ブランデーカクテル、ニコラシカ。

ニコラシカ~ブランデーベースの一気飲みカクテル~

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

口の中で完成させるカクテルともいわれるニコラシカ。レモンと砂糖の酸味、甘みに加え、ブランデーの芳醇な香味がおいしい一杯です。

 

ニコラシカの由来

ニコラシカの誕生には諸説あるので、これが正しいというのはわかっていません。

  1. 帝政ロシアの皇帝ニコライ二世(1894~1917)は、常にレモンとともにウォッカを一気飲みしていた。そのウォッカがいつのまにかブランデーにかわっていたという説。
  2. ドイツのハンブルクで誕生したという説。

 

ニコラシカのレシピ

ニコラシカの材料。

材料

  • ブランデー  ショットグラスorリキュールグラス 1杯分(8~9分目くらい)
  • レモンスライス1枚
  • 砂糖2~3tsp(上白糖を使用。)

※レモンを切る時は、できるだけキレ味がいい包丁で、繊維を傷めないように切るのがおすすめです。

※砂糖は、上白糖が固まりやすいので形がきれいにできます。グラニュー糖でもいいですが、その場合は固まらないので、レモンスライスにのせるだけで大丈夫です。

 

ニコラシカのつくり方

1.下準備

レモンを1枚スライス。

レモンを切る。

メジャーカップの30mlの方に、砂糖を1~2tsp入れる。

(15mlのメジャーカップがあれば、それを使用してもいいです。)

メジャーカップに砂糖を入れる。

バースプーンで押し固めて成型する。

砂糖を成型する。

2.材料を注ぐ。

ショットグラスやリキュールグラスにブランデーを注ぐ。

グラスに注がれたブランデー

レモンスライスをグラスの上にのせ、その上から砂糖が入ったメジャーカップを逆さに被せる。

グラスに置かれたレモンとメジャーカップ。

3.完成。

メジャーカップを外して、完成。

少し傾いて、斜め被りみたいにおしゃれになりました。

完成したニコラシカ。

 

ニコラシカの飲み方

どうやって飲むんだろう?と疑問に思う方もいると思うので、このカクテルの飲み方を簡単に説明します。

  1. 砂糖がのっているレモンスライスをそのまま口の中に運びます
  2. 何度か口の中で噛むと、レモンと砂糖が混ざりあい、酸味が落ち着いてきます。
  3. 落ち着いてきたところでブランデーを一気に口に流し込みます
  4. 酸味と甘みがブランデーと合わさり、芳醇な甘酸っぱいカクテルが完成します。
  5. その味わいを楽しんだら飲み込み、鼻の奥から抜ける香り、口に残った芳醇な後味の余韻に浸ります

 

人それぞれ色々な飲み方があると思います。

罰ゲームのように一気に飲むのもいいですが、ゆっくり味わうのもまた違う楽しみ方のひとつです。

 

ニコラシカを飲んだ感想

レモンの酸味と砂糖の甘味、ブランデーの芳醇な香味が合わさり、満足感のある一杯でした。

食後やお酒の締めにピッタリで、最後に口の中に残る香りが、なんとも言えない至福のひとときを演出してくれます。

お酒が苦手な方はきついかもしれませんが、好きな方には是非試してもらいたいカクテルです。

アルコール度数:約40度

 

使用した銘柄

ブランデー:バロン オタールVSOP

ミディアムボディで、スムースな味わいのブランデーです。

 

スポンサーリンクディスプレイ2

スポンサーリンクディスプレイ1

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する「現役バーテンダー」と、お酒をただ飲むこと、食を楽しむことが大好きなアラサーが運営してます。 趣味カクテル、特技カクテル。 カクテルを中心に、ウィスキーなど洋酒が大好きです。

-カクテル
-

Translate »

Copyright© Liquor Freak , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.