スイートベルモットの銘柄3種。

スイートベルモットとはどんなお酒?銘柄の味の違いは?飲んで比較してみた。

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

「スイートベルモット」とはどんなお酒か?馴染みがない方は多いと思います。

その名の通り、甘口のベルモットで、白ワイン+ハーブ・スパイス+カラメルで構成されています。

今回は、「スイートベルモット」について、

「そもそもどんなお酒なのか?」

「どんな銘柄があり、味はどう違うのか?」

「美味しい飲み方は?」

など、解説していきます。

ドライベルモットについては、こちらの記事で紹介しています。

ドライベルモットの銘柄3種類。
ドライベルモットとはどんなお酒?銘柄の味の違いは?飲んで比較してみた。

「ドライベルモット」といわれても、普段お酒をあまり飲まない方には聞きなれないと思います。 簡単に説明すると、白ワイン+ハーブ・スパイスです。 今回はこのドライベルモットについて、 「そもそもどんなお酒 ...

続きを見る

 

スイートベルモットとは?

スイートベルモットの原料。

スイートベルモットは、ベルモットの種類のひとつで、白ワインをベースにハーブ・スパイス、カラメルで着色したものです。

ベルモットには2種類、ドライベルモット(辛口)・スイートベルモット(甘口)があります。

ドライベルモットは白ワインのような色ですが、スイートベルモットは、カラメルが入っているため茶色みを帯びています。

ワインということもあり、主にフランスやイタリアで生産されています。

アルコール度数は約14~20%前後で、通常のワインよりも少し度数は高めです。

 

人気スイートベルモット3種

スイートベルモットは色々な会社が販売していますが、今回バーでカクテルとして使用されることの多い3種類を厳選して紹介します。

 

チンザノ ベルモット・ロッソ

1757年創業のチンザノ社は、イタリアを代表するベルモットで一番有名です。リーズナブルでカクテルにも合わせやすく、居酒屋からバーまで幅広く使用されています。

 

マルティーニ ベルモット・ロッソ

マルティーニ社は、1863年にイタリアで創業されました。チンザノ同様、多くの方に愛飲され、カクテルにもよく使用されています。

 

ドラン シャンベリー・ルージュ

1821年にフランスでレシピが発明されました。AOCというフランスの品質保証を受けており、その品質は国のお墨付きです。このスイートベルモットをカクテルに使うバーテンダーも多いです。

 

スイートベルモット3種飲み比べ

代表的な3種の銘柄を飲み比べて、どのように違うのか考察していきます。

主観的ではありますが、実際に飲み比べました。

スイートベルモットの銘柄3種。

 

ドラン

甘み:☆☆

苦み:☆

香草感:☆☆

度数:16%

チンザノ

甘み:☆☆☆

苦み:☆☆☆

香草感:☆☆

度数:15%

マルティーニ

甘み:☆☆☆

苦み:☆☆

香草感:☆☆☆

度数:15%

 

総評

ドランは、甘みや苦みは他の2種に比べると控えめで、上品な印象を受けました。

チンザノは、甘みの他に苦みもしっかりと感じました。

マルティーニが一番香草感が強く、カラメルの風味も感じてパンチがありました。

(辛口) ドラン < チンザノ < マルティーニ (甘口)という順番でした。

 

どれが一番おいしいかは人それぞれで、飲み方によっても変わります。

個人的には、ロックで飲むならチンザノ、カクテルにするならチンザノ・ドランかなーという感じです。

 

スイートベルモットのおいしい飲み方

スイートベルモットのおすすめの飲み方を紹介します。

ゆっくりと味わうなら【ロック】

まずは定番のロックでゆっくりといただきたいですね。

 

甘みを抑えたいなら【ハーフ&ハーフ】

スイートベルモットだけでは甘すぎるなら、ドライベルモットと同量ずつ氷を入れたロックグラスに注いでステア。

自分好みに比率を調整してもいいと思います。

 

カクテルでおしゃれに飲むなら【マンハッタン】

マティーニがカクテルの王様なら、マンハッタンは女王。

ウィスキーベースで度数は強めですが、甘口のショートカクテルでおすすめです。

ウィスキーベースのカクテル、マンハッタン。
カクテル【マンハッタン】

ウィスキーを使ったカクテル、マンハッタン。 カクテルの女王とも呼ばれるこのカクテルは、世界中で人気です。   目次 起源説レシピ手順1、グラスと材料を準備。2、プレミックス3、ミキシンググラ ...

続きを見る

 

ジンが好きなら【ネグローニ】

ジンとスイートベルモット、カンパリでつくる甘口の香草系カクテル。

パンチがあり、飲みごたえ十分!誰でも簡単に作れます。

グラスに入ったジンカクテル、ネグローニ。
カクテル【ネグローニ】

世界で一番人気のカクテルのひとつです。 日本では、なじみがあまりないかもしれません。 度数が強くて甘いこのカクテルが、海外の人々から高く評価されています!   目次 起源レシピ手順1.グラス ...

続きを見る

 

スイートベルモットを飲んでみよう!

これまで、スイートベルモットとは?どんな銘柄があり、その味の違いは?おいしい飲み方は?など紹介してきました。そのままでもカクテルとしても使いがってがいいので、家に1本は置いておきたいお酒です。甘いお酒が好きな方には是非試してもらいたいです!

 

スポンサーリンクディスプレイ2

スポンサーリンクディスプレイ1

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する「現役バーテンダー」と、お酒をただ飲むこと、食を楽しむことが大好きなアラサーが運営してます。 趣味カクテル、特技カクテル。 カクテルを中心に、ウィスキーなど洋酒が大好きです。

-コラム

Translate »

Copyright© Liquor Freak , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.