完成したジンカクテル、ギムレットの画像。

ギムレット~さっぱりとしたジンの定番ショートカクテル~

人気ショートカクテルのひとつで、レイモンドチャンドラーの『長いお別れ』という小説でも有名なカクテルです。

この小説の登場人物が言う「ギムレットにはまだ早すぎる」というセリフでお馴染み。

バーでもよく注文されるカクテルで、ジンとライムと砂糖の3種類のシンプルな材料なだけに、バーテンダーの技量が問われるカクテルでもあります。

 

ギムレットの由来

過去のイメージ画像。

Gimletは「錐」という意味で、由来は諸説あります。

●ギムレットはするどい強さが感じられるため、この名がつけられたという説。

●ライムジュースの栓を抜くのに錐を使ったからという説

●英国海軍のギムレット卿という人物にちなんだ説。

色々な説が飛び交い、どれがホントかはわかっていません。

 

ギムレットのレシピ

ギムレットの材料の画像。

材料

  • ジン50ml
  • ライムジュース12ml
  • シュガーシロップ3~5ml

分量は人それぞれで、どんな味のギムレットにしたいかによって変わります。

シュガーシロップではなく、粉砂糖やライムコーディアル(ライムシロップ)を使う方や、シロップは一切使用しない方など様々なので、自分の好みの材料・分量でつくってみるといいと思います。

今回は私の好みのレシピでつくります。

 

ギムレットのつくり方

1.材料を注ぐ。

シェイカーにジンを50ml注ぎます。

ジンを注ぐ画像。

ライムジュースを12ml程度注ぎます。

ライムジュースを注ぐ画像。

シュガーシロップを3~5ml注ぎます。(味見をして、ライムの酸味の状態によってシロップを少なくしたり多めにいれたりします)

シュガーシロップを加える画像。

2.シェイク。

シェイカーに氷を入れてハードシェイクし、カクテルグラスに注ぎます。(最後にシェイクした後の小さめの氷をグラスに入れる方もいます。)

ギムレットを注ぐ画像。

3.完成。

ギムレットの完成です。

完成したジンカクテル、ギムレットの画像。

 

ギムレットを飲んだ感想

ジンのキリっとした飲み口と、ライムの酸味・シロップの甘みがちょうどよく美味しく仕上がりました。

ギムレットはジンの銘柄や材料の分量によって味が変わりますが、シェイクの仕方やグラスの形状によっても仕上がりが異なる繊細なカクテルです。

ギムレットは、バーテンダーの多くが一度は極めようと練習に練習を重ねるカクテルでもあるので、色々なバーで飲み比べると楽しいと思います。

アルコール度数:約32度

 

関連記事

ジンの飲み方の画像。
ジンの飲み方13種類を解説!ジンってどんなお酒?おすすめのジン5選も紹介

続きを見る

グラスに入ったジンのカクテル。
元バーテンダーが教える!本当に美味しいジンベースのカクテル13選

続きを見る

完成したカクテル、ジンリッキーの画像。
ジンリッキー~爽やか辛口の定番ロングカクテル~

続きを見る

 

使用した銘柄

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

-ジンベース
-, ,

Translate »