ノブクリークのイメージ画像。

【レビュー】本来のバーボンを復刻!ノブクリークを飲んだ感想

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

今回は紹介するのは、アメリカのケンタッキー州で生まれたバーボンウィスキー「ノブクリーク」です。

どんな特徴のウィスキーなのかをお伝えし、実際に飲んだ感想を紹介します。

 

ノブクリーク

正面から見たノブクリークの画像。

ジム・ビーム社が「スモールバッチバーボン」コレクションとして3つの製品を発売し、そのうちのひとつが「ノブクリーク」です。

スモールバッチ=少量生産という意味で、こだわってつくられたプレミアムなクラフトバーボン。

 

ノブクリークの特徴を3つ紹介します。

  1. 本来のバーボンの味を復刻
  2. リンカーンゆかりの地が名前の由来
  3. ボトルは禁酒法時代をモチーフ

 

特徴①本来のバーボンの味を復刻

禁酒法が制定される以前のバーボンは力強く、1897年に制定された「ボトルド・イン・ボンド」という法律がその理由のひとつです。

当時は水で薄められた粗悪品のウィスキーや、得体の知れないものが混ぜられたものが出回っており、それらを防ぐために制定されたのがこの法律です。

この法律に定められた条件をクリアしたバーボンウィスキーだけが「ボトルド・イン・ボンド(ボンデッド)」と名乗ることができ、品質が保証されている証でした。

条件:

  • 1蒸留所で1年のうちの1シーズンだけ蒸留したものだけを樽詰め
  • 政府税管官史監督のもとで4年以上熟成
  • アルコール度数50%以上で瓶詰め

 

その当時の力強くリッチな味わいを復刻したのが「ノブクリーク」です。

 

特徴②リンカーンゆかりの地が名前の由来

ノブクリークは、ケンタッキー州のとある村の名前です。

アメリカの16代大統領、エイブラハム・リンカーンが幼少期に過ごしていた村ということで有名で、ウィスキーの力強さから偉大な大統領が育った土地の名前がつけられました。

 

特徴③ボトルは禁酒法時代をモチーフ

禁酒法時代、人々はブーツに隠しやすい形状のフラスクルボトル(水筒のようなもの)に酒を入れて持ち歩いていました。

その形状がノブクリークいまのボトルにもちいられています。

また、当時は新聞紙にボトルをくるみ、取締官の目を盗んで飲んでいたことから、ラベルの紙質やデザインが取り入れられているそうです。

 

ノブクリークのボトル

正面

ラベルは新聞紙のようなデザインですね。

ノブクリークのボトル正面の画像。

 

側面

横から見るとこんな感じです。

ブーツに隠しやすい形状ということで、禁酒法時代はこんな形状の容器に入れてお酒を隠していたんですね。

ノブクリークのボトル、側面の画像。 ノブクリークのボトル、側面の画像。

 

背面

後ろ側は商品名などが記載されています。

ノブクリークのボトル、背面の画像。

 

底面

底はこんな感じ。

ノブクリークのボトル、底面の画像。

 

キャップ

黒い蝋のようなものでしっかり固められています。

ちょっと封があけずらかったです、、、

ノブクリークのボトル、キャップの画像。

 

ノブクリークを飲んだ感想

ノブクリークのスタンダードタイプを飲んだので簡単に感想を紹介します。

ストレート

ノブクリークのストレートの画像。

ノブクリークをストレートで飲んでみました。

アルコールの変なクセはないためスーッと飲みやすいです。

口に含んだ後、濃厚で凝縮された味わいとバニラのような甘みを感じます。

力強く飲みごたえ抜群なので、バーボン好きには特におすすめ。

 

ソーダ割り

ノブクリークのソーダ割りの画像。

炭酸水で割るとさっぱりと爽やかになりますが、甘みもしっかりと感じて美味しいです。

 

水割り

ノブクリークを水割りで飲んだ画像。

水で割っても味は薄まりすぎず、しっかりとバーボンの香味を感じます。

 

ノブクリークの製品概要

ノブクリークの製品画像。

容量:750ml

アルコール度数:50%

タイプ:ブレンデッド

熟成年数:9年

 

製品説明

色ー 琥珀

香ー バニラ・ナッツ・オークの樽香

味わいー 力強いバニラの甘み・キャラメル・かすかにスモーキー

フィニッシュー リッチな甘い余韻がつづく

引用:サントリーHP

 

ノブクリークを買うならどこがお得?

販売店舗や時期によって値段が異なりますが、2021年4月現在はAmazonで販売されていた送料無料3780円が最安値でした。

>>ノブクリーク 750ml 50度 バーボン 箱なし [並行輸入品]

だいたい3000円台後半~高くて5000円のようです。

楽天市場で3200円の商品がありましたが、送料込みになると結局4000円くらいになります。

最近、スーパーでもたまに見かけるようになったので、見つけたらチェックしてみて下さい。

 

ノブクリークその他のランナップ

ノブクリークのスタンダードは「Kentucky straight bourbon WHISKEY」と書いてあるもので、9年熟成で100プルーフになります。

その他の製品ラインナップを紹介します。

ノブクリーク シングルバレル

9年熟成の樽の中でもさらに選び抜いた樽1つから瓶詰めされたものがシングルバレルです。

スタンダードよりもよりリッチで力強い1本。

 

ノブクリーク ライ

通常バーボンはトウモロコシを主原料としてつくられますが、これはライ麦を主原料としたライウィスキーです。

リッチで力強い味わいはそのままで、バーボンウィスキーよりもスパイシーな印象の1本。

 

ノブクリークが好きな方におすすめのバーボン3選

ノブクリークが好きな方が気に入りそうなバーボンウィスキーを3つ紹介します。

ベイカーズ

アルコール度数は53.5%と高く、パンチのあるバーボンウィスキーです。

フルボディなので、ノブクリークのように力強い味わいが好きな方に飲んでもらいたい1本。

 

ベイゼルヘイデン

ライ麦の使用比率が高く、バーボン通からも愛されているウィスキーです。

アルコール度数は40%なのでノブクリークほど力強くはないですが、スパイシーで甘くなめらかで芳醇なバーボン。

とても美味しいのでおすすめです。

 

ウッドフォードリザーブ

スモールバッチで少量生産のプレミアムバーボン。

世界中のバーテンダーから高く支持されており、味に厚みがありウィスキーの香味が凝縮されている贅沢な1本。

個人的にはストレートやロック、カクテルのオールドファッションドで飲むのがおすすめです。

スポンサーリンクディスプレイ2

スポンサーリンクディスプレイ1

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する「元バーテンダー」と、お酒をただ飲むこと、食を楽しむことが大好きなアラサーが運営してます。 趣味カクテル、特技カクテル。 カクテルを中心に、ウィスキーなど洋酒が大好きです。

-Whisky

Translate »

Copyright© Liquor Freak , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.