タンピコの画像。

タンピコ|ほどよい苦味の爽やかなロングカクテル!|由来・レシピ・飲んだ感想を紹介

今回は、タンピコというカクテルを紹介します。

どんなカクテルなのか、由来やカクテルレシピ、飲んだ感想などを詳しく解説します。

タンピコとは

タンピコの画像。
カクテル名タンピコ
カクテルタイプロングカクテル
技法ビルド
テイスト甘辛口
赤色
アルコール度数約7度
材料カンパリ:40ml
コアントロー:30ml
レモンジュース:20ml
トニックウォーター:適量

タンピコの由来は?

タンピコとは、メキシコ北東部にある港町の名前。

1960年頃、パリのジョージVホテルで働くバーテンダー"ルドルフスラディック氏(Rudolf Slavick )"が考案したといわれています。

タンピコのレシピ

タンピコの材料の画像。

Full up・・・グラスを満たす

手順

  • トニックウォーター以外を氷を入れたグラスに注いでステア。
  • トニックウォーターを注いでステア。
  • 完成

タンピコをレビュー

飲んだ感想

カンパリが40ml入っているのでけっこう苦いかと思いきや、コアントローの甘さとレモンの酸味によって中和され、苦味がほどよい塩梅(あんばい)に感じられます。

トニックウォーターの爽快感もあわさって、とてもすっきりとし飲みやすいカクテルでした!!

アルコール度数:約7度

このレシピの場合のアルコール度数はおよそ7度

カンパリ25度、コアントローが40度なので割とお酒感が強めに感じられ、しっかりと飲みごたえがあります。

今回使用した銘柄

カンパリ

苦味が特徴的な薬草・ハーブ系のリキュールです。

>>カンパリについて詳しくはこちら

CAMPARI (カンパリ)
¥2,000 (2024/04/17 07:41時点 | Amazon調べ)

コアントロー

オレンジが原料の甘いリキュールで、カクテルづくりには必須アイテム。

>>コアントローについて詳しくはこちら

COINTREAU (コアントロー)
¥2,735 (2024/04/13 02:33時点 | Amazon調べ)

サンキストのレモン果汁

カクテルをつくるときには生のレモンが一番ですが、毎回生のレモンを購入すると高くつきますよね。

市販のレモン果汁なら長期保存できてコスパも最高です。

¥573 (2024/04/12 21:20時点 | 楽天市場調べ)

ウィスキンソン トニックウォーター

トニックウォーターの銘柄はたくさんありますが、リーズナブルかつ苦味の甘味のバランスがほどよく、炭酸も強めでお気に入りのトニックウォーターがウィルキンソンです。

関連記事

コアントローでつくれるカクテルを紹介しています。

コアントローのボトルの画像
カクテルつくるなら必須アイテム!【コアントロー レビュー】歴史・製造方法・おすすめカクテル10選

続きを見る

-リキュールベース

Translate »