タンカレーNo.10のボトルの画像。

【タンカレーNo.10(ナンバーテン) レビュー】世界中から愛されるプレミアムジンの最高峰!

プレミアムジンの代表銘柄である「タンカレーNo.10」。

  • タンカレーNo.10を飲んだことがない
  • ジン選びで失敗したくない
  • おいしいジンを教えて欲しい

という方へ、タンカレー N0.10の特徴や実際に飲んだ感想を紹介します。

最初に飲んだ感想を軽くお伝えすると、重厚感があるシトラス系のとてもおいしいジンでした!

タンカレー No.10(ナンバーテン) ジン:製品概要

タンカレーNo.10のボトルの正面画像。

タンカレーNo.10」は、ディアジオ社が販売しているジンで、通常のタンカレーよりも高品質の上位版です。

製品名タンカレーNo.10
品目ドライ ジン
アルコール47.3度
容量750ml
原産国イギリス
メーカーディアジオジャパン
ボタニカルジュニパーベリー/コリアンダー/アンジェリカルート/
カモミール/グレープフルーツ/オレンジ/ライムなど
参考価格約3,800円
タンカレー公式HPhttps://www.tanqueray.com/en-row

タンカレー No.10(ナンバーテン) ジン:特徴

タンカレーNo.10は、プレミアムジンの中でも頭ひとつとび抜けているイメージがあります。

また、世界中のバーテンダーも認める高品質なジンでとっても人気です。

どんなジンなのか、特徴を3つにまとめてお伝えします。

フレッシュな生のフルーツを使用

生の柑橘系フルーツの画像。

タンカレーNo.10は厳選されたボタニカルと生の柑橘系のフルーツ(グレープフルーツ、オレンジ、ライム)などでつくられており、詳しいレシピは非公開で世界で6人しか知らなないといわれています。

一般的なジンは生のフルーツは使わず、ハーブやスパイス、フルーツの皮でつくられることがほとんど。

そのため、柑橘系のフレーバーが特徴でもあるといわれています。

また、1960年代製の超小型ハンドメイド蒸留器「TINY TEN(タイニーテン)」を使用しており、少量生産で量より質を重視した、こだわり抜かれたジンとなっています。

アメリカ元大統領「ジョン・F・ケネディ」など世界の偉人も愛した

ジョン・F・ケネディの画像。
ジョン・F・ケネディ元大統領

タンカレーNo.10は、世界中の人々から愛されており、アメリカの元大統領「ジョン・F・ケネディ」やアメリカの伝説的ジャズ歌手「フランクシナトラ」が愛飲していたという逸話があります。

ジンのロールスロイス

ロールスロイスの画像。
ロールス・ロイスの画像

ジンの品質の高さが認められ、高級車の中の高級車である「ロールス・ロイス」にたとえられて「ジンのロールスロイス」といわれることがあります。

世界大会で3年連続ベストスピリッツに選ばれた実績もあり、プレミアムジンの中でも最高峰の品質を誇るジンです。

タンカレー No.10(ナンバーテン) ジン:レビュー

タンカレーNo.10の色々な飲み方の画像。

実際にオーソドックスなジンの飲み方5つで飲んでみたので、感想をお伝えします。

ストレート

タンカレーNo.10のストレートの画像。

ストレートで飲んでみます。

香りはというと、けっこうアルコール臭が強く、鼻につんとくる感じです。

飲むと口の中にお酒の甘みがじわーっと広がり、嫌なアルコール感はなく、香草の風味とシトラス系の風味が感じられます。

ボディはどっしりと重ためで、とても飲みごたえがあります。

ロック

タンカレーNo.10のロックの画像。

氷を入れてロックで飲んでみます。

ストレートだとアルコールのアタックが強かったですが、ロックにするとやわらぎ、飲みやすくなります。

タンカレーNo.10ゆっくりと味わいながら飲みたい場合はストレートよりもロックがおすすめです。

氷で加水されても、ボディがしっかりとしているので、薄まりづらく長くおいしい味わいが保たれます。

水割り

タンカレーNo.10の水割りの画像。

ジン1:水2.5くらいの割合で水割りにして飲んでみます。

ジンの甘みや香草、シトラス系の味わいをしっかりと感じられる水割りです。

時間が経っても味が薄まりづらいため、最後の一口までおいしく楽しめます。

ソーダ割り

タンカレーNo.10のソーダ割りの画像。

ジンソーダにして飲んでみます。

炭酸で爽やかなジンソーダというよりも、ジン感がしっかりと感じられるソーダ割りという印象。

香草の香りやシトラス系の味わい、アルコール感、ジュニパー感などがしっかりとあり、気軽に飲むというよりも、ゆっくりと味わいながら飲みたいぜいたくなソーダ割りです。

ジントニック

タンカレーNo.10のジントニックの画像。

ジンの定番カクテル、ジントニックにして飲んでみます。

かなりおいしいジントニックです。

ジンのジュニパーとボタニカルの香味がしっかりと感じられる、完成度の高いジントニックという感想。

大切な人の記念日や自分へのごほうびなど、特別なときにもおすすめですね。

タンカレー No.10(ナンバーテン) ジン:こんな人におすすめ

タンカレーNo.10がどんな人におすすめか、実際に飲んだ感想をもとにお伝えします。

50種類近くジンを飲んできましたが、その中でも上位に入るおいしさです!
こんな人におすすめ
  • ジンが好き
  • 高品質なプレミアムジンを探している
  • ジン単体でもカクテルとしても飲みたい
  • プレゼントとしてジンを探している

飲んでみて感じたのは、ジン、ボタニカルの香草感、シトラス、アルコール、それらの味わいがしっかりと感じられる、重厚感のあるジンだということでした。

そのため、ジンの味が苦手な人にはあまりおすすめしないですが、ジンが好きな人にはかなりおすすめしたいです。

最高品質のジンだといわれていますが、実際に飲んでも確かに!と納得します。

ジン単体でもカクテルとしても楽しみたい人にも、大切な人へのプレゼントを探している人にもおすすめです。

タンカレー No.10(ナンバーテン) ジン:ネットの口コミ・評判

ネットでの口コミ・評判をまとめました。

いい評価がほとんどで、悪い評価はほとんどありませんでした。

いい評価
悪い評価
  • 華やかな香りや爽やかな口当たりが魅力的。
  • ストレートでもカクテルでも、飲み方を選ばない。
  • 20種類を超えるジンを飲んだが、最後に行き着いたのがタンカレーNo.10。
  • ボトルがスマートでかっこいい。
  • 値段を考えると、ふつうのタンカレーでいい。

いい評価は、どんな飲み方でもおいしく飲めるということと、色々なジンを飲み、結局はタンカレーNo.10が一番おいしいという意見がありました。

悪い評価としては、値段が約4,000円と高めなのでもっと安いタンカレーを購入するという意見がありました。

購入時の参考にしてもらえればと思います。

タンカレー No.10(ナンバーテン) ジン:まとめ

タンカレーNo.10の特徴や飲んだ感想、こんな人におすすめ、ネットの口コミを紹介しました。

価格は約4,000円ほどと少し高めですが、プレミアムジンの最高峰といわれるだけはあります。

特にジントニックは格別のおいしさなので、購入した際はぜひジントニックをつくってみてください。

この記事を読んで、

タンカレーNo.10について理解が深まった!

購入の参考になった!

という方がいらっしゃれば幸いです。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

-ジン

Translate »