パルフェタムール解説

ロマンチックな愛のリキュール!パルフェタムールとは?歴史・銘柄・カクテルレシピを紹介

パルフェタムールのリキュールは、スミレからつくられるお酒で、紫色の妖艶な色が特徴です。

公式のカクテルブックに掲載されているカクテルレシピは少ないですが、色彩の妖艶さ、香味の甘やかさから人気のあるリキュールの一つとなっています。

このリキュールはどんなお酒なのか?

歴史やどんな銘柄があるのか・パルフェタムールでつくれるカクテルレシピなど、詳しく紹介します。

パルフェタムールとは

スミレ

紫色の妖艶な色彩、香味の甘やかさで人気なのが、パルフェタムールのリキュール。

バイオレットリキュールともいいます。

パルフェタムールとは「完全なる愛」という意味で、なんともロマンチックな名前のお酒です。

パルフェタムールこだわりの製法

パルフェタムールは、スミレの花の色と香りを移しとった酒と説明されることが多いですが、スミレの花は紫だけでなく、白色など多種あります。

日本のスミレ自体50種類以上あり、世界中でみると、約300種類にも及ぶそうです。

リキュールに使用されるのは、西洋産の無茎種で、園芸用に使用されているニオイスミレ(スイートバイオレット)。

その花弁抽出液に、

  • オレンジやレモンなどの柑橘果皮
  • コリアンダー
  • ビター・アーモンド
  • バニラ
  • クローヴ
  • シナモン

などを配合し、中性スピリッツ・水・シロップ・着色料を添加して、製品化されます。

パルフェタムールの味わい

パルフェタムールのリキュール自体、色々な会社が製造して製品化しています。

ボルスやサントリー、マリーブリザール社などそれぞれ特徴が異なります。

基本となるのは「すみれの花の香り」と「柑橘」や「バニラ」などの甘い香味が主体となっています。

パルフェタムールの起源

フランス

起源はフランスのロネーヌ地方で、1760年、ソルミニ(Solmini)という酒商人がニオイスミレの香りを溶かしこんだ酒をつくり、パルフェタムールと名づけて媚薬効果をPRしながら売り広めました。

当初、紫・赤・黄とさまざまだったらしいが、結局セクシーな紫色のパルフェタムールだけが残るようになったそうです。

パルフェタムールの派生

19世紀に入ると、知的階級の間では媚薬オーラを振りまく酒名が嫌われるようになり、ニオイスミレの色と香りを強調した「クレーム・ド・ヴァイオレット」が生まれました。

1890年代には、アメリカのフィラデルフィアのジャカン社が、イタリアのパルマ産のニオイスミレを使い、紫色の「クレーム・イヴェット」というリキュールを発売しました。

(イヴェットは、ロートレックの絵のモデルにもなったパリのキャバレー女優イヴェット・ジルベールの名をつけたもの。)

たちまちアメリカ女性の人気酒になりました。

これを使って生まれた人気のカクテルがブルームーンです。

参考文献:リキュールブック

¥4,000 (2024/04/10 12:24時点 | 楽天市場調べ)

パルフェタムールの銘柄

パルフェタムールを販売している銘柄をまとめました。

メラーナ

ドイツが原産国で、色・香り・味を徹底的に追求したプレミアムヴァイオレットリキュールです。

すみれの紫色が濃厚で、他の銘柄よりも色がはっきりとしてきれいなカクテルに仕上がります。

高品質で、上品なカクテルをつくりたい方におすすめ。

ボルス

オランダが原産国のリキュールで有名なボルス。

すみれ・バニラ・アーモンド・オレンジなどの香味が感じられます。

他の銘柄よりも甘みが強めなのが特徴で、安価ながら品質はいいので多くのバーでも使用されています。

リーズナブルな価格帯で、甘みがあるカクテルをつくりたい方におススメです。

マリーブリザール

フランスが原産国で、すみれのほか、スペイン産の甘いオレンジの果皮に、オレンジの花・バニラエッセンスなどを配合して仕上げています。

Marie Brizard(マリーブリザール)
¥2,991 (2024/04/11 19:12時点 | Amazon調べ)

