グランマルニエの画像。

グランマルニエ|オレンジキュラソーの名品!歴史・原料・レビュー・カクテルレシピを紹介

オレンジからつくられたリキュール、オレンジキュラソーの銘柄はたくさんありますが、その中でも有名で人気なのがこのグランマルニエです。

カクテルだけじゃなく、お菓子作りや料理にも使用されることのあるお酒です。今回はこのリキュールがどんなお酒なのか、歴史や原料、カクテルのレシピなどを紹介していきます。

GRAND MARNIER CORDON ROUGE
¥2,401 (2024/05/15 13:36時点 | Amazon調べ)

グランマルニエとは

グランマルニエがどんなお酒なのか紹介します。

グランマルニエの製品概要

グランマルニエの画像。
製品名グランマルニエ コルドンルージュ
品目リキュール
アルコール40
容量700ml/200ml
原産国フランス
メーカーCT SPIRITS JAPAN(シーティースピリッツジャパン)
フレーバーオレンジ
参考価格2,514円
参考価格:Amazon調べ(2024/03/22時点)

グランマルニエの歴史

  • グランマルニエの製造元であるマルニエ・ラポストル社は、1827年にパリ西方の静かな村、ノーフル・ル・シャトーで、「ジャン・バティスト・ラポストール」が蒸留業をするようになったのが始まり。
  • ラポストールの息子であるユージェーヌは、1870年代にコニャック地方に訪れ、コニャック蒸留所を買収して製品をパリに広めました。
  • その後、ユージェーヌの娘が「ルイ・アレクサンドル・マルニエ」と結婚し、事業を受け継ぎます。
  • マルニエは、コニャックにオレンジの香りを溶かしこんだ新製品「グランマルニエ」を開発し、1880年に発売するにいたりました。

グランマルニエの原料・製法

  • 原料にはカリブ海のハイチ島産のビターオレンジの緑色の残った皮を使用。
  • これをノーフル・ル・シャトーの工場で内側の白い内皮を削り取り、薄い外皮だけにします。
  • これをコニャック地方ブール・シャラント村にある自社コニャック蒸留所シャトー・ド・ブールから送られてきた無色透明でアルコール度数約70度のブランデー新酒に3週間漬け込んだあと、単式蒸留器で蒸留。
  • こうして得たオレンジスピリッツに、シャトー・ド・ブール蒸留所で3年から6年にわたって熟成されたグランド・シャンパーニュ地区産や他の地区産のコニャックをブレンドします。
  • そこにシロップや秘伝のエキスを加えたあと、ホワイトオークの樽で6ヶ月熟成してろ過、芳醇な琥珀色のリキュールの完成です。
  • これをノルマンディ地方にある工場でボトリングし、出荷します。

このようにしてグランマルニエはつくられています。

GRAND MARNIER CORDON ROUGE
¥2,401 (2024/05/15 13:36時点 | Amazon調べ)

グランマルニエをレビュー

グランマルニエを実際に飲んでみた感想と、同じオレンジからつくられたリキュールである「コアントロー」と飲み比べてその違いをお伝えします。

ストレート

グランマルニエのストレートの画像。

注いでみると、色はウィスキーのような琥珀(こはく)色をしています。

香りはオレンジの風味がしっかりとあり、アルコールの匂いもほどよく感じられます。

実際に飲んでみると、リキュールの甘みが口に広がり、そのあとオレンジの香味、その奥にブランデーの芳醇な香りが感じられます。

アルコール度数は40度ありますが、アルコールのとげとげしさはあまりなく、じわーっと舌に熱く広がっていきます。

ウィスキーのようにストレートでゆっくり味わって飲むタイプではないですが、しっかりとオレンジの香味が感じれられる甘いお酒です。

グランマルニエとコアントローの違い

グランマルニエとコアントローの飲み比べのイメージ画像。

グランマルニエはオレンジが原料のリキュールですが、他にもオレンジが原料で有名なコアントロー(ホワイトキュラソー)というリキュールがあります。

カクテルをつくるときによく使用されるのがコアントロー(ホワイトキュラソー)で、グランマルニエ(オレンジキュラソー)はカクテルに使われる頻度は多くはないですが、どちらもオレンジのリキュールとしてとても有名です。

飲んだことがない方は、この2つのお酒がどのような違いがあるのかがわかりにくいと思うので、実際に飲んでみてその違いをお伝えします。

製品甘さ香りオレンジ香味酒感
グランマルニエ琥珀芳醇でやわらかいオレンジ香味温かみのあるブランデーのような酒感
コアントロー透明シャープでキリッとしたオレンジ香味ニュートラルなウォッカのような酒感

グランマルニエはブランデーがブレンドされているので、ブランデーのような芳醇な香味が特徴的でした。

コアントローは中性スピリッツが使用されているので、ニュートラルなウォッカのようにクリアな酒感で、それぞれ2つの違いがはっきりとわかりました。

コアントローはオレンジの香味がありますが、それ以外に主張するような味わいがなくクリアなお酒なので、グランマルニエではなくコアントローがよくカクテル使われるのだというのがわかりました。

