カクテルをつくる男性の画像。

【2021版】世界で最も売れたカクテルランキング1位~10位

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

2021年1月7日に、「The Worlds Best-Selling Classic Cocktails 2021」を、Drinks Inrternationalが発表しました。

世界で一番売れたクラシックカクテルをランキングにして、毎年発表しています。

それが今年も発表されたので、1位から10位までをご紹介します。

 

The Worlds Best-Selling Classic Cocktails 2021

毎年Drinks Internationalが発表しているカクテルランキングで、世界の名だたる100のバーに、人気だったカクテルを聞き集計して発表しています。

どんなカクテルがランクインしているのか、さっそく紹介していきます。

10位 モヒート

完成したラムカクテル、モヒートの画像。キューバの象徴的なカクテルで、日本でも高い人気を誇るカクテルですね。

ミントの爽やかな香りとラムが、暑い日にはぴったり。

レシピ:ラム、ライムジュース、シュガーシロップ、ミント、炭酸水

 

モヒートの他のバリエーション:

マリブモヒート~ミントとココナッツのトロピカルカクテル~

パクチーモヒート~モヒートのミントをパクチーにかえたさっぱりエスニック風カクテル~

 

9位 アペロールスプリッツ

調査したバーのおよそ30%弱で、このカクテルがトップ10にランクインしているそうです。

自宅で昼頃からよく飲まれています。

「アペロール」というカンパリに似たリキュールと、イタリアのスパークリングワイン「プロセッコ」でつくるカクテルです。

レシピ:アペロール、プロセッコ、炭酸水、オレンジ

 

8位 マンハッタン

完成したウィスキーカクテル、マンハッタンの画像。

ウィスキーの定番カクテルで、カクテルの女王とも呼ばれています。

投票ではバーの36%がトップ10にこのカクテルをランクイン。

10%のバーでは、トップ3のクラシックカクテルとして今なお人気があります。

レシピ:ライウィスキーもしくはバーボンウィスキー、スイートベルモット、アンゴスチュラビターズ、マラスキーノチェリー

 

マンハッタンの他のバリエーション:

カンフォートマンハッタン~ほろ苦くて甘い大人なカクテル~

 

7位 ウィスキーサワー

アレンジした卵白入りウィスキーサワーの画像。1862年頃に公開されたカクテルで、アメリカンウィスキーとレモンと甘みでつくられます。

卵白を使用する場合もあり、その場合はクリーミーな口当たりでウィスキーのアルコール感が和らいで飲みやすくなります。

バーの40%でトップ10にランクイン。

レシピ:ウィスキー、レモンジュース、シュガーシロップ、(卵白)

 

6位 エスプレッソマティーニ

完成したフォションエスプレッソマティーニの画像。

代表的なコーヒーカクテルで、コーヒー好きにはたまらない香りと風味。

バーのほぼ40%がトップ10に選び、その中でも5%がナンバー1の一番人気のカクテルとして投票しました。

基本はウォッカとコーヒーでつくりますが、様々なアレンジがなされており、つくるバーテンダーによってレシピは異なります。

レシピ:ウォッカ、コーヒーリキュール、ホワイトカカオ、シュガーシロップ、エスプレッソなど

 

5位 マルガリータ

完成したテキーラカクテル、マルガリータの画像。

世界中で大人気のテキーラカクテルで、46%のバーがトップ10に選びました。

さらに17%がトップ5に選び、人気の高さがうかがえます。

日本でも好きな方は多く、亡き恋人を想ってつくられた、ロマンティックなカクテルです。

レシピ:テキーラ、ホワイトキュラソー、ライムもしくはレモンジュース、塩

 

4位 ドライマティーニ

マティーニを注ぐ画像。

このカクテルは、バーのおよそ半数がトップ10に選び、25%がトップ5に選出しました。

ジンベースで圧倒的な人気のカクテルで、通常のマティーニよりもドライ(辛口)につくるため、アルコール度数も高く大人な一杯です。

色々なバーテンダーが、このカクテルを極めようと日々鍛錬しています。

レシピ:ジン、ドライベルモット、オレンジビターズ、オリーブ

 

3位 ダイキリ

完成したラムカクテル、ダイキリの画像。ラムベースでもっとも人気があったのは、ダイキリです。

材料はシンプルですが、きりっとした飲み口とすっきりした後味が美味しいカクテルです。

日本でもよく飲まれるショートカクテルですね。

レシピ:ラム、ライムジュース、シュガーシロップ

 

2位 ネグローニ

完成したジンカクテル、ネグローニの画像。

第2位は、ジンベースの甘口カクテル「ネグローニ」でした。

世界中でジン人気が白熱し、色々なブランドのジンが開発されており、そのあおりもうけているかもしれません。

世界中で人気の「ジン」、そしてイタリアのリキュール「カンパリ」と「スイートベルモット」が合わさり、甘口ですがほろ苦さもある美味しいカクテルです。

レシピ:ジン、カンパリ、スイートベルモット

 

1位 オールドファッションド

オールドファッションドのイメージ画像。

栄えある第一位は、「オールドファッションド」でした。

ウィスキーベースのカクテルで、7年間ずっと1位の座をキープしています。

日本ではあまり知られてないですが、世界中の人々は愛してやまないカクテル。

個人的にも大好きなカクテルの一つです。

バーテンダーによって選ぶ銘柄やつくり方が違うので、このカクテルを飲み比べる通な人もいます。

レシピ:ウィスキー、砂糖、アロマティックビターズ、(オレンジやレモンなど)

 

まとめ

カクテルをつくる男性の画像。

2021年度版の世界で人気があったカクテルランキングを1位から10位まで紹介しました。

高順位のカクテルをみると、ほとんどアルコール度数が強いですね。

海外の方は日本人と比べるとお酒が強く、そのような味わいが好まれるようです。

2020年度版のカクテルランキングと比較すると、顔触れはほとんど変わっておらず、順位が多少前後している程度。

本当に愛されるカクテルは、昔からずっと根強い人気を誇っています。

機会があれば飲んでみて下さい!

【2020年版】世界で最も売れたカクテルランキング1位~10位はこちら

 

 

スポンサーリンクディスプレイ2

スポンサーリンクディスプレイ1

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する「元バーテンダー」と、お酒をただ飲むこと、食を楽しむことが大好きなアラサーが運営してます。 趣味カクテル、特技カクテル。 カクテルを中心に、ウィスキーなど洋酒が大好きです。

-カクテル

Translate »

Copyright© Liquor Freak , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.