イチローズモルト。

ウィスキーを知る【イチローズモルト】ジャパニーズ

サントリーやニッカなどの長い歴史があるわけではないが、

世界中で話題のクラフトディスティラーズがあります。

それが、秩父蒸留所です。

お酒が好きな方は、ご存じの方が多いと思いますが、

あまり知らない方、勉強し始めの方には、なじみの薄いウィスキーではないでしょうか??

この蒸留所がつくるウィスキーは、イチローズモルトといって、発売したとたんすぐに売り切れてしまう

そんなウィスキーです。

イチローというと、元プロ野球選手のイチロー選手がいますが、残念ながら関係はありません。

つくった方が肥土伊知郎(あくといちろう)という方で、ウィスキー業界では紛れもなく、世界のイチローという地位を築いているのです。

日本が世界に誇るウィスキーのひとつでもある、このイチローズモルトについて今回は掘り下げていきます。

 

 

現場で感じたイチローズモルトの実状

筆者がバーで働いていたとき感じたのは、イチローズモルトは人気があるわけではない

ということでした。

いや、正確には、イチローズモルトを知らない方が多いので、注文されること自体が少ない。

ということです。

イチローズモルトを置いているバーも少ないため、なかなか出会うことがなく、知らないのも当然です。

ウィスキー好きな方に

「イチローズモルト飲みたいけど、どこ行ってもないんだよな。」

と言われることもありました。

その方に、置いているバーを教えると

「そんないい情報教えちゃっていいの?ありがとう!!」

と喜ばれており、このウィスキーの人気をひしひし感じました。

 

イチローズモルトの種類

そんな人気で、現在品薄のイチローズモルト。

どんな種類があるのか、見ていきたいと思います。

 

イチローズモルト&グレーン

世界中の9つの蒸留所のモルト原酒と、2つの蒸留所のグレーンウィスキーをブレンドした、

ブレンデッドモルトです。

2011年にリリースされました。

スーパーやコンビニにはありませんが、酒屋さんではよく見かけます。

参考価格:約4000円で、お手頃です。

 

イチローズモルト ダブルディスティラーズ

羽生蒸留所と秩父蒸留所の原酒をブレンドした、ブレンデッドモルトです。

2009年WWA(ベストジャパニーズ・ブレンデッドモルト)にも選ばれています。

2009年にリリースされました。

参考価格:約15000円。

 

イチローズモルトMWR(ミズナラ・ウッド・リザーブ)

ミズナラ樽で熟成させたブレンデッドモルトです。

2010年にリリースされました。

ピートの強いタイプをブレンドしてつくられているそう。

参考価格:約15000円です。

 

イチローズモルト ワインウッドリザーブ

フレンチオーク製の赤ワイン樽で熟成させたブレンデッドモルトです。

華やかさでフルーティー、ビターチョコレート、オレンジピールなど複雑でエレガントな仕上がり。

2010年にリリースされました。

参考価格:約15000円です。

イチローズモルト&グレーン リミテッドエディション

秩父で熟成された、個性豊かなモルト原酒やグレーン原酒をバランスよくブレンドした、

ブレンデッドモルトです。

参考価格:約17000円です。

最後に

今回紹介したイチローズモルトは、リーフラベルシリーズ

と呼ばれ、ブレンデッドウィスキーになります。

イチローズモルトはその他、

  • シングルモルト「秩父」シリーズ
  • カードシリーズ
  • ニューボーンシリーズ

等いろいろリリースされています。

これらは希少価値が高く入手困難で、何十万もの価値があります。

それに比べると、リーフラベルシリーズは入手しやすいものとなっています。

是非一度、試されていはいかがでしょうか?

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する元バーテンダー。 いまは家でお酒を飲みつつ、バーをめぐりながらお酒を楽しんでいます。 福岡を中心に活動中で、カクテルやバーに興味を持ってもらう入り口になれればと思って運営しています。 ジンやカクテル、洋酒、バーについて、初心者でもわかるように解説!をモットーに投稿していきます。

-お酒

Translate »