パルフェタムールの飲み方

カクテル

パルフェタムールは甘みがある銘柄多く、ストレートやロックで飲むよりもカクテルにして飲むのがおススメです。

パルフェタムールにおすすめの割材

おすすめの割材

  • 炭酸水
  • トニックウォーター

スミレの香りが開き、華やかさをよく感じられます。

甘みが強いお酒なので、レモンやライムをしぼって飲むと味が引きしまり、よりさっぱりと飲めると思います。

パルフェタムールのカクテルレシピ

公式のカクテルブックに掲載されているレシピはあまり多くありません。

その中でも、バイオレットフィズ・ブルームーンは有名で、特においしいのでおすすめです。

それ以外のレシピも多数あるので紹介します。

バイオレットフィズ

完成したバイオレットフィズの画像。
カクテル名バイオレットフィズ
カクテルタイプショートカクテル
技法シェイク・ビルド
テイスト中甘口
アルコール度数約5度
材料パルフェタムール45ml
レモンジュース:15ml
シュガーシロップ:1tsp
炭酸水:適量
カクテル言葉私を覚えていて

あざやかな紫色で、味も甘くてさっぱり、すみれの華やかな香りもするので特に女性に人気のカクテル。

ジンを加えるレシピもあり、ジンが好き・アルコール度数が強い方がいいという方には、ジンを15mlほど加えてもいいと思います。

30年ほど前に日本で流行したカクテルで、懐かしいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ブルームーン

完成したブルームーンの画像。
カクテル名ブルームーン
カクテルタイプショートカクテル
技法シェイク
テイスト中甘口
紫色
アルコール度数約30度
材料ジン:30ml
パルフェタムール:15ml
レモンジュース:15ml
カクテル言葉完全なる愛・叶わぬ恋・お断り

パルフェタムールというスミレのリキュールが入っており、香りが華やかで甘みもあるカクテルです。ジンが入っており度数は強めですが、おいしいカクテルです。ジンを使わないレシピもあります。

>>ブルームーンについてもっと詳しく

オーキッドとは

オーキッドの画像。
オーキッドの画像
カクテル名オーキッド
カクテルタイプショートカクテル
技法シェイク
テイスト辛口
紫色
アルコール度数約28.5度
材料ジン:45ml
パルフェタムール:20ml
卵白:1個分

オーキッド=蘭(らん)の花、淡い薄紫色という意味があります。

その名の通り、淡い薄紫色のきれいな色合いのカクテル。

>>オーキッドについてもっと詳しく

パッセンジャーリスト

カクテル名パッセンジャーリスト
カクテルタイプショートカクテル
技法シェイク
テイスト辛口
黒がかった紫色
アルコール度数約35.8度
材料ブランデー:15ml
ジン:15ml

パルフェタムール:15ml
シャルトリューズ ジョーヌ:15ml
ペルノ
:1dash

ヴァイオレットとシャルトリューズの2種類の個性的な香りをもつリキュールが合わさったカクテルです。

ダブルパーフェクト

カクテル名ダブルパーフェクト
カクテルタイプロングカクテル
技法ビルド
テイスト中甘口
赤系
アルコール度数約15.6度
材料パルフェタムール:15ml
ホワイトキュラソー:15ml

シャンパン:適量

アサヒの公式ホームページのレシピです。

フライングダッチマン

カクテル名フライングダッチマン
カクテルタイプショートカクテル
技法シェイク
テイスト辛口
薄紫
アルコール度数約26.3度
材料ジン:25ml
パルフェタムール:5ml
マラスキーノ:15ml

レモンジュース:15ml

アサヒの公式ホームページのレシピです。

アズール

カクテル名アズール
カクテルタイプショートカクテル
技法シェイク
テイスト中甘口
青紫
アルコール度数約333度
材料ウォッカ:40ml
パルフェタムール:20ml
レモンジュース:1tsp

ブルーキュラソー:1tsp

アズールはフランス語で「青」という意味で、色が鮮やかなカクテルです。

ウォッカを使用するので、パルフェタムールの香味が前面に出ます。

マリーアムール

カクテル名マリアムール
カクテルタイプロングカクテル
技法ビルド
テイスト中甘口
アルコール度数約11.5度
材料パルフェタムール:30ml
白ワイン:60ml
トニックウォーター:30ml

オレンジピールorオレンジスライス

マリーブリザールの公式サイトで紹介されていました。

最後に

「パルフェタムールはどんなお酒か?銘柄ごとの特徴は?カクテルレシピは?」について解説しました。

パルフェタムールは甘く花系の香りが好きなかたにおすすめのリキュールです。

スミレのリキュールは銘柄ごとに香味が全く違うので、自分好みのものを見つけるといいと思います。

個人的には少し高めですが、ちゃんと紫色がでるカクテルをつくりたいという方や、すみれの香りを楽しみたい方はメラーナのパルフェタムール。

リーズナブルでおいしく飲みたいなら、すみれの香りは控えめですが甘みほどよいボルスのパルフェタムールをおすすめします。

-お酒

Translate »