アマレット解説

まるで杏仁豆腐のようなお酒【ディサローノ・アマレット】徹底解説

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

イタリアのリキュールと言えばカンパリがあるが、カンパリと同じくらい代表的なリキュールが、アマレットです。

杏仁豆腐のような味のお酒ということで、特に女性の方が好んで頼みます。

 

アマレットとは

杏仁豆腐やアーモンドのような、幻想的な甘い香りをもつイタリア特産のリキュールです。

アーモンドが主原料というわけではなく、杏子の核が芳香成分となっています。

 

アマレットの造り方

島

シチリア島産のアンズの核を、アドリア海沿岸のぺスカラ町で蒸留し、ビターアーモンドフレーバーの原液をサローノ町に輸送。

そして、ブドウから高濃度に蒸留したスピリッツに配合し、バニラビーンズなど17種類のハーブやフルーツから抽出した液をブレンドし、シロップを加えて熟成してから製品となります。

 

アマレットの味わい

アーモンド

アーモンドやバニラのような豊かな香りと上品な甘さがあります。

フルーティーで、杏仁豆腐のような味という認識が広く浸透しています。

度数は28℃とかなり高めですが、飲みやすいためロックでも全然いけます。

 

起源ーアマレットは恋のお酒!?

1525年、イタリアのミラノの北にあるサローノ町のサンタ・マリア・デッレ・グラティエ聖堂で、ある画家が絵を描いていました。

彼は、町の宿屋に泊まって聖堂に通っていましたが、その宿屋は若くて美しい女主人が経営していました。

画家はその美しさに惹かれ、彼女をモデルにした聖母マリアの顔や、肖像画を描いてプレゼントしました。

女主人は、そのお返しとして甘い香りのリキュールをつくり、画家に贈ります

画家は彼女のその優しさに心を打たれ、やがてこのお酒は2人の恋の印として知られるようになりました。

そのときのリキュールを19世紀になって復元したのが、アマレットの始まりだと言われています。

 

名前の由来ーミラノのお菓子

1807年に、サローノ町で食料品店を営む、カルロ・ドミニコ・レイナが復元しました。

当時、アマレッティというケーキがあり、復元したリキュールがそのケーキの香りに似ていたため、

アマレット・ディ・サローノ(サローノ町のアマレット)と名付けられたそうです。

これが好評で、他社がアマレットと名乗る類似品を発売するようになり、混同されるのを避けるため、1992年からディサローノ・アマレットと名称を変えています。

もっと詳しく(サントリー公式HP)→

 

アマレットの飲み方

アマレットカクテル

アマレットはロックなどそのまま飲んでも美味しいですが、色々な割り方・カクテルがあります。

より深く楽しみましょう。

アマレットと相性のいい割材

  • ジンジャエール
  • オレンジ
  • コーラ
  • ウーロン
  • ミルク
  • ソーダ
  • 白ワイン
  • シャンパン

 

アマレットカクテル

割材で割るだけの簡単な飲み方以外にも、本格的なカクテルとしてもアマレットは重宝します。

アマレットカクテル①ゴッドファーザー

ウィスキーカクテル、ゴッドファーザーの画像。

材料

  • ウィスキー45ml
  • アマレット15ml

作り方

氷を入れたロックグラスに材料を注ぎ、ステア。

1972年公開の映画『ゴッドファーザー』が公開された後に生まれました。

アマレットの甘さと、濃厚なウィスキーが合わさり、味わい深いカクテルです。

度数はかなり高いですが、甘いカクテル好きにはたまりません。

 

アマレットカクテル②ゴッドマザー

完成したウォッカカクテル、ゴッドマザーの画像。

材料

  • ウォッカ45ml
  • アマレット15ml

作り方

氷を入れたロックグラスに材料を注いでステア。

ゴッドファーザーのベースをウォッカに代えたカクテルです。

ウォッカはあまりクセがないため、味わいはアマレットの度数を強くし、甘みを少し抑えたという感じです。

「アマレットだけでは甘すぎる、度数が低くて物足りない」という方におススメです。

 

アマレットカクテル③フレンチコネクション

材料

  • ブランデー45ml
  • アマレット15ml

作り方

氷を入れたロックグラスに材料を注いでステア。

1971年公開の映画『フレンチコネクション』に由来します。

上記2つのカクテルのベースを、ブランデーに代えたものです。

ブランデーは甘味があり、アマレットも甘いので、デザートのような濃厚な甘さのカクテルです。

甘くて飲みやすいので、飲みすぎに注意を。

ナイトキャップにおススメです。

 

アマレットカクテル④ボッチボール

完成したアマレットカクテル、ボッチボールの画像。

材料

  • アマレット30ml
  • オレンジジュース30ml
  • 炭酸 適量

作り方

  1. 氷が入ったロングタンブラーに、アマレットとオレンジジュースを入れてステア。
  2. 炭酸を注いでビルド。

ボッチとは、イタリア発祥の芝生の上でするボーリングのような球技のことで、それが名前の由来です。

アマレットのロングカクテルとして比較的よく知られています。

飲みやすく、杏仁風味の甘くてさっぱりした味わいです。

炭酸系の甘めカクテルで、女性におススメです。

 

アマレットカクテル⑤ローザロッサ

材料

  • 赤ワイン60ml
  • アマレット30ml
  • ジンジャエール 適量

作り方

  1. 氷を入れたロングタンブラーもしくはワイングラスに、赤ワインとアマレットを注ぎステア。
  2. ジンジャエールを注いでビルド。

イタリア語で赤いバラという意味。

甘めのロングカクテルで、キティにアマレットが入ったカクテル。

杏仁の風味が加わり、キティよりも奥行きのあるフルーティーな味わいで、女性におススメです。

ジンジャエールだと甘すぎるという方は、炭酸に代えるとさっぱりとした味わいに変化します。

 

アマレットカクテル⑥ディサリータ

材料

  • テキーラ40ml
  • アマレット20ml
  • ライムジュース20ml

作り方

材料をシェイクして、カクテルグラスに注ぎます。

テキーラの独特な風味とアマレットの甘味、ライムの酸味が合わさったカクテルです。

マルガリータのアマレット風味というイメージです。

ワンランク上の大人なアマレットカクテルです。

 

最後に

「アマレットとは?どんな飲み方があるのか」

など紹介していきました。

いかがでしたでしょうか?

 

杏子の核から造られているリキュールとあって、柑橘系の素材との相性はばっちりです。

ウィスキーやブランデーなど、ストレートやロックで飲むような重厚なお酒を、より飲みやすく、味わい深くしてくれます。

アマレットは、誰でも簡単に美味しいカクテルをつくるにはもってこいのリキュールとなります。

家で本格的なカクテルをつくるお供にピッタリです。

 

スポンサーリンクディスプレイ2

スポンサーリンクディスプレイ1

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する「元バーテンダー」と、お酒をただ飲むこと、食を楽しむことが大好きなアラサーが運営してます。 趣味カクテル、特技カクテル。 カクテルを中心に、ウィスキーなど洋酒が大好きです。

-リキュール
-,

Translate »

Copyright© Liquor Freak , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.