知多のレビューをするイメージ画像。

【レビュー】知多/軽やかな味わいと甘い香味が特長のグレーンウィスキー

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

サントリーが販売しているジャパニーズウィスキー「知多」。

俳優の佐藤健さんをイメージキャラクターに適用し、「風香るハイボール」と爽やかなイメージのウィスキーとして宣伝しています。

今回は、知多のウィスキーを実際に購入し、特長と飲んだ感想を紹介します。

 

知多とは

知多のラベルの画像。

知多は2015年9月1日から全国で発売開始しました。

サントリーが保有する多彩なウィスキー原酒と、匠の技によってブレンドされたブレンデッドウィスキーです。

トウモロコシが原料のグレーンウィスキー(味わいは軽く穏やかなタイプ)を使用しており、軽やかな味わいとほのかな甘い香りが特長です。

 

知多のボトル

知多のボトルを観察していきます。

正面

知多のボトルの画像。

ボトルは丸みを帯びた形状で、サントリーらしいフォルムをしています。

明るい黄金色をしていますが、これはボトルの色ではなくウィスキーそのものの色合いとなっています。

白いラベルは和紙を使用しており、軽やかな風味を表現し、「知多」の文字は日本のウィスキーらしさを表現した墨文字で描かれています。

 

側面

横から見た知多の画像。 横から見た知多の画像。

ボトルの側面はこんな感じです。

 

背面

後ろから見た知多の画像。

知多のボトルの後ろ側はこのようになっています。

 

知多の後ろのラベルの画像。

ボトルの上の方に「SUNTORY WHISKY」の表記があり、その下に商品説明のラベルが貼られています。

 

キャップ

キャップはスクリュータイプ。

デザインは、白銀地に濃い藍色の線状に重ねたキャップシールを使用しており、軽やかな風を表現しているとのことです。

知多のキャップの画像。

 

底面

底は「SUNTORY」と「LIQUOR BOTTLE JAPAN」と記載されています。

知多の底面の画像。

 

 

知多を飲んだ感想

実際に知多を飲んだ感想を紹介します。

ストレート

知多のストレートの画像。

味わいは、クセがなくスムースで非常に飲みやすいです。

ウィスキーなのですが、ハチミツやバニラのような甘みが感じられ、飲んだ後もあとに残らずすっきりとしています。

ライトなタイプのウィスキーで、バランスもいいです。

 

ロック

知多のロックの画像。ストレートで飲んだ時よりも、ハチミツのような甘さが強く感じられます。

氷で加水され、ウィスキーの香味が徐々に変化するのを楽しめます。

ロックでも十分美味しくいただけます。

 

ソーダ割り

知多のソーダ割りの画像。

分量:知多30ml、炭酸水120ml

炭酸がはじけ、清々しく爽やかなハイボールに仕上がりました。

ほんのり甘みも感じるので、ウィスキーを普段飲まない方や苦手な方にもおすすめです。

 

水割り

知多の水割りの画像。

分量:知多30ml、水90ml

ハチミツのような甘い香りで、飲み口は軽やかで飲みやすいです。

知多のおすすめの飲み方はハイボールと宣伝されており、個人的にも水割りよりハイボールの方が知多のよさが引き出されていると思います。

 

知多の商品概要

  • 種類:グレーンウィスキー
  • 原料:グレーン、モルト
  • 容量:700ml
  • アルコール度数:43%
  • 原産国:日本
  • メーカー:サントリースピリッツ
  • HP:https://www.suntory.co.jp/whisky/chita/

 

まとめ

知多を楽しむイメージ画像。

以上、知多についてボトルや飲んだ感想を紹介しました。

甘く軽やかな味わいなので、ウィスキーをあまり飲んだことがない方におすすめの1本です。

ストレートやロックでゆっくり味わうのもいいですが、一番はやはりハイボールがおすすめ。

食事と一緒でも合う、ジャパニーズウィスキーです。

スポンサーリンクディスプレイ2

スポンサーリンクディスプレイ1

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する「元バーテンダー」と、お酒をただ飲むこと、食を楽しむことが大好きなアラサーが運営してます。 趣味カクテル、特技カクテル。 カクテルを中心に、ウィスキーなど洋酒が大好きです。

-Review

Translate »

Copyright© Liquor Freak , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.