【氷不要】【10秒】でできる【時短】本格ハイボールの作り方

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

みなさん、こんばんは!

今からお伝えするハイボールは、氷不要10秒でできる、【時短】本格的なハイボールです。

これは、有名な人気のバーでも用いられる技法で、きちんとした意味があってつくられるハイボールです。

【時短】といってしまうと失礼だと言うかたもいらっしゃると思いますが、

悪い意味で使っているわけではないので、どうかご了承ください。

ここで時短ハイボールを紹介する目的は、

誰でも、簡単に、美味しいハイボールをつくってほしい。

という気持ちだけです。

前置き

最近【ハイボールの美味しい作り方】ということで、

グラスに氷を入れる ⇒ ステアする ⇒ 水を切る ⇒ ウィスキーを注ぐ ⇒ ステアする ⇒氷を追加 ⇒ 氷にあてないように炭酸をゆっくり注ぐ

⇒ 縦に1回ステアする ⇒ 完成

といった、プロのバーテンダーが意識している技を紹介している記事や動画をよく見かけます。

観たことない方は、ネットで「ハイボール」と検索すればすぐに出てきます。

この方法は、確かにバーでプロがつくる、美味しいハイボールの作り方です。

しかし、こう思う方も、中にはいらっしゃるのではないでしょうか??

「面倒くさい!!」

工程だけでも軽く8回は動作がいります。

また、氷も、コンビニやスーパー等で売られているような、透明の氷を推奨しています。

家になければ、わざわざ買いに行かなければなりません。

ゆっくりと時間に余裕があるときはいいですが、

仕事帰りで疲れた後

掃除、洗濯、料理など、家事や育児で疲れた後など

忙しく疲れているときも、時間をかけてまでハイボールをつくりたいですか?

この作り方を否定しているわけではありません。

私も普段は、上記の方法でハイボールをつくりますが、

時と場合で使い分けて、時短ハイボールをつくっています。

時短ハイボールの作り方

前置きが長くなりましたが、今から作り方を説明します。

用意するもの

●グラス

●ウィスキー(冷凍保存したもの)

●炭酸水(よく冷えたもの)

これ以外は、氷もバースプーンも必要ありません。

1、ウィスキーを冷凍保存。

ウィスキーのボトルを、冷凍庫で冷やします。

(アルコール度数が一定以上あるため、中身は凍りません。)

2、グラスにウィスキーを注ぐ。

あらかじめ冷凍保存していたウィスキーを、空のグラスに注ぎます。

(比率はお好みですが、ウィスキー1に対して、炭酸水くらいが目安です。)

3、炭酸水を注ぐ。

ウィスキーの上から炭酸を注ぎます。

最初は斜めからゆっくりと、

徐々にグラスを起こしていきます。

グラスの半分以上炭酸を注いだら、グラスをまっすぐにし、勢いよく注ぎます。

(途中から垂直に勢いよく注ぐことで、対流が生まれ、しっかりと混ざります。)

4、完成。

氷なし、たった3つの工程でハイボールができました。

味わい

しっかりと炭酸のきいた美味しいハイボールが、たったの10秒でできました。

ただ、難点が1つあります。

飲み始めは最高ですが、氷が入っていないので、ぬるくなるのが早いです。

もし少し手間をかけてよければ、

グラスをあらかじめ冷凍庫や冷蔵庫で冷やしておけば、より美味しく、より長く楽しめます!!

金額

今回使った材料で、いくらかかったか調べてみます。

ウィスキー(ブラックニッカ) ⇒¥756

炭酸水(ウィルキンソン) ⇒¥110   

合計¥974円   

一杯分の値段

ウィスキー(30mlの場合) ⇒ 23杯分 ¥756÷23杯 =¥32

炭酸水(120mlの場合) ⇒ 4杯分 ¥110÷4杯 = ¥27

合計¥59

原価約60円ほどで、ハイボール一杯が飲めます。

ポイント

ここでは、時短ウィスキーを美味しく飲むためのポイントをいくつか説明します。

1、ウィスキーの銘柄

使うウィスキーは好みなので、実際何でもいいです。

個人的には、約1000円くらいの安いウィスキーの方がいいと思います。

高いウィスキーでもいいですが、この方法でハイボールを作るとぬるくなるのが早く、ゆっくりと味わいたいときには向きません。

今回使用したのはブラックニッカで、価格は756円とお手頃です。

2、炭酸水の選び方

炭酸は、なるべく強めのものを選びましょう。

今回使用したのは、ウィルキンソンの炭酸水です。

プロもよく使うウィルキンソンは、炭酸が強めで、泡がきめ細かいため、口当たりがさっぱりしています。

他にも、セブンイレブンの強炭酸や、カナダドライのストロング強炭酸水もおススメです。

ネットの24本まとめ売りで安く購入できます。

3、グラスの種類

うすはりグラスをおススメします。

口の薄さによって、最初の口当たりやのどごしが変わってきます。

口が厚めのものより薄い方が、ウィスキーの味や炭酸のはじけ方が強く感じます。

ビールをうすはりグラスで飲んだことがある方はわかると思いますが、味が格段に上がります。

今回使った薄はりグラスは、庶民の味方ダイソーで購入しました。

今回使ったグラスは、少し容量が多すぎましたので、

容量200ml程度のグラスを選ぶとちょうどいいと思います。

 

本格的なうすはりグラスをお求めの方は、こちらの木村硝子のうすはりグラスがおススメです。

プロのバーテンダーも使用するグラスで、口の薄さは約1㎜

約100年以上続く老舗ブランドです。

まとめ

誰でも簡単にできる【時短】ハイボールの作り方はいかがだったでしょうか?

あらかじめウィスキーを冷凍庫に入れておけば、あとは注ぐだけです。

もし冷凍庫の空きスペースが小さければ、

熱湯消毒をした小さめの瓶に、ウィスキーをいれておく。

という方法もあります。

丁寧に作るハイボールも美味しいですが、

時短のハイボールも最高に美味しいカクテルです。

作るポイント

  1. ウィスキーは冷凍しておく。
  2. ウィスキーの銘柄は安いものでいい。
  3. グラスを冷やしておくとgood!
  4. 炭酸水はなるべく炭酸が強いもの。
  5. 薄はりグラスで飲むと、より美味しい。

みなさんも、時と場合によって、使い分けてみては??

 

 

 

スポンサーリンクディスプレイ2

スポンサーリンクディスプレイ1

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する「現役バーテンダー」と、お酒をただ飲むこと、食を楽しむことが大好きなアラサーが運営してます。 趣味カクテル、特技カクテル。 カクテルを中心に、ウィスキーなど洋酒が大好きです。

-コラム

Translate »

Copyright© Liquor Freak , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.