ラムベースのカクテル、キューバリブレ。

キューバリブレ(キューバリバー)~暑い日に飲みたいさっぱりラムカクテル~

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

キューバリブレはほぼラムコークと同じレシピで、ラムコークにライムが入ったカクテルになります。

キューバリブレまたはキューバリバーと呼ばれることもありますが、英語にするとCuba Libreなのでどちらでも大丈夫です。

コーラを使用するスタンダードカクテルは少ないですが、ラムとコーラの相性は抜群で暑い日に飲みたい一杯です。

今回はそのキューバリブレをつくっていきます。

 

キューバリブレの由来

キューバの町。

1902年頃、スペインからキューバが独立したころに誕生したカクテルだと言われています。

米西戦争で、アメリカがスペインに勝利したことがキューバ独立に大きく関わっており、キューバ特産のラムとアメリカのコーラで独立を祝ってつくられました。

独立した際の合言葉が「Viva Cuba Libre!」=キューバの自由万歳!という意味で、それがそのままカクテル名になっています。実は深い歴史のあるカクテルだということがわかりますね。

 

キューバリブレのレシピ

キューバリブレの材料の画像。

材料

  • ラム45ml
  • ライム1/6
  • コーラ適量

コーラは糖質が多いので、カロリーゼロのコカ・コーラを使用しました。

 

キューバリブレのつくり方

1.材料を注ぐ。

氷を入れたロンググラスにラムを45ml注ぎます。

ラムを注ぐ画像。1/6にカットしたライムをしぼり入れます。

ライムをしぼる画像。

2.ステアする。

ステアして材料を混ぜて冷やします。

ステアする画像。

3.コーラを注ぐ。

なるべく氷に当てないよう、液体に向けてコーラを注ぎます。

コーラを注ぐ画像。

4.ビルド。

炭酸があまり抜けないように、氷をしたから持ち上げて軽く混ぜます。

ステアする画像。

5.完成。

ラムベースのカクテル、キューバリブレ。

 

キューバリブレを飲んだ感想

ラムの独特な風味とコーラが合わさって、甘くてさっぱりとした味わいに仕上がりました。

今回はラム45ml使用しましたが、けっこうアルコール感が強く感じました。

30mlくらいにすると飲みやすいと思います。

ラムの風味が苦手な方にはきついかもしれませんが、ライムをしぼることでよりさっぱりと仕上がり、飲みごたえのあるロングカクテルとなります。

暑い夏の日にはのどを潤してくれる一杯です。

簡単につくれるので是非つくってみてください!

アルコール度数:約9度

 

使用した銘柄

ラム:バカルディ スペリオール

代表的な人気のラムです。

 

スポンサーリンクディスプレイ2

スポンサーリンクディスプレイ1

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する「元バーテンダー」と、お酒をただ飲むこと、食を楽しむことが大好きなアラサーが運営してます。 趣味カクテル、特技カクテル。 カクテルを中心に、ウィスキーなど洋酒が大好きです。

-カクテル
-, ,

Translate »

Copyright© Liquor Freak , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.