ブランデーベースのカクテル、サイドカー。

サイドカー~ブランデーの芳醇な香りが美味しいカクテル~

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

ブランデーベースのカクテルはあまりなじみがないかもしれませんが、サイドカーはバーでは特に人気なショートカクテルです。

ホワイトレディのベースのジンをブランデーに代えたもので、お酒と甘み、酸味のバランスが重要で、芳醇な味わいです。今回は、そのサイドカーをつくっていきます。

 

サイドカーの由来

サイドカー。

サイドカーの由来は諸説あり、代表的なものを紹介します。

1.パリのハリーズバーのバーテンダー、ハリー・マッケンホーンがつくった。

彼は最初ホワイトレディを考案し、その後ベースをブランデーに代えてつくったのが「サイドカー」。

常連客の将校がいつもサイドカーに乗って来店してきたことから名づけられたという説。

 

2.第一次世界大戦中、あるフランスの将校がサイドカーに乗りながら、ブランデーとキュラソーをレモンをかじりながら飲んでいた。それは追ってから逃げる恐怖を紛らわせるためだったという説。

 

3.第一次世界大戦中に生まれたこのカクテルは、サイドカーは事故を起こした際、運転手よりもサイドに乗る女性の方が危険だということに由来。

サイドカー=女性キラーというのと、このカクテルの飲みやすさで女性が酔いつぶれることをかけてつけられたという説。

どれが本当か定かではないですが、個人的には「1」が有力ではないかと思います。

 

サイドカーのレシピ

サイドカーの材料。

材料

  • ブランデー30ml
  • コアントロー15ml
  • レモンジュース15ml

(コアントローの代わりにトリプルセックやオレンジキュラソーを使ってもいいです。)

 

サイドカーのつくり方

1.材料を注ぐ。

シェイカーにブランデー30ml注ぐ。

ブランデーを注ぐ。

コアントロー15ml注ぐ。

コアントローを注ぐ。

レモンジュース15ml注ぐ。

レモンジュースを注ぐ。

2.シェイクする。

氷を入れてシェイクし、カクテルグラスに注ぐ。

中身をカクテルグラスに注ぐ。

3.完成。

完成したサイドカー。

 

サイドカーを飲んだ感想

ブランデーの濃厚な味わいとコアントローのオレンジの香り、甘みをレモンの酸味が引き締めて、芳醇なカクテルに仕上がりました。

ブランデーの銘柄によって味わいが変わるのはもちろん、つくり手により仕上がりが全く違ってくるので、奥が深いカクテルです。

レシピがシンプルな分ごまかしがきかず、つくるのが難しいとも言われています。

バーに行ったら是非頼んで欲しい一杯です。

 

スポンサーリンクディスプレイ2

スポンサーリンクディスプレイ1

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する「現役バーテンダー」と、お酒をただ飲むこと、食を楽しむことが大好きなアラサーが運営してます。 趣味カクテル、特技カクテル。 カクテルを中心に、ウィスキーなど洋酒が大好きです。

-カクテル
-, ,

Translate »

Copyright© Liquor Freak , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.