完成したウォッカカクテル、ホワイトルシアンの画像。

ホワイトルシアン~見た目も綺麗な甘口デザートカクテル~

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

ウォッカとコーヒーリキュールでブラックルシアン、そこに生クリームが加わったカクテルです。

ブラックルシアンと生クリームの層が美しく、甘口で飲みやすい味わい。

映画『ビッグ・リボウスキー』で登場人物がこよなく愛したカクテルで、アメリカで大人気となりました。

ホワイトルシアンの由来・レシピ・つくり方・飲んだ感想をお伝えします。

 

ホワイトルシアンの由来

ホワイトルシアンの由来はいくつか説があり、どれが正しいかはわかっていません。

材料に使用するウォッカがロシア原産で、ロシアに関係しているという考えが多いです。

  • ルシアンはロシア人のことで、色白のロシア人をイメージしている説
  • 極寒のロシアの雪景色をイメージしている説

 

ホワイトルシアンのレシピ

ホワイトルシアンの材料の画像。

材料

  • ウォッカ40ml
  • カルーア20ml
  • 生クリーム適量

ブラックルシアン+生クリームのレシピで、今回生クリームは30ml使用しました。お好みで分量を調整するといいです。

完成したウォッカカクテル、ブラックルシアンの画像。
ブラックルシアン~ウォッカとカルアの甘口デザートカクテル~

ウォッカとカルーアのみのシンプルなレシピで、バーでもたまにオーダーが入るカクテルです。 甘党の方にはたまらない一杯。 ブラックルシアンの由来・レシピ・つくり方・飲んだ感想をお伝えします。   ...

続きを見る

 

ホワイトルシアンのつくり方

まずはブラックルシアンをつくります。

1.材料を注ぐ。

氷を入れたロックグラスにウォッカ40ml注ぎます。

ウォッカを注ぐ画像。

カルーア20ml注ぎます。

カルーアを注ぐ画像。

 

2.ステア。

バースプーンで軽く混ぜて冷やします。

ステアする画像。

 

3.生クリームをシェイク。

生クリームは、泡だて器があれば泡立ててふわふわするのが一番ですがあいにく持っていないので、空のシェイカーに注ぎ、空のままシェイクします。(シェイクせずにそのままフロートしても浮かびます)

生クリームを注ぐ画像。

 

4.生クリームをフロート。

シェイクした生クリームを、バースプーンをつたわせながらゆっくりと浮かばせます。(比重の原理で沈まず液体の上に浮かぶ。その技法がフロート)

シェイクした生クリームを注ぐ画像。

 

5.完成。

完成したウォッカカクテル、ホワイトルシアンの画像。

 

ホワイトルシアンを飲んだ感想

ブラックルシアンは甘口でアルコール度数がきつめのカクテルですが、そこに生クリームが加わることでコクがありまろやかで、より飲みやすい仕上がりになっています。

飲み方は、生クリームをフロートさせたまま飲んだり、好みで混ぜて飲むこともありますが今回はフロートの状態で飲みました。

口当たりはふわふわで、飲み進めるごとにどんどん混ざっていくので、味わいの変化が楽しめます。

使用した生クリームの分量は30mlでしたが、個人的には多い気がするので15~20mlくらいがちょうどいいと思います。

アルコール度数:約22度

カクテル言葉:誘惑

カルーア。
カルアミルクだけじゃない!美味しいお酒【カルーア】とは?カクテルレシピまとめ

コーヒーリキュールの中で圧倒的シェアを誇るトップブランド【カルーア】。 居酒屋やダイニングバーでも、カルーアは飲みやすくて美味しいお酒として大人気です。 カルーアを使ったカクテルは、カルアミルクが一般 ...

続きを見る

スポンサーリンクディスプレイ2

スポンサーリンクディスプレイ1

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する「元バーテンダー」と、お酒をただ飲むこと、食を楽しむことが大好きなアラサーが運営してます。 趣味カクテル、特技カクテル。 カクテルを中心に、ウィスキーなど洋酒が大好きです。

-カクテル

Translate »

Copyright© Liquor Freak , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.