完成したラムカクテル、ボストンクーラーの画像。

ボストンクーラー~ラムとジンジャエールのさっぱり人気カクテル~

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

炭酸入りのさっぱりとした人気カクテルは、ジントニックやジンフィズ、ソルクバーノなどがありますが、今回は人気のロングカクテルのひとつ、ボストンクーラーをつくります。

ボストンクーラーの由来・レシピ・つくり方・飲んだ感想などお伝えします。

 

ボストンクーラーの由来

ラム酒の画像。

ボストンクーラーの名前の正確な由来は不明です。

考えられえている説を2つ紹介します。

  • アイスクリームが関係している説

ボストンクーラーのオリジナルレシピには、アイスクリームが入っていたという話があります。

アイスクリーム発祥の地はミシガン州のデトロイトらしいのですが、ボストン・ブルーバードという名前の大通りがあり、そこにアイスクリーム屋があったからだそうです。

  • ボストンがラムの貿易港だったから説

アメリカ独立戦争の時期、ボストンはラム酒の製造・輸出で栄えていたそうで、そのときに作られたから。

 

クーラーとは?クーラーとフィズの違い

「クーラー」とは、カクテルのスタイル名で、お酒+酸味+甘味+ジンジャエールなどの炭酸飲料が入っているカクテルのことです。

ジンフィズやバイオレットフィズなど、「フィズ」というのもカクテルのスタイルのひとつで、お酒+レモン+砂糖+炭酸水のことです。

明確にこれだからという定義はないらしく、簡単にまとめると「クーラー」の酸味はレモンでなくライムでもいいようですが、「フィズ」はレモン限定のようです。

 

ボストンクーラーのレシピ

ボストンクーラーの材料の画像。

材料

  • ホワイトラム45ml
  • レモンジュース15ml
  • シュガーシロップ5ml
  • ジンジャエール適量

ジンジャエールは辛口と甘口の2種類ありますが、今回は甘口でつくりました。

ジンジャエールではなく炭酸水でつくったり、ジンジャエール+炭酸水でつくる方もいます。

 

ボストンクーラーのつくり方

1.材料を注ぐ。

シェイカーにホワイトラムを45ml注ぎます。

ラムを注ぐ画像。

レモンジュースを15ml注ぎます。

レモンジュースを注ぐ画像。

シュガーシロップ5ml注ぎます。

シュガーシロップを注ぐ画像。

2.シェイク。

氷を入れてシェイクし、グラスに注ぎます。

カクテルを注ぐ画像。

3.ジンジャエールを注ぐ。

なるべく氷に当たらないよう、直接液体に向けてジンジャエールを注ぎます。

ジンジャエールを注ぐ画像。

4.ビルド。

下から氷を持ち上げるようにし、軽く上下に混ぜます。

ビルドする画像。

5.完成。

最後にレモンスライスを飾りました。(レモンの香りがしてより爽やかに仕上がります。)

完成したラムカクテル、ボストンクーラーの画像。

 

ボストンクーラーを飲んだ感想

さっぱり爽やかな味わいで、暑い夏の日にもピッタリのカクテルです。

ラムとジンジャエールだけでも美味しいですが、ラム・レモン・シロップを先にシェイクすることで、味に厚みが出て飲みごたえのある仕上がりになります。

今回は甘口のジンジャエールを使用しているので、さっぱりしていますが甘みもあるロングカクテルになりました。

生姜感が強く、ドライな方が好きな方は、辛口のジンジャエールでつくるといいですよ。

アルコール度数:約10度

 

使用した銘柄

ラム:バカルディ スペリオール

人気No1のラムで、世界中で愛されています。カクテルのベースとしてよく使用される1本です。

スポンサーリンクディスプレイ2

スポンサーリンクディスプレイ1

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する「元バーテンダー」と、お酒をただ飲むこと、食を楽しむことが大好きなアラサーが運営してます。 趣味カクテル、特技カクテル。 カクテルを中心に、ウィスキーなど洋酒が大好きです。

-カクテル
-, , ,

Translate »

Copyright© Liquor Freak , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.