ウォッカのカクテル、ソルティドッグ。

ソルティドッグ~塩がアクセントのさっぱりカクテル~

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

有名なカクテルなので知っている人も多いかと。居酒屋やバーで大人気のこのカクテルはフルーティーで飲みやすく、男女問わず幅広い方に愛飲されています。

今回はそんなソルティドッグのつくり方を紹介していきます。

ソルティドッグとは

船の甲板。

由来

1940年代にイギリスで生まれたカクテルで、ソルティドッグとは、イギリスのスラングで「甲板員」を意味しています。

船の甲板員が、汗だくで塩だらけで働く様子からつけられました。

海の上で強い日差しを浴び、潮風に吹かれて働く当時の人々にとって最適な一杯だったのでしょう。

ソルティドッグは元々ジンがベースだった

今ではウォッカベースでグレープフルーツジュースと合わせてつくるのがソルティドッグとなっていますが、実は元々ジンがベースでした。

当時のレシピは、シェイカーにジン、グレープフルーツジュース、塩をひとつまみ加えてシェイクして、カクテルグラスに注ぐスタイルでした。

イギリス生まれのこのカクテルは、アメリカに渡ったときに今の飲み方に変わり、1960年代に本格的に広がっていきます。

 

元々のソルティドッグはオールドソルティドッグともいわれており、飲んでみたい方はバーテンダーの方に聞いてみるとつくってくれると思います。

 

ソルティドッグのレシピ

ソルティドッグの材料。

材料

ウォッカ45ml

グレープフルーツジュース90ml

ウォッカとグレープフルーツジュース1:2でつくりました。

度数がきつい方は、1:3や1:4でつくるといいです。

 

ソルティドッグのつくり方

1.下準備。

グラスの縁にレモンの果汁をつけてぬらします。

斜め45度くらいに傾けると上手くつきやすいです。

(※このとき、グラスの内側にあまりつけないようにすると、塩がカクテルの内部に入りにくくなる。)

グラスの縁にレモンをつける。

塩を平らな皿に用意して、グラスのふちにつけていきます。

グラスの縁に塩をつける。

2.材料を注ぐ。

氷を入れたグラスに、ウォッカを45ml注ぎます。

ウォッカを注ぐ。

グレープフルーツジュースを90ml注ぎます。

グレープフルーツジュースを注ぐ。

3.ステア。

ゆっくりとステアしていきます。

ステアする。

4.完成。

完成したソルティドッグ。

 

ソルティドッグを飲んだ感想

グレープフルーツジュースのフルーティーな味わいがアルコール感をやわらげて、飲みやすいさっぱりとしたカクテルに仕上がりました。

グラスのふちにつけた塩がアクセントとなり、味をより一層引き立ててくれています。

今回はウォッカとグレープフルーツジュースの比率を1:2にしていたので、アルコールのパンチがあり飲みごたえがあるので、苦手な方は1:3もしくは1:4くらいにするともっと飲みやすいと思います。

 

 

スポンサーリンクディスプレイ2

スポンサーリンクディスプレイ1

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する「現役バーテンダー」と、お酒をただ飲むこと、食を楽しむことが大好きなアラサーが運営してます。 趣味カクテル、特技カクテル。 カクテルを中心に、ウィスキーなど洋酒が大好きです。

-カクテル
-, ,

Translate »

Copyright© Liquor Freak , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.