ドライベルモットの銘柄3種類。

ドライベルモットとはどんなお酒?銘柄の味の違いは?飲んで比較してみた。

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

「ドライベルモット」といわれても、普段お酒をあまり飲まない方には聞きなれないと思います。

簡単に説明すると、白ワイン+ハーブ・スパイスです。

今回はこのドライベルモットについて、

「そもそもどんなお酒なのか?」

「どんな銘柄があって味はどのように違うのか?」

「おいしい飲み方は?」

など、解説していきます。

 

ドライベルモットとは?

ベルモットの説明。

ドライベルモットとは、ベルモットの種類のひとつで、白ワインをベースに、ハーブやスパイスを配合してつくられるフレーバードワインです。

ベルモットには、ドライベルモット・スイートベルモットの2種類あり、名前の通り、ドライ=辛口、スイート=甘口です。

ワインということもあり、主にフランスやイタリアで多く生産されています。

アルコール度数は約14~20%前後で、通常のワインよりも少し度数は高めです。

 

人気ドライベルモット3種

ドライベルモットはいろいろな会社が販売していますが、今回はバーでカクテルとして使われることが多い3種類を厳選して紹介します。

 

チンザノ ベルモット・エクストラドライ

1757年創業のチンザノ社は、イタリアを代表するベルモットで一番有名です。リーズナブルでカクテルにも合わせやすく、居酒屋からバーまで幅広く使用されています。

 

ノイリープラット・ドライ

1813年にフランスで誕生しました。カクテルをつくるときにこのドライベルモットを使うバーテンダーは多く、コクがあるので料理にも使用されます。

 

ドラン シャンベリー・ドライ

1821年にフランスでレシピが発明されました。AOCというフランスの品質保証を受けており、その品質は国のお墨付きです。このドライベルモットをカクテルに使うバーテンダーも多いです。

 

ドライベルモット3種飲み比べ

紹介した3種類のドライベルモットはどれも人気で、それぞれ特徴が異なります。

どう違うのでしょうか?

主観的ではありますが、実際に飲み比べてみました。

ドライベルモットの銘柄3種類。

 

チンザノ

甘み:☆

酸味:☆☆☆

香草感:☆

度数:18%

ノイリープラット

甘み:☆☆☆

酸味:☆☆

香草感:☆☆☆

度数:18%

ドラン

甘み:☆

酸味:☆☆

香草感:☆☆

度数:17.5%

 

総評

ノイリープラットが一番味がしっかりと感じられ、コクがありました。

チンザノは甘みはほぼなく一番辛口で、あと味がすっきりしています。

ドランは上品な風味で、てきどな酸味と香草感がありました。

(辛口) チンザノ < ドラン < ノイリープラット (甘口)という順番でした。

 

どれが一番おいしいかは人それぞれで、飲み方によっても変わります。

個人的にはロックで飲むならノイリープラット、カクテルに使うならドランかなーという感じです。

 

ドライベルモットおいしい飲み方

ドライベルモットはどのように飲めばいいか、おいしい飲み方を紹介します。

じっくり味わうなら【ロック】

バーでよく飲まれる飲み方が、ドライベルモットのロック。

ワインの気分だけど、少しクセがあって度数が強い方がいい。という人におすすめです。

 

ただのロックじゃ物足りないなら【ハーフ&ハーフ】

ドライベルモットだけだと、辛すぎる。もう少し甘いほうがいい人には、ハーフ&ハーフ。

ドライベルモットとスイートベルモットを、氷を入れたロックグラスに同量注いでステアします。

辛口と甘口の中間の味わいです。

 

カクテルでかっこよく飲むなら【マティーニ】

カクテルの王様とも呼ばれ、一度は聞いたことがあると思います。

自分でつくるのは少し難しいですが、バーに行ったら頼んで欲しいカクテルです。

マティーニの作り方はこちらを参考にどうぞ。

グラスに入ったカクテル、マティーニ
カクテルの王様【マティーニ】

世界中で人気のカクテル。 いろんなバーテンダーが、こぞって極めようと努力します。 銘柄、分量、ステアの技術など、少しの違いで味わいが激変するので、 マティーニのレシピは星の数ほど。ともいわれます。 目 ...

続きを見る

 

ドライベルモットを飲んでみよう!

これまで、ドライベルモットとはどんなお酒か紹介してきました。フレーバーがついているワインなので、ワインが好きな方も苦手な方も、一度は試してみて欲しいお酒です。そのまま飲むのもいいですし、カクテルにしてもおいしく楽しめます。是非試してみて下さい。

スポンサーリンクディスプレイ2

スポンサーリンクディスプレイ1

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する「元バーテンダー」と、お酒をただ飲むこと、食を楽しむことが大好きなアラサーが運営してます。 趣味カクテル、特技カクテル。 カクテルを中心に、ウィスキーなど洋酒が大好きです。

-コラム

Translate »

Copyright© Liquor Freak , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.