完成したラムカクテル、フーマンチューの画像。

フーマンチュー~ラム・ミント・オレンジの爽やかショートカクテル~

今回は、ラムベースのさっぱりカクテル「フーマンチュー」をつくります。

あまり知られていないカクテルですが、ミントの清涼感とオレンジの風味が合わさった美味しいカクテルです。

フーマンチューの由来・レシピ・つくり方・飲んだ感想をお伝えします。

 

フーマンチューの由来

フーマンチューとは、イギリスの作家「サックスローマー」が創造した架空の中国人「フーマンチュー博士」から名づけられました。

博士は、世界征服をもくろむ悪人で、彼を描いた映画は数多く制作されています。

 

フーマンチューのレシピ

フーマンチューの材料の画像。

材料

  • ラム40ml
  • ホワイトペパーミントリキュール10ml
  • オレンジキュラソー10ml
  • レモンジュース5ml

 

フーマンチューのつくり方

1.材料を注ぐ。

シェイカーに、ラムを40ml注ぎます。

ラムを注ぐ画像。

ホワイトペパーミントリキュール10ml注ぎます。

ホワイトペパーミントリキュールを注ぐ画像。

オレンジキュラソーを10ml注ぎます。

グランマルニエを注ぐ画像。

レモンジュースを5ml注ぎます。

レモンジュースを注ぐ画像。

 

2.シェイク。

シェイカーに氷を入れてシェイクし、カクテルグラスに注ぎます。

フーマンチューを注ぐ画像。

 

3.完成。

仕上げにオレンジスライス1/2を飾り、完成です。

完成したラムカクテル、フーマンチューの画像。

 

フーマンチューを飲んだ感想

つくる前は味の想像が全くできませんでしたが、飲んでみるといい意味で期待を裏切られました。

ベースのラムとペパーミントの清涼感、オレンジキュラソーの甘味が見事にマッチした、さっぱりと美味しく仕上がりました。

味のバランスもよく、個人的にかなり好きな味わいのカクテルです。

お酒が強い方で、さっぱり系のショートカクテルを飲みたいときにおすすめです。

アルコール度数:約30度

 

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する元バーテンダー。 いまは家でお酒を飲みつつ、バーをめぐりながらお酒を楽しんでいます。 福岡を中心に活動中で、カクテルやバーに興味を持ってもらう入り口になれればと思って運営しています。 ジンやカクテル、洋酒、バーについて、初心者でもわかるように解説!をモットーに投稿していきます。

-ラムベース
-, , ,

Translate »