完成したブランデーカクテル、フレンチコネクションの画像。

フレンチコネクション~ブランデーとアマレットの濃厚な味わい~

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

ブランデーとアマレットでつくる人気カクテル、フレンチコネクションをつくります。

度数が強く濃厚で甘いカクテルなので、お酒が好きな方が大好きな一杯です。

 

フレンチコネクションの由来

フレンチコネクションは、ウィスキーベースのカクテル「ゴッドファーザー」のバリエーションのひとつで、ウィスキーをブランデーに代えたカクテルです。

1971年公開の「フレンチコネクション」という映画が名前の由来だという説があります。

この映画のタイトル「フレンチコネクション」とは、トルコからフランスを経由してアメリカに輸出されていたヘロインの密売ルート・組織のことです。

 

フレンチコネクションのレシピ

フレンチコネクションの材料の画像。

材料

  • ブランデー45ml
  • アマレット15ml

 

フレンチコネクションのつくり方

1.材料を注ぐ。

氷を入れたロックグラスに、ブランデーを45ml注ぎます。

ブランデーを注ぐ画像。

アマレットを15ml注ぎます。

アマレットを注ぐ画像。

2.ステア。

最初はゆっくりと、徐々に早くバースプーンで混ぜて冷やします。

ステアする画像。

3.完成。

完成したブランデーカクテル、フレンチコネクションの画像。

 

フレンチコネクションを飲んだ感想

ブランデーの芳醇な香りとアマレットの杏子の甘みが合わさった、濃厚で甘いカクテルに仕上がりました。

今回使用したブランデーはバロンオタールVSOPで、個人的には軽やかな味わいの銘柄だと感じたので、パンチのある濃厚な味わいが好きな方は、レミーマルタンやヘネシーなどの銘柄がおすすめです。

また、ロックグラスは薄くて軽いタイプのものを使用しましたが、フレンチコネクションはゆっくりと味わって飲むカクテルなので、もっと厚めの重みのあるロックグラスで飲んだ方が美味しいだろうなと感じました。(贅沢を言うなら氷も丸氷がいいですね)

フレンチコネクションをつくるときの参考にしていただければ幸いです。

アルコール度数:約37度

 

使用した銘柄

 

スポンサーリンクディスプレイ2

スポンサーリンクディスプレイ1

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する「元バーテンダー」と、お酒をただ飲むこと、食を楽しむことが大好きなアラサーが運営してます。 趣味カクテル、特技カクテル。 カクテルを中心に、ウィスキーなど洋酒が大好きです。

-カクテル
-,

Translate »

Copyright© Liquor Freak , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.