グラスに入ったカクテル、マティーニ

カクテルの王様【マティーニ】

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

世界中で人気のカクテル。

いろんなバーテンダーが、こぞって極めようと努力します。

銘柄、分量、ステアの技術など、少しの違いで味わいが激変するので、

マティーニのレシピは星の数ほど。ともいわれます。

起源説

マティーニの起源は諸説あります。

有力説

  1. 1910年代に、ニューヨークのニッカボッカーというホテルのバーテンダー「マルティーニ」が考案した。
  2. カクテルに使用するベルモットが、イタリアのマルティニ社製だったから。

信じるか信じないかは、あなた次第です。

 

レシピ

マティーニのレシピ自体色々あるのですが、

このレシピは、自分がマティーニを作る時のベースとなるレシピです。

ジンの銘柄が変われば、ベルモットの銘柄も変わり、分量も変わることがあります。

手順

1、グラスと材料を用意。

まず、グラスは冷蔵庫か冷凍庫で冷やしておきます。

ジンは冷凍庫で、ベルモットは冷蔵庫で冷やしておきます。

常温だと、ステアをする際に氷が溶けやすくなり、水っぽくなりやすいため。

2、下準備。

あらかじめ、レモンの皮を薄く切っておきます。

レモンピール用(カクテルを注いだ後、レモンの香りづけをします。)

スタッフドオリーブを一個とり、水で軽く洗い、カクテルピンに刺しておきます。

(カクテルにオリーブの汁が必要以上に入らないよう)

3、氷を洗う。

ミキシンググラスに、キンキンに冷えた氷を5,6個入れます。

氷の上から、冷水を注ぎます。

氷は冷凍庫から出したばかりだと、霜や小さい氷がついています。

表面積が増え、水っぽくなる原因にもなるため、一度水で洗います。

ステアして、グラスを冷やします。

ミキシンググラスにストレイナーを被せ、最後の1滴まで水を切ります。

4、材料を注ぐ。

オレンジビターズを3dash(3滴)注ぎます。

 

冷蔵ドライベルモットを10ml、回しかけます。

冷凍ジンを50ml、回しかけます。

5、ステア。

ここは技術が必要です。

最初は割と早めに、だんだんとゆっくり回していきます。

6、注ぐ。

ステアしたら、ゆっくりとカクテルグラスに注いでいきます。

6、レモンピール。

あらかじめ切っておいたレモンの皮を、このように親指と中指で挟み、あいだに人差し指を入れて持ちます。

グラスの口の下、45度くらいの角度で、レモンの香りをつけます。

7、完成。

マティーニの完成です。

じっくり、味わいましょう。

味わい

ジンが好きで、アルコール度数強めのカクテルが好きな方におススメです。

ジンの銘柄とベルモットの銘柄の組み合わせによって味も全然違ってきます。

今回、ジンはボンベイサファイアと、ベルモットはドランを使用しました。

ボンベイサファイアは華やかな香りで、ジン単体でも飲まれるので、ボンベイの味を邪魔しない、上品な香りのドランを選びました。ステアするとき、最初は少し早めに回し、徐々にゆっくりと時間をかける意識でステアしました。出来栄えは、口当たりはアルコールのとげがなく、スーッとはいってきました。味も香りもボンベイサファイアの華やかさが感じられる、美味しいマティーニができました!!

マティーニは、銘柄の組み合わせ、ステアの仕方しだいで、味が全然違うものになるので、色々試してみるといいと思います。

最後まで完読、ありがとうございました!!

最後に今回使ったお酒のリンクを貼っておきます。

材料

ボンベイサファイアについて詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみて下さい。

ボンベイサファイア【プレミアムジンのパイオニア】

 

スポンサーリンクディスプレイ2

スポンサーリンクディスプレイ1

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する「元バーテンダー」と、お酒をただ飲むこと、食を楽しむことが大好きなアラサーが運営してます。 趣味カクテル、特技カクテル。 カクテルを中心に、ウィスキーなど洋酒が大好きです。

-カクテル
-, ,

Translate »

Copyright© Liquor Freak , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.