完成したブランデーカクテル、アレキサンダーの画像。

アレキサンダー~ブランデーベースの上品な大人のデザートカクテル~

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

今回は、アレキサンダーというカクテルをつくります。

ブランデーカクテルの代表的な一杯で、生クリームが入っているのでクリーミーでデザートのよう。

どんなカクテルなのか、由来・レシピ・つくり方・飲んだ感想をお伝えします。

 

アレキサンダーとは

デザートのイメージ画像。

ブランデーベースのデザートのようなカクテルで、アレクサンダーやアレクサンドラと言われることもあります。

酒とバラの日々 [DVD]で登場し、このカクテルの飲みやすさに惑わされ、アルコール依存症になる人妻が描かれています。

由来

いくつか説がありますが、一般的なのは1863年のイギリス皇太子エドワード(エドワード7世)とデンマークのアレクサンドラ王女の結婚式に誕生したと言われています。

しかしこの説は、当時アレキサンダーの材料であるカカオリキュールと生クリームをカクテルに使用することはなかったため、違うのではないかという声が。

別の説があり、1901年のエドワード7世の戴冠式(たいかんしき)に献上された説。1902年のアレクサンドラ王妃の戴冠式に献上されたという話もあります。

 

アレキサンダーのレシピ

アレキサンダーの材料の画像。

材料

  • ブランデー30ml
  • カカオブラウンリキュール15ml
  • 生クリーム15ml
  • お好みでナツメグ少々

分量は、スタンダードレシピの通りにつくりました。

ナツメグは元々、生クリームがまだ一般的に飲まれていなかった時代、匂いが気になる人もいたので香りづけとして使用されていました。

ナツメグが苦手な方もいると思うので、お好みで加えます。

 

アレキサンダーのつくり方

1.材料を注ぐ。

シェイカーにブランデーを30ml注ぎます。

ブランデーを注ぐ画像。

カカオブラウンリキュールを15ml注ぎます。

カカオブラウンリキュールを注ぐ画像。

生クリームを15ml注ぎます。

生クリームを注ぐ画像。

 

2.シェイク。

シェイカーに氷を入れてシェイクし、カクテルグラスに注ぎます。

カクテルをグラスに注ぐ画像。

 

3.完成。

仕上げにナツメグを少々ふりかけて、アレキサンダーの完成です。

完成したブランデーカクテル、アレキサンダーの画像。

 

アレキサンダーを飲んだ感想

口当たりはなめらかで甘ったるくなく、上品な甘さのカクテルです。

ブランデーが入っているので度数は強めですが飲みやすく、食後のデザートの代わりにこのカクテルを飲むのもいいですね。

個人的にはもう少し甘い方が好きなので、シュガーシロップやチョコレートのリキュールを加えて飲むのもおすすめです。

アルコール度数:約26度

 

関連記事

ブランデーベースのカクテルの画像。
元バーテンダーが教える!本当に美味しいブランデーベースのカクテル16選

続きを見る

完成したジンカクテル、アレキサンダーズシスターの画像。
アレキサンダーズシスター~ジンとミントの甘いデザートカクテル~

続きを見る

完成したカクテル、グラスホッパーの画像。
グラスホッパー~ミントとカカオのデザートカクテル~

続きを見る

完成したウォッカカクテル、マッドスライドの画像。
マッドスライド~上品な甘さのクリーミーカクテル~

続きを見る

完成したジンカクテル、プリンセスメアリーの画像。
プリンセスメアリー~真っ白で甘いショートカクテル~

続きを見る

スポンサーリンクディスプレイ2

スポンサーリンクディスプレイ1

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する「元バーテンダー」と、お酒をただ飲むこと、食を楽しむことが大好きなアラサーが運営してます。 趣味カクテル、特技カクテル。 カクテルを中心に、ウィスキーなど洋酒が大好きです。

-ブランデーベース
-, ,

Translate »

Copyright© Liquor Freak , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.