完成したカクテル、ジンバックの画像。

ジンバック~ジンとジンジャエールの爽やかロングカクテル~

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

今回は、ジンベースのカクテル、ジンバックをつくります。

どんなカクテルなのか、レシピ・つくり方・飲んだ感想をお伝えします。

 

ジンバックとは

鹿のイメージ画像。

バック(Buck)とは「雄鹿」という意味で、キックのある飲み物だということで名づけられました。

お酒とレモンもしくはライム、ジンジャエールでつくるカクテルのほとんどが、最後に「バック」とつきます。

ジンバックの他にはラムバック、テキーラバックなどと呼ばれますが、ウォッカだけはウォッカバックではなくモスコミュールという名称に変わります。

カクテルの画像。
カクテルスタイル10種を解説!フィズ/コリンズ/クーラー/バックなどの違いや由来

続きを見る

 

ジンバックのレシピ

ジンバックの材料の画像。

材料

  • ジン45ml
  • レモンジュース20ml
  • ジンジャエール適量

レモンジュースではなくライムジュースを入れる場合や、くし切りにしたレモンやライムをしぼり入れるだけの場合もあるのでお好みで量を調整しましょう。

 

ジンバックのつくり方

1.ジンとレモンジュールを注ぐ。

氷を入れたグラスに、ジンを45ml注ぎます。

ジンを注ぐ画像。

しぼったレモンジュースを20ml注ぎます。

レモンジュースを注ぐ画像。

 

2.ステア。

バースプーンで軽くステアし、ジンとレモンを混ぜます。

ステアする画像。

 

3.ジンジャエールを注ぐ。

グラスをジンジャエールで満たします。

ジンジャエールを注ぐ画像。

 

4.ビルド。

バースプーンで軽く混ぜます。

混ぜすぎると炭酸が抜けてしまうので、1,2回氷を持ち上げるように上下するくらいで大丈夫です。

ビルドする画像。

 

5.完成。

仕上げにレモンをしぼり入れ、ジンとレモン、ジンジャエールでつくったカクテル、ジンバックの完成です。

完成したカクテル、ジンバックの画像。

 

ジンバックを飲んだ感想

完成したカクテル、ジンバックの画像。

ジンとレモンの酸味、ジンジャエールの炭酸でさっぱりとした味わいで爽やかなカクテルに仕上がりました。

ジンはゴードンを使用しており、ジン特有の風味はしっかりと感じられます。

お酒が苦手な方はジンの量を減らしてもいいかもしれません。

甘口のジンジャエールを使用しているので、さっぱりとした味わいの中に甘味も感じられますが、辛口がいい方は辛口のジンジャエールを使用するといいです。

アルコール度数:約9度

 

関連記事

ジンの画像。
誰でもわかる!【ジン】ってどんなお酒?歴史・種類・飲み方・銘柄など解説

続きを見る

バーテンダーになりたいと思ったら知っておくべき!カクテル28選

続きを見る

グラスに入ったジンのカクテル。
元バーテンダーが教える!本当に美味しいジンベースのカクテル13選

続きを見る

完成したラムカクテル、ボストンクーラーの画像。
ボストンクーラー~ラムとジンジャエールのさっぱり人気カクテル~

続きを見る

完成したホーセズネックの画像。
ホーセズネック~らせん状のレモンの皮が特徴の人気のブランデーカクテル~

続きを見る

スポンサーリンクディスプレイ2

スポンサーリンクディスプレイ1

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する「元バーテンダー」と、お酒をただ飲むこと、食を楽しむことが大好きなアラサーが運営してます。 趣味カクテル、特技カクテル。 カクテルを中心に、ウィスキーなど洋酒が大好きです。

-Gin Base
-, ,

Translate »

Copyright© Liquor Freak , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.