エンプレス1908ジンのボトルの画像。

【エンプレス1908ジン レビュー】青からピンクに色が変わる!花のような香味のジン

色が青からピンクに変化するちょっと変わったジン「エンプレス1908ジン」。

  • ジン選びで失敗したくない。
  • このジンの味が気になる。

という方へ、このジンの特徴や実際に飲んだ感想を紹介します。

最初に軽くお伝えすると、ジン感はあまりなく、花のような香味と色が変わるおもしろいジンです。

¥3,868 (2022/09/29 15:40時点 | Amazon調べ)

エンプレス1908 ジン:製品概要

エンプレス1908ジンのボトルの画像。

エンプレス1908ジン」は、カナダでつくられている色の変わるジンです。

製品名エンプレス1908ジン
品目蒸留ジン
アルコール42.5度
容量750ml
原産国カナダ
メーカーヴィクトリア蒸留所とザ・フェアモント・エンプレスホテルがコラボ
ボタニカルジュニパーベリー/フェアモント•エンプレス•ブレンドティー/グレープフルーツピール/
コリアンダーシード/バタフライピーブロッサム/ローズペタル/ジンジャールート/シナモンバーク
参考価格3,955円
公式HPhttps://www.empressgin.com/

エンプレス1908 ジン:特徴

エンプレス1908ジンがどんなジンなのか、特徴を3つにまとめてお伝えします。

ヴィクトリア蒸留所と老舗ホテルがコラボ

ザ・フェアモント・エンプレスホテルの画像。
ザ・フェアモント・エンプレス・ホテルの画像

エンプレス1908ジンは、カナダの最も有名な蒸留所「ヴィクトリア蒸留所」とカナダの老舗ホテル「ザ・フェアモント・エンプレス・ホテル」がコラボしてつくられたジンです。

ジンがつくられたのは1986年で、名前の「1908」はホテルの創業年が由来となっています。

「エンプレス 1908」は老舗ホテルが創業した1908年からとって名づけられたんですね。

ジンが青からピンク色に変化

色が青からピンクに変わるイメージ画像。

このジンの最大の特徴は、色が変化するところ。

ジンに使用されているバタフライピーにはアントシアニン色素が含まれており、アルカリ性溶液で青色をしています。

酸性になるとピンク色に変わる特性があるため、このジンにレモンやライムをしぼったり、トニックウォーターを加えたりするとジンの色が青からピンクに変わる不思議なジンです。

色があざやかでおしゃれなジン!

天然素材8種のボタニカル

バタフライピーの画像。
バタフライピーの画像

このジンは着色料などは不使用で、すべて天然のボタニカルが使用されています。

バタフライピーだけでなく、ザ・フェアモント・エンプレス・ホテルのオリジナルの紅茶や乾燥させたバラの花などのボタニカル合計8種類です。

ボタニカル8種

  1. ジュニパーベリー
  2. フェアモント・エンプレス・ブレンドティー
  3. グレープフルーツピール
  4. コリアンダーシード
  5. バタフライピーブロッサム
  6. ローズペタル
  7. ジンジャールート
  8. シナモンバーク
¥3,868 (2022/09/29 15:40時点 | Amazon調べ)

