完成したカクテル、B-52の画像。

B-52~飲みすぎ注意!甘くて飲みやすいシューターカクテル~

読み方は、ビーゴジュウニではなく、「ビーフィフティーツー」です。

このカクテルの特徴は、材料の比重を利用して層をつくっていきます。

また、シューターカクテルといって、ショットグラスにお酒を何種類か入れて、楽しく一気に飲み干すアメリカが発祥のスタイルがあり、そのように飲むカクテルとしてつくられました。

B-52の由来・レシピ・つくり方・飲んだ感想をお伝えします。

 

B-52の由来

アメリカの爆撃機にB-52という機体があり、そこから名づけられたそうです。

基本的に一気に飲むカクテルで、度数が強く破壊力があるということでそのイメージを連想したのかもしれませんね。

 

B-52のレシピ

B-52の材料の画像。

材料

  • カルーア20ml
  • ベイリーズ20ml
  • オレンジキュラソー20ml

お酒の比率は1:1:1で、分量については細かく決まっていませんが、今回は20mlずつでつくります。

オレンジキュラソーは「グランマルニエ」を使用しました。

コアントローでつくる方もいるようですが、厳密にはコアントローはホワイトキュラソーで無色透明なので出来上がりの色が変わります。

コアントローのボトル。
コアントローとは?歴史・原料・おすすめカクテルなど紹介

続きを見る

グランマルニエの画像。
オレンジキュラソーの名品【グランマルニエ】歴史や原料、カクテルレシピなど徹底解説

続きを見る

 

B-52のつくり方

このカクテルは、お酒の比重を利用して3つの層をつくっていきます。材料を注ぐ順番が変わると上手く層がつくれないのでご注意ください。

1.材料を注ぐ。

まず最初にカルーアを20ml、ショットグラスに注ぎます。

カルーアを注ぐ画像。

次にベイリーズを20ml、バースプーンをつたわせながらゆっくり注ぎます。(ボトルから直接注がず、メジャーカップに入れて注ぐと勢いが調整しやすい)

ベイリーズを注ぐ画像。

最後にグランマルニエを20ml、バースプーンをつたわせながら注ぎます。(メジャーカップとバースプーンはベイリーズを注いだ後、一度洗って使う)

グランマルニエを注ぐ画像。

2.完成。

きれいな3層ができました。

完成したカクテル、B-52の画像。

 

上手に層をつくるポイント

ベイリーズとグランマルニエを注ぐ際、バースプーンをつたわせて注ぎますが、人によってスプーンをすくう側と、背をつたわせる方法で2通りあります。

私個人はスプーンをすくう側の方が、勢いを調整しやすいのでその方法でつくっています。

材料を注ぐときはスプーンをグラスの内側につけて注ぐと層ができやすいです。

カルーア。
カルアミルクだけじゃない!美味しいお酒【カルーア】とは?カクテルレシピ10選

続きを見る

 

B-52を飲んだ感想

コーヒーとクリーム、オレンジのお酒が合わさり、甘くて飲みやすい味わいです。

テキーラのショットは苦手な方も多いと思いますが、このカクテルだったら何杯でも飲めそうな気がします。(個人的には少し甘すぎる)

飲んだ後の余韻が心地よく、コーヒー風味とグランマルニエのオレンジ風味が鼻の奥から香ってきます。

アルコール度数:約25度

 

B-52飲み比べ

B-52のフロートとシェイクしたカクテルの画像。

B-52をシェイクでもつくってみました。

シェイクの方は、味に一体感がでて甘めの美味しいカクテルに仕上がりました。

オレンジの風味はしっかりとあり、カルーアとベイリーズの甘みとコクが感じられます。

氷が溶けてアルコール度数が少し下がるのと、味がまとまるので全然違う味わいです。

個人的にはシェイクをしてつくっても、まだ甘すぎるかなという印象です。

 

ベイリーズリキュールのボトル
クリーム系の大人気リキュール【ベイリーズ】原料やカクテルレシピなど徹底解説

続きを見る

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する元バーテンダー。 いまは家でお酒を飲みつつ、バーをめぐりながらお酒を楽しんでいます。 福岡を中心に活動中で、カクテルやバーに興味を持ってもらう入り口になれればと思って運営しています。 ジンやカクテル、洋酒、バーについて、初心者でもわかるように解説!をモットーに投稿していきます。

-リキュールベース
-, ,

Translate »