完成したスパイシーブラッディメアリーの画像。

スパイシーブラッディメアリー~ブラッディメアリーを辛口にアレンジ~

今回は、ブラッディメアリーというカクテルをアレンジしてつくります。

ブラッディメアリーはウォッカとトマトジュースが基本のレシピですが、タバスコやレモン、ウスターソースを加えるなど、色々アレンジされています。

個人的にトマトは大嫌いなので、トマト嫌いでも飲めるようにつくってみました。

 

ブラッディメアリーの由来

ロンドンの画像。

ブラッディメアリーを直訳すると「血塗られたメアリー」といって、16世紀にプロテスタントを迫害したイングランドの女王「メアリー1世」から名づけられという説があります。

こんな恐ろしい名前のカクテルですが、トマトジュースが入っているため、二日酔い防止にいいカクテルと言われています。

 

ブラッディメアリーの標準レシピ

材料

  • ウォッカ 45ml
  • トマトジュース 適量
  • カットレモン
  • セロリ1本

大体、カクテルブックに載ってあるレシピはこれですが、

料理感覚でタバスコやウスターソース、塩コショウを好みでかけることもあります。

 

スパイシーブラッディメアリーのレシピ

材料

  • ウォッカ30ml
  • トマトジュース80ml
  • レモン3ml
  • ウスターソース10ml
  • タバスコ4dash
  • マルガリータソルト少々
  • 山椒パウダー少々
  • ブラックペッパー
  • ローズマリー

 

スパイシーブラッディメアリーのつくり方

今回ブラッディメアリーをアレンジして、自分好みのブラッディメアリーをつくっていきます。

1.トマトジュースをつくる。

生のトマトをミキサーにかけ、フレッシュなトマトジュースにします。

2.グラスのふちに塩・山椒をつける。

3.材料を注ぐ。

シェイカーに、ウォッカ30ml、トマトジュース80ml、レモン3ml、ウスターソース10ml、タバスコ4dashを注ぎます。

4.シェイク。

氷を入れてシェイクした後、茶こしで濾しながらグラスに注ぎます。

5.完成。

仕上げにブラックペッパーを振りかけ、ローズマリーを上に飾りました。

 

スパイシーブラッディメアリーを飲んだ感想

生のトマトを使いましたが、トマトの青臭さが全くなく、普通に飲めました!

しかしトマト感を消すために、ウスターソースとタバスコを入れすぎたため、かなり辛く仕上がりました。

けっこう口がひりひり痺れる美味しさです。辛いのが好きな方にはおすすめです。

個人的にはウスターソースは5ml程度、タバスコは1dashくらいでよさそうです。

生のトマトとウスターソースがスープのような口当たりと味を生み出しており、 タバスコ、ブラックペッパーにより、スパイシーに仕上がりました。 グラスの縁に塩と山椒をまぶしてあるため、お好みで味に変化をつけることができるため、飲み飽きないです。 もしセロリがあれば、ソース感覚で一緒に食べれたのでなおよかったかなと思います。

アルコール度数:約9度

 

使用した銘柄

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する元バーテンダー。 いまは家でお酒を飲みつつ、バーをめぐりながらお酒を楽しんでいます。 福岡を中心に活動中で、カクテルやバーに興味を持ってもらう入り口になれればと思って運営しています。 ジンやカクテル、洋酒、バーについて、初心者でもわかるように解説!をモットーに投稿していきます。

-ウォッカベース
-,

Translate »