ゴードンジンのイメージ画像。

ゴードン ロンドン ドライジンとは?特徴・ラインナップ・おすすめの飲み方など徹底解説

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

ゴードンジンについて、どんなジンなのかを詳しく解説します。

 

ゴードン(Gordon)とは?

ゴードンジンのイメージ画像。

出典:ゴードンジンHP

世界でトップの販売数を誇るスタンダードジンのひとつで、黄色のラベルが特徴です。

本格的なバーでもカクテルによく使われる銘柄ですが、どんなジンなのかを詳しく解説します。

創業250年以上の歴史

1769年にイギリス人「アレクサンダーゴードン」は、ロンドンのサザークで会社を設立しました。

1786年にはクラーケンウェルに事業拠点を移します。

1898年にアレクサンダー・ゴードン社とチャールズ・タンカレー社が合併し、当時のジンメーカーで最大規模となる「タンカレー・ゴードン社」が設立されます。

その後、さまざまな製品を開発し世界各国に進出していき、現在では約180か国で愛飲されるジンとなりました。

 

なぜイノシシがボトルのラベルに描かれているのか?

ゴードンジンのイノシシの画像。

ゴードン家が高原地方で狩りを楽しんでいた時、イノシシにからスコットランド王を救ったことに由来しています。

その後、イノシシは勇気と決断力の象徴として、ボトルのラベルに取り入れられています。

 

1769レシピ

創設者の「アレクサンダー・ゴードン氏」は世界中を探索して、ジンにふさわしいハーブとボタニカルの組み合わせを探し出してゴードンジンをつくりました。

創業時のレシピを今もなお守り続けられており、会社の設立年から「1769レシピ」と呼び、そのレシピはわずか12名しか知らされていません。

 

ゴードンの特徴

製造方法・ボタニカル

ジュニパーベリーのイメージ画像。

ゴードンジンの製造方法や、使用されているボタニカルは公表されていないので、詳しくは調べられませんでした。

唯一わかっているのは、ジュニパーベリーが使用されているということです。

 

ゴードンおすすめの飲み方

G&T(ジントニック)

ゴードンは世界で初めてジントニックを生んだといわれており、通称G&Tと呼ばれています。

ジンと炭酸水でつくるジンリッキーや、ジンジャエールで割るジンバックなども美味しいですが、まずはジントニックがおすすめです。

完成したジンカクテル、ジントニックの画像。

レシピ

  • ジン45ml
  • ライム1/6~1/8カット
  • トニックウォーター135ml~180ml
  1. 氷を入れたグラスにジンを45ml注ぎ、カットライムを絞る。
  2. 軽くステアし、なるべく氷に当てないようにトニックウォーターを注ぐ。
  3. バースプーンでグラスの底から氷を持ち上げるように1,2回上下させる。

 

その他の美味しいジンベースのカクテルはこちらの記事で紹介しています。

>>元バーテンダーが教える!本当に美味しいジンベースのカクテル13選

 

ゴードンのラインナップ

ゴードンジンはアルコール度数が違うボトルや、容量、味が違うものなど複数のラインナップがあります。

ゴードンジン 37.5% 700ml

アルコール度数が低いタイプのゴードンジンで、お酒が強い方にとっては物足りないかもしれませんが、お酒が弱い方にはおすすめです。

ジン特有のジュニパーベリーの香りやその他ボタニカルの風味も豊かで、トニックウォーターやオレンジジュースなどで割っても、ジンの風味は強く残ります。

 

 

ゴードンジン 43%  700ml

アルコール度数が強いタイプのゴードンジンで、37.5%では物足りないという人におすすめです。

ゴードン特有の味わい、風味はそのままで飲みごたえのあるボトルです。

 

ゴードンジン 40度 200ml

容量700mlは多すぎる、試しに飲んでみたいという方におすすめの、容量200mlのゴードンジンです。

ゴードンのボタニカルの風味はそのままなので、はじめて飲む方におすすめ。

 

ゴードンジン グリーン 37.5% 700ml

20世紀はじめから受け継がれている、イギリスの現地向けのグリーンボトルのゴードンジンです。

日本で販売されているゴードンジンとは若干味わいが異なるので、飲み比べてみると面白いと思います。

個人的に飲み比べてみたので、味の違いはこちらの記事で紹介しています。

>>緑色!?ゴードン ジン グリーンとは?【レビュー】通常のゴードンと比較してみた

 

ゴードンジン ピンク 37.5% 700ml

ゴードンジンにラズベリーやイチゴの自然な甘さを加えてつくったピンク色のジンです。

天然のフルーツフレーバーのみを使用しているとのこと。

 

ゴードン スロージン

こちらはジンではなくリキュールです。

スローベリー(西洋スモモ)をジンやグレーンスピリッツに漬けこんでつくられており、日本で言うところの梅酒のようなものです。

 

終売したゴードン47.3%

ゴードンジンは、かつて47.3%のボトルを販売していました。

パンチの強いゴードンジンということでバーテンダーにも人気がありましたが、終売して度数が弱く味がやわらかくなったため、別のジンを使うバーテンダーもいたとか。

終売することがわかり多めに47.3%のボトルを購入されることもあり、現在も置いているバーはあるようです。

現在は手に入らないので、機会があれば飲んでみたいですね。

 

日本未発売のゴードンジン シチリアレモン

ゴードンジン シチリアレモンのボトルの画像。

出典:Gordon's Gin Official site

日本では発売されていないですが、ゴードン ジンのシチリアレモン風味のジンというのもあります。

日本に入ってくるかどうかは未定ですが、ゴードンファンにとっては気になるボトルですね。

 

まとめ

ゴードンジンについて、歴史やおすすめの飲み方、ラインナップなどを解説しました。

同じ価格帯のスタンダードのジンは他にビーフィーターやタンカレー、ボンベイサファイアなどがありますが、その中でもジンの風味が力強く「THE・ジン」という感じの銘柄がゴードンジンです。

個人的にもゴードンジンのジントニックが一番好きなので、まだ飲んだことがない方は一度試してほしい一本です。

 

スポンサーリンクディスプレイ2

スポンサーリンクディスプレイ1

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する「元バーテンダー」と、お酒をただ飲むこと、食を楽しむことが大好きなアラサーが運営してます。 趣味カクテル、特技カクテル。 カクテルを中心に、ウィスキーなど洋酒が大好きです。

-Gin

Translate »

Copyright© Liquor Freak , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.