完成したジンフィズの画像。

ジンフィズ~ジンのさっぱりレモンサワー風カクテル~

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

今回は、ジンフィズをつくりました。

ジンの定番カクテルで、バーテンダーの技量が試されるともいわれています。

バーにはレモンサワーは基本ないですが、レモンサワーのようなさっぱりとした味わいのカクテルです。

 

ジンフィズの由来

1888年に、ニューオーリンズのヘンリー・ラモスが考案したとされています。

「フィズ」とは、炭酸水の泡の弾ける音からきています。フィズと名の付くカクテルはいくつかあり、バイオレットフィズ・カカオフィズなどです。

スピリッツやリキュールに、砂糖・酸味を加えてシェイクし、炭酸割水で割るカクテルを「フィズ」といいます。

 

ジンフィズのレシピ

ジンフィズの材料の画像。

材料

  • ジン50ml
  • レモンジュース20ml
  • シュガーシロップ10ml
  • 炭酸水適量
  • マラスキーノチェリー1個(飾り用)
  • レモンスライス1枚(飾り用)

ジンフィズの材料の分量は、バーテンダーによってまちまちです。

今回はこの分量でつくっていきます。

 

ジンフィズのつくり方

1.材料を注ぐ。

ジンを50mlシェイカーに注ぎます。

ジンを注ぐ画像。

しぼったレモンジュースを20ml注ぎます。

レモンジュースを注ぐ画像。

シュガーシロップを10mlほど注ぎます。

(味見しながら量を調整)

シュガーシロップを注ぐ画像。

2.シェイクしてグラスに注ぐ。

シェイカーに氷を入れてシェイクし、氷を入れたグラスに注ぎます。

カクテルを注ぐ画像。

3.炭酸水を注ぐ。

なるべく氷に当てないように炭酸水を注ぐと、自然と対流がおきて混ざりやすいです。

炭酸水を注ぐ画像。

4.ビルド。

炭酸があまり抜けないように下から氷を持ち上げて上下に1,2回軽く混ぜます。

ビルドする画像。

5.完成。

レモンスライスとマラスキーノチェリーを飾って完成。

完成したジンフィズの画像。

 

ジンフィズを飲んだ感想

今回使ったレシピは、自分の好みのレシピです。

ジンのボタニカルの風味が感じられ、かつ甘みを少し感じられるようにつくりました。

お酒感もあり飲みごたえもあるので、お酒が弱い方は炭酸水以外の材料を減らしたり、炭酸水を多めに注ぐといいです。

ジンの銘柄によって味わいも全然違うので、自分好みに分量を変えてみると面白いです。

アルコール度数:約10度

 

使用した銘柄

ジン:ゴードンジン

ジンの風味がしっかり感じられ、価格も安くておいしいジンです。

マラスキーノチェリー:明治屋

砂糖などが加えられたさくらんぼで、種がないのでそのまま飾りに使えます。

スポンサーリンクディスプレイ2

スポンサーリンクディスプレイ1

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する「元バーテンダー」と、お酒をただ飲むこと、食を楽しむことが大好きなアラサーが運営してます。 趣味カクテル、特技カクテル。 カクテルを中心に、ウィスキーなど洋酒が大好きです。

-カクテル
-, , , ,

Translate »

Copyright© Liquor Freak , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.