ジンベースのカクテル、ギムレット。

カクテル【ギムレット】

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

人気ショートカクテルのひとつ。

レイモンドチャンドラーの『長いお別れ』という小説でもお馴染み。

この小説の登場人物が言う「ギムレットにはまだ早すぎる」というセリフは知ってる方も多い。

起源説

Gimletは「錐」という意味を持ちます。

●ギムレットは、するどい強さが感じられるため、この名がつけられたという説。

●ライムジュースの栓を抜くのに錐を使ったからという説

●英国海軍のギムレット卿という人物にちなんだ説。

色々な説が飛び交い、どれがホントかは謎です。

レシピ

  • ジン50ml
  • ライムジュース12ml
  • シロップ5ml

or

  • ジン 
  • ライムコーディアル(ライムシロップ)

 

手順

1、グラスは冷凍庫に入れ、材料を準備。

  • グラス
  • ジン
  • ライムジュース
  • シンプルシロップ

 

2、シェイカーに材料を注ぐ

ライムをスクイザーで搾り、注ぎます。

次に、ジン(ゴードン)を注ぎます。

最後に、シンプルシロップ(カリブ)を注ぎます。

4、シェイク。

全ての材料を入れて、味見をしてよければ、氷を加えてシェイクします。

5、注ぐ。

シェイカーのふたを開け、勢いよく注ぎます。

 

 

6、完成。

ギムレットの完成です。

味わい

さっぱりとした、アルコール度数強めなカクテルが好きな方におススメです。

シロップを入れずにライムジュースだけでつくる方や、

ライムコーディアルといって、甘いライム風味のシロップでつくる方など、お店によって様々です。

今回は、ジンとフレッシュのライムジュース、シンプルシロップでつくりました。

ジンはゴードンを使用したので、ジン感が少し強めでした。ジンをビーフィーターやタンカレーにすると、また違う味わいだと思います。ライムとシロップはちょうどよく、酸味と甘みが絶妙にマッチして美味しかったです。

 

今回使用した材料は、下記にリンク貼っておきます。

 

スポンサーリンクディスプレイ2

スポンサーリンクディスプレイ1

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する「現役バーテンダー」と、お酒をただ飲むこと、食を楽しむことが大好きなアラサーが運営してます。 趣味カクテル、特技カクテル。 カクテルを中心に、ウィスキーなど洋酒が大好きです。

-カクテル
-,

Translate »

Copyright© Liquor Freak , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.