カンパリのカクテル、アメリカーノ。

アメリカーノ~ほろ苦いロングカクテル~由来・レシピ・つくり方・味

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

イタリアの大人気リキュール、カンパリを使ったアメリカーノというカクテルをつくります。

古くからあるカクテルで、食前酒にピッタリです。

 

アメリカーノの由来

このカクテルはイタリアで生まれました。由来にはいくつか説があるので紹介します。

1.ボクサーのニックネーム説

1933年、世界ヘビー級王者となったイタリア人「プリモ・カルネラ」のニックネームからという説。

2.アメリカ人ジャーナリスト説

イタリア人将校のクラブで、若いイタリア兵がつくっていたカクテルがありました。それを気に入って飲んでいたアメリカ人ジャーナリストが、フランス語で苦味を意味する「アメール」とイタリア語でアメリカ人を意味する「アメリカーノ」をかけて名づけられたという説。

2の説の方が有力なようです。

 

レシピ

アメリカーノの材料。

  • カンパリ or ビターベルモット30ml
  • スイートベルモット30ml
  • 炭酸水適量(今回は60ml)

レシピは、カンパリではなくビターベルモットを使用するのが正式らしいですが、カンパリで代用もできるので、今回はカンパリを使いました。

 

手順

1.材料をグラスに注ぐ。

カンパリを30ml、氷を入れたロンググラスに注ぐ。

グラスにカンパリを注ぐ。

スイートベルモットを30ml注ぐ。

グラスにスイートベルモットを注ぐ。

2.ステア。

一度ステアして、材料を混ぜて冷やす。

ステア。

3.炭酸水を注ぐ。

なるべく氷に当てないように注ぐ。

グラスに炭酸水を注ぐ。

4.ビルド。

炭酸が抜けないように軽く混ぜる。

ビルド。

5.完成。

オレンジがあれば、オレンジスライスを1/2枚飾る。

完成したアメリカーノ。

 

アメリカーノを飲んだ感想

カンパリの苦味、スイートベルモットの甘味が炭酸水で和らげられ、飲みやすい感じです。

どちらもハーブや香草が原料のお酒なので、食欲が促進されます。

今回はカンパリ、スイートベルモット、炭酸水を1:1:2の割合でつくりましたが、お酒が弱い方は炭酸水の量を多めにするなど調整して、好みの分量を探ってみましょう。

このレシピではアルコール度数約10度ほどなので、そこまで強くなく飲みやすい仕上がりとなっています。

 

今回使用した材料

カンパリ

スイートベルモット:チンザノロッソ

炭酸水メーカー

スポンサーリンクディスプレイ2

スポンサーリンクディスプレイ1

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する「現役バーテンダー」と、お酒をただ飲むこと、食を楽しむことが大好きなアラサーが運営してます。 趣味カクテル、特技カクテル。 カクテルを中心に、ウィスキーなど洋酒が大好きです。

-カクテル
-, ,

Translate »

Copyright© Liquor Freak , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.