グランマルニエを使用するカクテル

グランマルニエは、カクテルのベースとして使われることはあまりないですが、副材料として使用されることが多いリキュールです。

ここでは、グランマルニエを副材料として使うカクテルのほか、ベースとして使うカクテルも紹介します。

A-1(エーワン)

完成したジンカクテル、A-1の画像。
A-1の画像
カクテル名A-1
カクテルタイプショートカクテル
技法シェイク
テイスト中口
オレンジ
アルコール度数約40度
材料ジン:40ml
オレンジキュラソー:20ml
レモンジュース:1dash
グレナデンシロップ:1dash
カクテル言葉最高・超一流

すべての材料をシェイカーに注ぎ、カクテルグラスに注ぐ。

「最高」の「超一流」という意味があるカクテルで、アルファベットの「A」と数字の一番最初の「1」を組み合わせています。

オリンピック

カクテル名オリンピック
カクテルタイプショートカクテル
技法シェイク
テイスト中口
オレンジ
アルコール度数約26.7度
材料ブランデー:20ml
オレンジキュラソー:20ml
オレンジジュース:20ml
カクテル言葉待ち焦がれた再会

すべての材料をシェイカーに注ぎ、カクテルグラスに注ぐ。

第2回パリオリンピックを記念してつくられたカクテル。

レッドライオン

カクテル名レッドライオン
カクテルタイプショートカクテル
技法シェイク
テイスト中口
オレンジ
アルコール度数約20度
材料ジン:20ml
オレンジキュラソー:20ml
オレンジジュース:10ml
レモンジュース:10ml
カクテル言葉威厳

すべての材料をシェイカーに注ぎ、カクテルグラスに注ぐ。

1933年、ロンドンで開催されたカクテルコンペティションで入賞したカクテル。

グランオー

完成したグランマルニエのカクテル、グランオーの画像。
カクテル名グランオー
カクテルタイプロングカクテル
技法ビルド
テイスト中甘口
黄色
アルコール度数約20度
材料グランマルニエ:40ml
オレンジジュース:60ml
炭酸水:60ml
カクテル言葉威厳

氷を入れたグラスにグランマルニエ、オレンジジュースを注ぎステアし、炭酸水を注いで軽くまぜる。

ムーンバ

カクテル名ムーンバ
カクテルタイプショートカクテル
技法シェイク
テイスト中口
黄色
アルコール度数約14.5度
材料ホワイトラム:20ml
グランマルニエ:20ml
オレンジジュース:60ml
グレナデンシロップ:2tsp

すべての材料をシェイカーに注ぎ、カクテルグラスに注ぐ。

チェリーブロッサム

カクテル名チェリーブロッサム
カクテルタイプショートカクテル
技法シェイク
テイスト中甘口
赤色
アルコール度数約14.5度
材料チェリーブランデー:30ml
ブランデー:30ml
グランマルニエ:2dash

レモンジュース:2dash
グレナデンシロップ:2dash
カクテル言葉印象的な出会い

全ての材料をシェイカーに注ぎ、カクテルグラスに注ぐ。

タンゴ

完成したジンとグランマルニエのカクテル、タンゴの画像。
タンゴの画像
カクテル名タンゴ
カクテルタイプショートカクテル
技法シェイク
テイスト中口
オレンジ色
アルコール度数約30.6度
材料ジン:24ml
ドライベルモット:12ml

スイートベルモット:12ml
グランマルニエ:12ml
オレンジジュース:2dash

すべての材料をシェイカーに注ぎ、カクテルグラスに注ぐ。

ロンドンのシローズクラブというバー出身の、「ハリー・マッケルホーン」氏が考案しました。

彼が自分のハリーズニューヨークバーをオープンした後に発表した、情熱的の名前のカクテルです。

シルビア

完成したラムカクテル、シルビアの画像。
シルビアの画像
カクテル名シルビア
カクテルタイプショートカクテル
技法シェイク
テイスト中甘口
オレンジ色
アルコール度数約16度
材料ホワイトラム:20ml
グランマルニエ:20ml

パイナップルジュース:20ml
オレンジジュース:40ml

グレナデンシロップ:3dash
卵黄:1個
カクテル言葉あなたを想って

すべての材料をシェイカーに注ぎ、ロックグラスに注ぐ。

グランマルニエマルガリータ

完成したテキーラカクテル、グランマルニエマルガリータの画像。
グランマルニエマルガリータの画像
カクテル名グランマルニエマルガリータ
カクテルタイプショートカクテル
技法シェイク
テイスト中口
オレンジ色
アルコール度数約30度
材料テキーラ:30ml
グランマルニエ:15ml

レモンジュース:15ml
塩:適量

カクテルグラスの縁に塩をつけてスノースタイルに、すべての材料をシェイカーに注ぎ、カクテルグラスに注ぐ。

グランマルニエを楽しもう!

グランマルニエはどんなお酒なのか、歴史・原料・製法・カクテルレシピなど紹介しました。

グランマルニエはアルコール度数40度とけっこう高めですが、オレンジの風味と甘み、ブランデーの芳醇さがおいしいお酒です。

興味があれば是非試してみて下さい。

GRAND MARNIER CORDON ROUGE
¥2,401 (2024/05/15 13:36時点 | Amazon調べ)

-リキュール

Translate »