラルドアイル」と呼ぶそうです。

カクテル言葉:優雅で純粋な心の幼き者

カクテル言葉は「優雅で純粋な心の幼き者」という意味があり、1月2日の誕生日カクテルともいわれています。

このカクテルはアルコール度数がかなり強くパンチがあるので、どういう経緯でこの言葉がつけられたのかは謎ですね。

グリーンアラスカのレシピ

グリーンアラスカの材料とつくり方を紹介します。

グリーンアラスカの材料

グリーンアラスカの材料の画像。

材料

  • ジン:45ml
  • シャルトリューズ ヴェール:15ml

シャルトリューズ ヴェールという、アルコール度数が55度もあるフランスの薬草系のリキュールとジンでつくります。

レシピによってはジン40ml、シャルトリューズ ヴェール20mlでつくられる場合もあります。

シャルトリューズ ヴェールはその色合いから「シャルトリューズ グリーン」と呼ばれることもあります。

グリーンアラスカのつくり方

つくり方はシェイクするだけの、とてもシンプルなカクテルです。

バーテンダーによってはシェイクではなくステアでつくる方もいます。

手順

  1. 全ての材料をシェイカーに注ぐ。
  2. シェイクしてカクテルグラスに注ぐ。

step
1
材料を注ぐ

シェイカーにジンを45ml注ぎます。

ジンを注ぐ画像。

シャルトリューズ ヴェールを15ml注ぎます。

シャルトリューズ ヴェールを注ぐ画像。

step
2
シェイクする

シェイカーに氷を入れてシェイクし、カクテルグラスに注ぎます。

シェイクしたグリーンアラスカを注ぐ画像。

step
3
完成

薄い緑の色合いのカクテル、「グリーンアラスカ」の完成です。

完成したグリーンアラスカの画像。

グリーンアラスカをレビュー

完成したグリーンアラスカの画像。

飲んだ感想

シャルトリューズ特有の、薬草や香草系の香味がしっかりと感じられます。

アルコールのパンチは かなり強めですが、ジンを使用しているため、飲み口はスッキリとしています。

薬草系のクセのあるアルコールが強いお酒が好きな人にピッタリです。

実際に飲んでみましたが、思ったよりも飲みやすいです。ただ、飲んだ後はすぐに酔いが回ってくるので、お酒が強い方以外はやめておいた方がいいです。

アルコール度数:約44度

アルコール度数

  • 45ml:40度
  • 15ml:55度

上記レシピの場合、下記計算式で、アルコール度数はおよそ44度となります。

(45ml×40度+15ml×55度)÷60ml=43.75

数あるカクテルの中でもトップレベルにアルコール度数が強いカクテルです。

アルコール度数の計算方法を知りたい方はこちらの記事で紹介しています。

アルコール度数計算式!カクテルのアルコール度数は計算できるって知っていた?

続きを見る

こんな人におすすめ

薬草・ハーブ系のお酒が好きな方におすすめです!
こんな人におすすめ
  • 薬草・ハーブ系のお酒が好き
  • シャルトリューズが好き
  • 早く酔いたい
  • 辛口でアルコールが強いカクテルを飲みたい

アルコール度数は約44度と、カクテルの中ではかなり度数が高いものになります。

薬草・ハーブ系のお酒が好きな方や、早く酔いたい方、辛口のカクテルが好きな方におすすめです。

今回使用した銘柄

今回使用した銘柄2つを紹介します。

ビーフィーター ジン 40度

クセが少なく柑橘のシトラス系のジンです。

世界中のバーテンダーも愛用し、リーズナブルで信頼性もある伝統的なドライジンです。

関連
ビーフィーターのボトル画像。
【ビーフィーター ジン レビュー】ジン・カクテル初心者におすすめの定番銘柄!

続きを見る

シャルトリューズ ヴェール

シャルトリューズはフランスの薬草系のリキュールで、おおまかにヴェール(グリーン)ジョーヌ(イエロー)の2種類あります。

今回使用したのはヴェール(グリーン)で、高いアルコール度数と薬草のような香味が特徴的です。

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

-ジンベース

Translate »