完成したカクテル、ベネディクトの画像。

ベネディクト~ウィスキーの芳醇さとハーブの味わい~

今回は、ウィスキーとベネディクティンを使ったカクテル、ベネディクトをつくります。

スコッチウィスキーと、ベネディクティンというハーブからつくられたリキュールでつくるロングカクテルです。

 

ベネディクトの由来

確かな由来は広まっていませんが、このカクテルに使用しているベネディクティンは、中世フランスの宗派「ベネディクト派」の修道院でつくられたのが始まりです。

そのベネディクティンを使用したカクテルということで名づけられたと思われます。

ベネディクティン解説
世界最古の薬草・ハーブ系リキュール【ベネディクティン】徹底解説

続きを見る

 

ベネディクトのレシピ

ベネディクトの材料の画像。

  • スコッチウィスキー30ml
  • ベネディクティン30ml
  • ジンジャエール適量

今回はロックグラスでつくりましたが、タンブラーなどのロンググラスでつくられることが多いです。

 

ベネディクトのつくり方

1.材料を注ぐ。

氷を入れたロックグラス、またはロンググラスにスコッチウィスキーを30ml注ぎます。

(※今回はロックグラスを使用)

スコッチウィスキーを注ぐ画像。

ベネディクティンを30ml注ぎます。

ベネディクティンを注ぐ画像。

2.ステア。

ジンジャエールを注ぐ前に、ステアして材料を混ぜて冷やします。

ステアする画像。

3.ジンジャエールを注ぐ。

なるべく氷に当てないように注ぎます。

ジンジャエールを注ぐ画像。

4.ビルド。

炭酸が抜けないように軽く混ぜます。

ビルドする画像。

5.完成。

完成したカクテル、ベネディクトの画像。

 

ベネディクトを飲んだ感想

今回はロックグラスでカクテルをつくったので、度数は強めで味は濃厚です。

辛口のジンジャエールを使用しているのでスパイシーで、好き嫌いがわかれる味わいです。

今回の分量でつくると個人的には少しきつかったので、ロックグラスで作る場合は、スコッチウィスキーとベネディクティンを20mlずつでよかったかもしれません。

度数がきつければ、ロングタンブラーでつくるのをおすすめします。

アルコール度数約:20度

 

使用した銘柄

スコッチウィスキ-:デュワーズホワイト

ベネディクティン

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

-リキュールベース
-, ,

Translate »