竹鶴ピュアモルト。

竹鶴ピュアモルト

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

終売になり、また新たにリニューアルするという話題の「竹鶴ピュアモルト」。

ニッカウヰスキーの主力製品で、現在は高値で取引されています。

そんな竹鶴について、そもそもピュアモルトとは何か?どんなウィスキーなのか?

解説したいと思います。

 

竹鶴ピュアモルトを解説

「モルトの深いコクと味わい」「やわらかな飲みやすさ」

この2つの魅力を併せ持っているのが竹鶴です。

ピュアモルトとはどういう意味?

ピュアモルトとは・・・モルト100%のウィスキーのことです。

シングルモルトと違うのは、複数の蒸留所のモルトをブレンドしているところです。

スコットランドではブレンデッドモルトともいいます。

 

通常ブレンデッドウィスキーというと、複数の蒸留所のモルトウィスキー+グレーンウィスキーのブレンド。

対してピュアモルト(=ブレンデッドモルト)複数の蒸留所のモルトウィスキーのブレンド

これが、ピュアモルトとブレンデッドウィスキーの違いで、竹鶴はブレンデッドなのですが、ブレンデッドウィスキーとはまた異なるということです。

シングルモルトとブレンデッド、両方の魅力をもつのがピュアモルト

 

竹鶴=余市+宮城峡

竹鶴ピュアモルトは、ニッカが誇る上質なモルトウィスキーをブレンドしています。

代表的なモルト原酒

北海道:余市蒸留所 → 余市モルト

仙台:宮城峡蒸留所 → 宮城峡モルト

この2種類です。

”力強い個性をもつ余市”と、”やわらかく華やか”な特徴の宮城峡を、ブレンダーの技でおいしく飲みやすく仕上げられています。

 

竹鶴ラインナップ

竹鶴は、ピュアモルト・17年・21年・25年があります。

公式HPにはこの4種のみですが、実は12年ものも存在していました。

希少価値が高いため、17年よりも高額で取引されています。

竹鶴なぜ人気?

竹鶴は今でこそかなり人気で、高額取引されていますが、発売当時はそこまで高級な感じではありませんでした。

では、なぜここまで注目を集めているのか、考察してみました。

人気の理由①ドラマ「マッサン」

2014年9月~NHK連続テレビ小説ドラマが放送。

玉山鉄二演じる亀山政春が主人公で、このモデルとなったのが、竹鶴政孝。

このドラマが大人気となり、ニッカウヰスキーの国内需要が急上昇

それまでサントリーが国内シェアの6~7割を占めていましたが、大きくシェアが動いたそうです。

 

人気の理由②数々の賞を受賞

世界最高峰にも輝いた実績があり、国際的な品評会で高い評価を得ています。

2006年に竹鶴21年がISC(インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ)で金賞受賞

翌年2007年にはWWA(ワールド・ウィスキー・アワード)を受賞。

それから2019年までに数えきれない賞を獲得しています。

ニッカの高いブレンド技術と、品質が国際的にも認められています。

 

※ISCとは

イギリスの酒類専門誌「ドリンクス・インターナショナル」が主催する国際的な酒の品評会。

審査はブラインドテイスティングによって実施されます。

※WWAとは

イギリスのウィスキー専門誌「ウィスキーマガジン」主催の国際的ウィスキーコンテスト。

審査は各国のウィスキー専門家のブラインドテイスティングにより実施。

世界各国からエントリーされたウィスキーは、厳格な審査を経てロンドンでの最終審査にかけられ、部門ごとに一品ずつ世界最高賞が認定されます。

 

人気の理由③竹鶴原酒不足で終売

竹鶴に限らず、ウィスキー全体でも言えることですが、需要が高まりすぎて供給が追いつかず、終売のニュースが。

在庫がなく、入手困難となることで、希少価値が高まりさらに注目されます。

竹鶴の年代物は、もともとの値段の7倍以上の価値となり、バーや酒屋さんでも見かけなくなりました。

バーや酒屋で安く飲める機会があれば、是非飲んでおきたいですね。

 

最後に

竹鶴について解説していきました。

ピュアモルトとは、モルト100%のブレンデッドモルトのことで、余市と宮城峡のモルト原酒がブレンドされています。

そのため、力強さとやわらかさをあわせもつ味わいになっています。

竹鶴は終売となり、また新たにリニューアルするそうなので、手に入れたら飲み比べたいですね。

終売の情報はこちらでも紹介しています。

終売の竹鶴ピュアモルトが新しくなって帰ってくる!?3/31数量限定リニューアル

最近巷を騒がせた、竹鶴終売のニュース。 竹鶴17年や21年だけでなく、ノンエイジ(年数表記なし)のものも原酒不足となりました。 そんな中、竹鶴ファンに朗報です。   竹鶴ピュアモルトが、ラベ ...

続きを見る

スポンサーリンクディスプレイ2

スポンサーリンクディスプレイ1

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する「元バーテンダー」と、お酒をただ飲むこと、食を楽しむことが大好きなアラサーが運営してます。 趣味カクテル、特技カクテル。 カクテルを中心に、ウィスキーなど洋酒が大好きです。

-ウィスキー, ジャパニーズ

Translate »

Copyright© Liquor Freak , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.