完成したウィスキーカクテル、マンハッタンの画像。

マンハッタン~カクテルの女王!甘いウィスキーのカクテル~

ウィスキーを使ったカクテル、マンハッタン。

カクテルの女王とも呼ばれるこのカクテルは、世界中で人気です。

 

マンハッタンとは

パーティーのイメージ画像。

由来

ウィンストンチャーチルの母が、ニューヨークのマンハッタン・クラブでパーティーを開いたときに考案されたという説が有名です。

 

カクテル言葉:切ない恋心

カクテルの女王と呼ばれるマンハッタンとしては、しおらしいカクテル言葉ですね。

女性の片思いの心情を表したような言葉で、ロマンティックな意味がこめられています。

 

マンハッタンのレシピ

マンハッタンの材料の画像。

レシピ自体は色々ありますが、ベースにはライウィスキーかバーボンウィスキーを使用します。

材料

  • ウィスキー40ml (ライ・ウィスキーまたはバーボン)
  • スイートベルモット20ml
  • アンゴスチュラビターズ1dash
  • マラスキーノチェリー1個

 

マンハッタンのつくり方

氷を入れたミキシンググラスに順番に材料を注ぐつくり方が一般的ですが、あらかじめ材料を混ぜておいたほうが一体感が生まれやすく、つくりやすいので今回はプレミックスをしておきます。

1.プレミックス

スニフターグラスのような、底が丸みを帯びたグラスに材料をすべて注ぎます。

メーカーズマークを注ぐ画像。

スワリングします。(グラスを回す)【材料を混ぜる+空気に触れて香りを開かせる

スワリングする画像。

2.材料を注ぐ。

プレミックスしておいた材料を、氷を入れたミキシンググラスに注ぎます。

プレミックスを注ぐ画像。

3.ステア。

バースプーンで、ゆっくり氷と材料を回して冷やします。

ステアする画像。

4.注ぐ。

ミキシンググラスにストレイナーをはめ、カクテルグラスに注ぎます。

マンハッタンを注ぐ画像。

5.完成。

仕上げに、マラスキーノチェリーがある場合は飾ります。

香りをつけたいときは、レモンピールやオレンジピールを振ることもあるのでお好みでどうぞ。

完成したウィスキーカクテル、マンハッタンの画像。

 

マンハッタンを飲んだ感想

バーボンの甘さとベルモットの甘くほろ苦い味わいが合わさり、甘くて少し苦みもある美味しいカクテルに仕上がりました。

ウィスキーが入っているのでアルコール度数は強めですが、上品な甘い味わいで飲みやすくなっています。

甘めのカクテルが好きな方やアルコール度数が高いカクテルが好きな方におすすめです。

ウィスキーとスイートベルモットの銘柄によって味が全く別のものになります。

今回は、メイカーズマークとドラン・ルージュを使用しました。

メイカーズは元々甘いウィスキー、ドランは甘味が控えめで上品なベルモットなので、上手く調和したと思います。

アルコール度数:33度

スイートベルモットの銘柄3種。
スイートベルモットとはどんなお酒?銘柄の味の違いは?飲んで比較してみた【レビュー】

続きを見る

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する元バーテンダー。 いまは家でお酒を飲みつつ、バーをめぐりながらお酒を楽しんでいます。 福岡を中心に活動中で、カクテルやバーに興味を持ってもらう入り口になれればと思って運営しています。 ジンやカクテル、洋酒、バーについて、初心者でもわかるように解説!をモットーに投稿していきます。

-ウィスキーベース
-, , ,

Translate »