ブルーハワイの画像。

ブルーハワイ|大人気トロピカルカクテル!|由来・カクテル言葉・レシピ・飲んだ感想を紹介

今回は、ブルーハワイというカクテルを紹介します。

どんなカクテルなのか、由来やカクテルレシピ、飲んだ感想などを詳しく解説します。

ブルーハワイとは

ブルーハワイの画像。
ブルーハワイの画像
カクテル名ブルーハワイ
カクテルタイプロングカクテル
技法シェイク
テイスト甘口
青色
アルコール度数約12.5度
材料ホワイトラム:30ml
ブルーキュラソー:15ml
パイナップルジュース:30ml
レモンジュース:15ml
カクテル言葉連想

由来

1957年にハワイで考案されたカクテルです。

ハワイにあるヒルトン・ハワイアン・ヴィレッジのタパ・バーの「ハリー・イー」というバーテンダーが、ボルスのブルーキュラソーを使ったカクテル制作を依頼され、そこで考案されたのがブルーハワイ。

日本では1980年代に流行したといわれています。

カクテル言葉:連想

ブルーハワイのカクテル言葉は「連想」。

このカクテルを飲みながら考え事をすると、何かいいアイディアが生まれるかも。

ブルーハワイのレシピ

ブルーハワイの材料の画像。
ブルーハワイの材料の画像

材料

  • ホワイトラム:30ml
  • ブルーキュラソー:15ml
  • パイナップルジュース:30ml
  • レモンジュース:15ml

手順

  • すべての材料をシェイカーに注ぎ、氷を入れてシェイク。
  • クラッシュアイスを入れたグラスに注ぐ。
  • お好みで、パイナップルやレモンなどを飾って完成。

ブルーハワイをレビュー

飲んだ感想

まさに南国のトロピカルカクテルという感じで、ラムとパインの甘さがしっかりあるフルーティーなカクテルです。

レモンの酸味が味を引き締めてくれています。

見た目も南国風で、海辺で飲みたいカクテルですね。

アルコール度数:約12.5度

ブルーハワイのアルコール度数は約12.5度。

クラッシュアイスが入っているのでアルコール感はやわらぎ、とても飲みやすいです。

今回使用した銘柄

フロールデカーニャ

ニカラグア産のラムで、カクテルにぴったりです。

サントリー THE BLUE

今回使用したブルーキュラソーは今はほとんど出回ってません。

ブルーキュラソーを探している方は、「ボルス」のリキュールを買っておけば間違いないです。

¥1,873 (2024/06/10 08:18時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

今回使用したグラス

東洋佐々木 ビールグラス

東洋佐々木のビールグラスを使用しました。ほどよい容量のリーズナブルなグラスです。

関連記事

もっとその他のカクテルを知りたい方はこちらの記事でベースごとに紹介しています。

ジンベースのカクテルのイメージ画像。
カクテルレシピ一覧|ジンベースのカクテルを五十音順で一挙紹介!

続きを見る

ウォッカベースのカクテルのイメージ画像。。
カクテルレシピ一覧|ウォッカベースのカクテルを五十音順で一挙紹介!

続きを見る

グラスに入ったラムカクテルのイメージ画像。
カクテルレシピ一覧|ラムベースのカクテルを五十音順で一挙紹介!

続きを見る

グラスに入っテキーラカクテルのイメージ画像。
カクテルレシピ一覧|テキーラベースのカクテルを五十音順で一挙紹介!

続きを見る

グラスに入ったウィスキーカクテルのイメージ画像。
カクテルレシピ一覧|ウィスキーベースのカクテルを五十音順で一挙紹介!

続きを見る

ブランデーベースのカクテルの画像。
カクテルレシピ一覧|ブランデーベースのカクテルを五十音順で一挙紹介!

続きを見る

-ラムベース
-, , ,

Translate »