ベイリーズリキュールのボトル

クリーム系の大人気リキュール【ベイリーズ】原料やカクテルレシピなど徹底解説

程よい甘さとクリーミーさが特徴のリキュール、ベイリーズ。

どんなお酒なのか、原料やカクテルレシピなど紹介します。

 

ベイリーズの歴史

グラスにミルクを注ぐ。

ベイリーズは1974年、アイルランドのダブリンでR&Aベイリー社が開発しました。

アイルランドは酪農が盛んな国で、昔からウィスキーにクリームをいれて飲む習慣があり、その伝統的な飲み物を製品にしようと考え、「ベイリーズ」というリキュールが誕生しました。

 

ベイリーズの原料・製造

  • 新鮮なミルクから分離したクリームとバター脂・・・50%
  • 砂糖・・・20%
  • チョコレートなどのフレーバー・水・・・13%
  • アイリッシュウィスキー・・・10%
  • 中性スピリッツ・・・7%

新鮮なミルクからのクリーム処理

バージニア・ミルク会社の近代的設備で36時間かけて行われ、冷却した状態でベイリー社に運ばれ、すぐにリキュールの材料として使われます。

アイリッシュウィスキー

ジェムソンやタラモアドデューなどを蒸留しているミドルトン蒸留所で蒸留され、4~5年熟成したものが使用され、中性スピリッツはコーク市のカーバリー社のものが使われます。

チョコレートフレーバー

オランダのクエスト社、フランスのメロ社などから供給されています。

フレーバーには、コーヒー・ココナッツ・バニラなどが隠し味として加えられていると予想されます。

 

これらの材料を混ぜ、分離しないようなリキュールにするため、クリームのなかに牛乳のプロテインを一部残し、それで製品の品質一定期間安定させています。

 

ベイリーズおすすめの飲み方

ベイリーズカクテル。

  • ストレート
  • ロック
  • ミルク割
  • コーヒー割(アイス・ホット)

ベイリーズはストレートやロックでもよく飲まれています。程よい甘さで、クリーム系の味わいはミルクとの相性が抜群です。

ちなみに、柑橘系のジュースやトニックウォーターと合わせてしまうと、クリームが分離する可能性があるのでやめた方がいいです。

 

ベイリーズのカクテルレシピ

ベイリーズミルク

完成したベイリーズミルクの画像。

材料

  • ベイリーズ30ml
  • 牛乳90ml

つくり方

  1. 氷を入れたロックグラスにベイリーズ、牛乳を注ぎステア。

B-52(ビーゴジュウニ)

完成したカクテル、B-52の画像。

材料

  • ベイリーズ20ml
  • カルアリキュール20ml
  • グランマルニエ20ml

つくり方

全ての材料をシェイカーに注ぎ、カクテルグラスに注ぐ。

or

カルーア、ベイリーズ、グランマルニエの順番にリキュールをフロートして、プースカフェスタイルでつくる。

マッドスライド

完成したウォッカカクテル、マッドスライドの画像。

材料

  • ウォッカ20ml
  • ベイリーズ20ml
  • カルアリキュール20ml

つくり方

全ての材料をシェイカーに注ぎ、カクテルグラスに注ぐ。

アフターエイト

材料

  • ベイリーズ20ml
  • カルアリキュール20ml
  • ホワイトペパーミントリキュール20ml

つくり方

全ての材料をシェイカーに注ぎ、カクテルグラスに注ぐ。

オーガズム

材料

  • ベイリーズ20ml
  • カルアリキュール20ml
  • アマレット15ml
  • 生クリーム15ml
  • 牛乳15ml

つくり方

全ての材料をシェイカーに注ぎ、カクテルグラスに注ぐ。

 

ベイリーズを楽しもう!

ベイリーズは、リキュールの中でトップの売り上げを誇ります。

クリーム系の程よい甘みで、お酒っぽくないので女性やお酒が苦手な方におすすめです。

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する元バーテンダー。 いまは家でお酒を飲みつつ、バーをめぐりながらお酒を楽しんでいます。 福岡を中心に活動中で、カクテルやバーに興味を持ってもらう入り口になれればと思って運営しています。 ジンやカクテル、洋酒、バーについて、初心者でもわかるように解説!をモットーに投稿していきます。

-お酒

Translate »