完成したジンとグランマルニエのカクテル、タンゴの画像。

タンゴ~情熱的なダンスの名前のカクテル~

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

今回は、タンゴというダンスの名前が名付けられたカクテルをつくります。

情熱的な名前のこのカクテルはどんな味わいなのか、実際につくったので、レシピ・つくり方・飲んだ感想をお伝えします。

 

タンゴとは

ロンドンのシローズクラブというバー出身の、「ハリー・マッケルホーン」氏が考案しました。

彼が自分のハリーズニューヨークバーをオープンした後に発表した、情熱的の名前のカクテルです。

 

タンゴのレシピ

タンゴの材料の画像。

材料

    • ジン25ml
    • ドライベルモット10ml
    • スイートベルモット10ml
    • グランマルニエ5ml
    • オレンジジュース10ml

上記のレシピは、標準のものではありませんが、今回はこの分量でタンゴをつくります。

 

標準レシピ

  • ジン24ml
  • ドライベルモット12ml
  • スイートベルモット12ml
  • グランマルニエ12ml
  • オレンジジュース2dash

こちらが標準のレシピで、合計60mlの分量を基準にしているため、24mlや12mlなどの中途半端な分量になっています。

ちなみにオレンジジュース2dashとは、ビターズボトルで2振りのことです。(ほんの少し)

 

タンゴのつくり方

1.材料を注ぐ。

ジン25mlをシェイカーに注ぎます。

ジンを注ぐ画像。

ドライベルモットを10ml注ぎます。

ドライベルモットを注ぐ画像。

スイートベルモットを10ml注ぎます。スイートベルモットを注ぐ画像。

グランマルニエを5ml注ぎます。
グランマルニエを注ぐ画像。

オレンジジュースを10ml注ぎます。

オレンジジュースを注ぐ画像。

 

2.シェイク。

シェイカーに氷を入れてシェイクし、カクテルグラスに注ぎます。

タンゴをグラスに注ぐ画像。

 

3.完成。

タンゴの完成です。

完成したジンとグランマルニエのカクテル、タンゴの画像。

 

タンゴを飲んだ感想

すっきりとした飲み口で、フルーティーかつ、芳醇でふくよかな味わいに仕上がりました。

ベルモットの風味が強く、バランスが悪くなってしまったので、標準のレシピ通りにつくった方が美味しくなりそうですね。(失敗しました)

アルコール度数:約24度

スポンサーリンクディスプレイ2

スポンサーリンクディスプレイ1

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する「元バーテンダー」と、お酒をただ飲むこと、食を楽しむことが大好きなアラサーが運営してます。 趣味カクテル、特技カクテル。 カクテルを中心に、ウィスキーなど洋酒が大好きです。

-カクテル
-, , , ,

Translate »

Copyright© Liquor Freak , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.