炭酸入りのジンバジルスマッシュの画像。

ジンバジルスマッシュ~ジンとバジルの新定番カクテル~

日本ではあまり知られていませんが、世界的に流行したジンベースのカクテルです。

カクテルの素材にミントはよく使用されますが、今回のカクテルはバジルを使用します。

 

ジンバジルスマッシュとは

バジルの葉の画像。

その名の通り、ジンとバジルのスマッシュ(潰す)カクテル。

ドイツのハンブルクのバーで生まれたと言われているこのカクテルが誕生したのは、2007年と最近です。

それから世界中で大人気となり、個人的にも好きなカクテル。

 

ジンバジルスマッシュのレシピ

ジンバジルスマッシュの材料の画像。

材料

  • ジン50ml
  • レモンジュース20ml
  • シュガーシロップ10ml
  • バジル適量(今回は約6枚)

バジルは多ければ多いほど風味が増します。

また、あらかじめバジルの葉をジンに漬け込んでおくと、よりバジルの爽やかな青々とした香りが出て美味しくなります。

 

ジンバジルスマッシュのつくり方

普段はスリーピースシェイカーを使いますが、今回はツーピースシェイカー(ボストンシェイカー)を使います。

1.材料を加える。

シェイカーにバジルをちぎり入れます。

バジルをシェイカーに入れる画像。

ジンを50ml注ぎます。

ジンを注ぐ画像。

レモンジュース20ml注ぎます。

レモンジュースを注ぐ画像。

シュガーシロップ10ml注ぎます。

シュガーシロップを注ぐ画像。

 

2.ペストルで叩く。

バジルの葉をペストルで叩きます。(ペストルで叩いた後にジンを入れた方が、バジルの葉を叩きやすい)

力を入れすぎるとえぐみも出るので軽く叩きましょう。

バジルをペストルで叩く画像。

 

3.シェイク。

シェイカーに氷を入れてシェイクし、濾し器でこしながら氷を入れたロックグラスに注ぎます。

ジンバジルスマッシュをグラスに注ぐ画像。

 

4.完成。

最後に大きめのバジルを1枚飾り、完成です。

完成したカクテル、ジンバジルスマッシュの画像。

 

ジンバジルスマッシュを飲んだ感想

バジルの香りが爽やかなカクテルです。

ジンとレモンの酸味、シロップの甘みがちょうどよく、アルコール度数も強めなので飲みごたえもあり美味しいです。

普段バジルはピザやパスタなどでしか馴染みがないですが、カクテルにしてもかなりイケます。

他のカクテルにも応用できる、面白い素材だと思いました。

アルコール度数:約25度

 

ジンバジルスマッシュをアレンジ

ジンバジルスマッシュは、そのままだとアルコール度数が強く、お酒が弱い方には不向きです。

そこで、炭酸水を注いであげるとアルコール度数が弱まり、よりさっぱりとした味わいに仕上がります。

1.炭酸水を注ぐ。

炭酸水でグラスを満たします。

炭酸水を注ぐ画像。

2.ビルド。

バースプーンで軽く混ぜます。

ビルドする画像。

3.完成。

炭酸入りのジンバジルスマッシュの完成です。

炭酸入りのジンバジルスマッシュの画像。

 

炭酸入りジンバジルスマッシュを飲んだ感想

炭酸が入ることで、よりさっぱりとした味わいになります。

ピザやパスタなどのイタリアン料理と一緒に飲んでもいいですね。

お酒が弱い方でも炭酸水を注いであげれば、飲みやすく美味しく味わえると思うので、機会があれば是非飲んでもらいたい一杯です。

アルコール度数:約11度(炭酸水100ml注いだ場合)

 

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する元バーテンダー。 いまは家でお酒を飲みつつ、バーをめぐりながらお酒を楽しんでいます。 福岡を中心に活動中で、カクテルやバーに興味を持ってもらう入り口になれればと思って運営しています。 ジンやカクテル、洋酒、バーについて、初心者でもわかるように解説!をモットーに投稿していきます。

-ジンベース
-, , ,

Translate »