ジンとシャルトリューズのカクテル、アラスカの完成画像。

【レシピ】アラスカ|薬草の香味とハチミツのような甘さのショートカクテル!

今回は、薬草系の香味とはちみつのような甘さのあるカクテル「アラスカ」をつくります。

どんなカクテルなのか、由来やカクテル言葉、カクテルレシピ、実際につくって飲んだ感想などを詳しく解説します。

アラスカとは

ジンとシャルトリューズのカクテル、アラスカの画像。
カクテル名アラスカ
カクテルタイプショートカクテル
技法シェイク
テイスト甘口
透き通った黄金色
アルコール度数約40度
材料ジン/シャルトリューズ ジョーヌ

アラスカの由来は?

名前の由来は不明ですが、1920年代にアメリカで修行中のハリー・クラドック氏が考案したという説があります。

ハリー・クラドック氏は1930年に『サヴォイカクテルブック』を刊行している世界的に有名なバーテンダーです。

アラスカのカクテル言葉は「偽りなき心」

アラスカのカクテル言葉は偽りなき心。

ジンとシャルトリューズ ジョーヌでつくったこのカクテルは、透き通った黄金色です。

ウソも見透かされるようなキレイな色合いで、隠しごとはない。といってくれているような気がします。

アラスカのレシピ

アラスカの材料とつくり方を紹介します。

アラスカの材料

アラスカの材料の画像。

材料

  • ジン:45ml
  • シャルトリューズ ジョーヌ(イエロー):15ml

アラスカのつくり方:写真付きで解説

つくり方はシェイクするだけの、とてもシンプルなカクテルです。

手順

  1. 全ての材料をシェイカーに注ぐ。
  2. シェイクしてカクテルグラスに注ぐ。

step
1
材料を注ぐ

シェイカーにジンを45ml注ぎます。

ジンを注ぐ画像。

シャルトリューズ ジョーヌを15ml注ぎます。

シャルトリューズを注ぐ画像。

step
2
シェイクする

シェイカーに氷を入れてシェイクし、カクテルグラスに注ぎます。

シェイクしたアラスカを注ぐ画像。

step
3
完成

透き通った黄金色のカクテル、「アラスカ」の完成です。

ジンとシャルトリューズのカクテル、アラスカの完成画像。

アラスカをレビュー

ジンとシャルトリューズのカクテル、アラスカの完成画像。

飲んだ感想

シャルトリューズ ジョーヌのはちみつのような甘みとジンのキリッとした味わいがほどよくあわさり、甘口ですがスッキリとした飲み口のカクテルになりました。

シャルトリューズの薬草・香草系の香味も加わり、少しクセがありますがハーブ系のお酒や薬酒が好きな方にはピッタリです。

甘口でアルコール度数はかなり高いので、寝酒にもおすすめです!

アルコール度数:約40度

アルコール度数

  • 45ml:40度
  • 15ml:43度

上記レシピの場合、下記計算式で、アルコール度数はおよそ40度となります。

(45ml×40度+15ml×43度)÷60ml=40度

アルコール度数はかなり高いので、お酒が弱い人は要注意です!

アルコール度数の計算方法を知りたい方はこちらの記事で紹介しています。

アルコール度数計算式!カクテルのアルコール度数は計算できるって知っていた?

続きを見る

こんな人におすすめ

甘くて飲みやすいですが、アルコール度数が強いので飲み過ぎ注意です!
こんな人におすすめ
  • 薬草系・ハーブ系のお酒が好き
  • アルコール度数が強いお酒が好き
  • 甘口のお酒が好き
  • 寝酒にいいカクテルを探している

アラスカはシャルトリューズの味わいが特徴的なので、薬草系・ハーブ系のお酒が好きな方に特におすすめのカクテルです。

味わいは甘口でアルコール度数は約40度と高いので、アルコールが強いお酒が好きな方にはもちろん、寝る前のお酒としてもちょうどいいと思います。

今回使用した銘柄

今回使用した銘柄2つを紹介します。

ビーフィーター ジン 40度

クセが少なく柑橘のシトラス系のジンです。

世界中のバーテンダーも愛用し、リーズナブルで信頼性もある伝統的なドライジンです。

関連
ビーフィーターのボトル画像。
【ビーフィーター ジン レビュー】ジン・カクテル初心者におすすめの定番銘柄!

続きを見る

シャルトリューズ ジョーヌ

シャルトリューズはフランスの薬草系のリキュールで、おおまかにヴェール(グリーン)ジョーヌ(イエロー)の2種類あります。

今回使用したのはジョーヌ(イエロー)で、ハチミツのような甘い味わいと薬草のような香味が特徴的です。

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

-ジンベース

Translate »