完成したカクテル、ジンリッキーの画像。

ジンリッキー~爽やか辛口の定番ロングカクテル~

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

今回は、ジンの定番ロングカクテル、ジンリッキーをつくります。

クセがなく、さっぱりとした飲み口で人気が高く、食事にも合います。

ジンリッキーとはどんなカクテルなのか、由来・レシピ・つくり方・飲んだ感想をお伝えします。

 

ジンリッキーとは

ライムが入った飲み物の画像。

由来

ジンリッキーの由来は諸説あります。

1.カーネル・ジム・リッキー説

19世紀末、ワシントンD.Cのレストラン「シューメーカー」で考案されたそうです。

シューメーカーでこのカクテルを最初に飲んだお客の名前が「カーネル・ジム・リッキー(Colonel Jim Rickey)」で、その方にちなんでつけられました。

2.ジョー・リッキー説

米軍将校のジョー・リッキー(Joe Rickey)が好んで飲んでいたことから名づけられました。

一般的に言われているのはこの2つの説ですが、1のカーネル・ジム・リッキーの説が有力かと思われます。

 

リッキーとは

スピリッツ(蒸留酒)とライムもしくはレモンをしぼり、炭酸水で割って飲むスタイルのことを「リッキー」と言います。

ジンリッキー以外ではウォッカリッキーがよく飲まれています。

カクテルの画像。
カクテルスタイル10種を解説!フィズ/コリンズ/クーラー/バックなどの違いや由来

カクテルは、大きくわけて2種類に分けられます。 小さめのグラスで短時間で飲むショートカクテルか、大きめのグラスで時間をかけて飲むロングカクテル。 ロングカクテルには、材料(お酒・フルーツ・甘味・炭酸な ...

続きを見る

 

ジンリッキーのレシピ

ジンリッキーの材料の画像。

材料

  • ジン45ml
  • ライム1/2
  • 炭酸水適量

レシピによってはライムを1/4や1/6使用することもありますが、ライム半個を使用するのが一般的です。

今回は標準のレシピ通りにつくっていきます。

 

1.材料を注ぐ。

ライムを半分にカットし、バースプーンの裏側でライムの表面を数回刺します。(※しぼる時に果汁が出やすくなる)

ライムをバースプーンで刺す画像。

ライムを軽くしぼり、そのままグラスの底に落とします。(※強くしぼりすぎると、ライムのえぐみが出て嫌な苦味のあるカクテルになる)

ライムをしぼる画像。

ライムの上に氷を加え、ジンを45ml注ぎます。

ジンを注ぐ画像。

 

2.ステア。

バースプーンでステアして混ぜます。

ステアする画像。

 

3.炭酸水を注ぐ。

氷に当たらないよう、直接液体に向けて炭酸水を注ぎます。

炭酸水を注ぐ画像。

 

4.ビルド。

バースプーンで氷を下から上に持ち上げ、1,2回上下させて混ぜます。

ビルドする画像。

 

5.完成。

ジンとライム、炭酸水のカクテル、ジンリッキーの完成です。

完成したカクテル、ジンリッキーの画像。

 

ジンリッキーを飲んだ感想

炭酸がシュワシュワと爽やかで、さっぱりとのどごしも最高のカクテルです。

甘味は入っていないので辛口ですが、あまりクセがないため食前酒として飲むのもいいですし、食事の際にも合います。

ライムの酸味が味を引き締めており、唐揚げなどの脂っこい食事でも口をリセットしてくれます。

個人的にも好きなカクテルで、のどが渇いているときや飲み疲れたときなど、リフレッシュするために飲んだりします。

ちなみに、完成したカクテルにマドラーを1本差して提供されることもあり、その場合は自分でライムをつつきながら味を調整します。

アルコール度数:約9度

 

関連記事

グラスに入ったジンのカクテル。
元バーテンダーが教える!本当に美味しいジンベースのカクテル13選

4大スピリッツの中でも、一番カクテルのベースとして使用されるのが「ジン」です。 トニックや炭酸で割っても美味しいですが、それ以外にも色々なカクテルがあります。 定番のカクテルからあまり知られていないカ ...

続きを見る

ジンの銘柄、翠のボトルの画像。
日本のボタニカルでつくったジン【翠(すい)】飲んでみた(レビュー)

English (United States) 日本語 ジンと言えば、イギリスやオランダ、ドイツが有名ですが、最近はさまざまな国の蒸留所がこぞってジンをつくっています。 日本のジンで有名なのは、六ジン ...

続きを見る

完成したジンカクテル、ジントニックの画像。
ジントニック~日本で一番人気のさっぱりカクテル~

今回は、世界中で愛され、日本では一番人気なのではないかと思われるジントニックをつくります。 私が以前バーで働いていたときには、一番よく注文を受けるカクテルがジントニックでした。 「バーに行ったらとりあ ...

続きを見る

スポンサーリンクディスプレイ2

スポンサーリンクディスプレイ1

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する「元バーテンダー」と、お酒をただ飲むこと、食を楽しむことが大好きなアラサーが運営してます。 趣味カクテル、特技カクテル。 カクテルを中心に、ウィスキーなど洋酒が大好きです。

-カクテル
-, ,

Translate »

Copyright© Liquor Freak , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.