エンプレス1908 ジン:レビュー

エンプレス1908ジン 5種類の飲み方

エンプレス1908ジンを実際に、オーソドックスなジンの飲み方5つでそれぞれ飲んで感想をお伝えします。

飲み方のおすすめ度
ストレート
1
ロック
1
水割り
2
ソーダ割り
3
ジントニック
5

ストレート

エンプレス1908ジンのストレートの画像。

グラスに注ぐと、あざやかなむらさきに近い濃い青色(ウルトラマリンブルー)の見た目をしています。

ジン特有のジュニパーの香りよりもお花の香りが強い印象です。

甘みはなく、スパイシーな後味で独特なクセのある味わい。

アルコール感はしっかりあるのでストレートで飲むのはきついですね。

ロック

エンプレス1908ジンのロックの画像。

氷を入れてロックで飲んでみます。

ロックにしてもお花の香りやアルコールはきつく、ゆっくりと味わって飲むのには向いていないように感じました。

水割り

エンプレス1908ジンの水割りの画像。

ジン1:水2.5くらいの割合で水割りにして飲んでみます。

水で割ると濃い青色がうすまり、また違った色合いに。

花由来の香味が独特で紅茶っぽい味わいがありますが、個人的には水割りもあまりおいしいとは思いませんでした。

ソーダ割り

エンプレス1908ジンのジンソーダの画像。

ジンソーダにして飲んでみます。

ソーダで割ると、透き通ったむらさきのような色合いに。

炭酸がさっぱりとしており、華やかなボタニカルの香りがあります。

ジン感はあまりなく、花の香りが好きな人におすすめです。

ジントニック

エンプレス1908ジンのジントニックの画像。

ジンの定番カクテル、ジントニックにして飲んでみます。

ライムをしぼってトニックウォーターで割ると、ピンク色になりました。

トニックの苦味と酸味がジンとマッチし、爽やかで飲みやすいカクテルに。

やはりジントニックが一番おすすめの飲み方です。

エンプレス1908 ジン:こんな人におすすめ

エンプレス1908ジンがどんな人におすすめか、実際に飲んだ感想をもとにお伝えします。

紅茶が好きな方や、花の香りが好きな方におすすめです!
こんな人におすすめ
  • 植物や花が好き
  • 紅茶が好き
  • 味だけでなく見た目も楽しみたい
  • ちょっと変わったジンを試してみたい
  • 友達や恋人のプレゼントを探している

ジン特有のジュニパーの香りはあまりなく、お花のような香りのジンなので、植物や花が好きな女性におすすめです。

ブレンドティーやバタフライピー、ローズペタルがボタニカルに使用されていることもあり、紅茶のような味わいもあります。

花のような独特な香りや香味は、人によって好き嫌いがわかれるかと。

ジンそのものを楽しむというよりも、ジントニックなどのカクテル用としてや、色の変化を見て楽しむ、そんな1本だと感じました。

¥3,868 (2022/09/29 15:40時点 | Amazon調べ)

エンプレス1908 ジン:ネットの口コミ・評判

ネットでの口コミ・評判をまとめました。

いい評価
悪い評価
  • 鮮やかなブルーの色が、トニックウォーターを加えると、ピンクがかった紫色に変化。1日の終わりの癒しの時間になっている。
  • 友達へのプレゼントとして購入し、とても喜んでくれた。
  • 炭酸水で割ると色が変わり、飲みすぎても次の日に残らない。
  • きもち柑橘系の風味が入る分、他のジンよりも酸味が感じられる。個人的に飲みやすく、トニックが一番おいしいと感じた。
  • 見た目は面白いが、口に合わなかった。
  • インスタ映えの見た目だけの商品で、ジンの味や香りを楽しみたい方にはおすすめしない。

いい評価がほとんどでしたが悪い評価もちらほら。

いい評価では、プレゼントして喜んでもらえたという感想や、飲みやすくておいしいという意見がありました。

一方では、悪い評価として、見た目はいいけど味はおいしくないという意見もあります。

人それぞれ感じ方は違いますが、ちょっと変わったジンを試してみたい方や、プレゼントとして選ばれる方にはいいと思います。

購入時の参考にしてもらえれば幸いです。

エンプレス1908 ジン:まとめ

ジンの特徴や飲んだ感想、おすすめカクテル、こんな人におすすめ、ネットの口コミなどを紹介しました。

独特な花のような香味は好き嫌いがわかれそうですが、色が変化する様子が見ていて楽しく、おもしろいジンでした。

この記事を読んで、

エンプレス1908ジンについて理解が深まった!

購入の参考になった!

という方がいらっしゃれば幸いです。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

¥3,868 (2022/09/29 15:40時点 | Amazon調べ)

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

-ジン

Translate »