カクテル【ソルクバーノ】

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

さっぱりとした飲みやすいカクテルの代表的一杯。

バーではよく飲まれているカクテルですが、知らない方は多いのと思います。

起源説

ソルクバーノは、「キューバの太陽」という意味です。

神戸のバーテンダー木村義久氏が考案しました。

さっぱりと爽やかなカクテルです!

実は、海外ではあまりソルクバーノというカクテルは知られていません。

日本人がつくったスタンダードカクテルでは代表的な、誰でも飲みやすいカクテルです。

レシピ

手順

1.材料を準備。

  • ホワイトラム
  • グレープフルーツ(ホワイト⇒さっぱり or ルビー⇒少し甘い)
  • トニックウォーター

2.グレープフルーツを搾る。

グレープフルーツを半分にカットします。

真ん中の房をくり抜きます。

極力えぐみを出したくないので。)

グレープフルーツの表面を、ナイフで刺します。

少ない力で果汁を出すため。)

大きめのスクイザーで、やさしく搾ります。

種が入らないように、茶こしで濾します。

3.グラスに材料を注ぐ。

まず、グラスに氷を入れていき、

ラムを40ml注ぎます。

グレープフルーツを40ml注ぎます。

ステアして、ラムとグレープフルーツを混ぜます。

上からトニックウォーターを注ぎます。

4、ステア。

炭酸が抜けないよう、軽くステアします。

5、完成。

ソルクバーノの完成です。

味わい

さっぱりで炭酸ロングカクテルが好きな方におススメです。

グレープフルーツを、生の果物を使用するか、市販のジュースを使うか

ホワイトかルビーかによって味わいが変わります。

お酒があまり強くない方は、グレープフルーツとトニックウォーターを多めに作るといいと思います。

今回は、バカルディのホワイトラム、生のグレープフルーツ(ルビー)、カナダドライのトニックウォーターを使用しました。

バカルディのラムはあまりクセがなく、ほんのり甘味があります。グレープフルーツのルビーにも甘味があります。

そのため、甘みのあるさっぱりとしたソルクバーノに仕上がりました。ホワイトのグレープフルーツを使用すると、酸味があるのでよりさっぱりとします。

そのときの好みで使い分けてください。

 

今回使用した材料

バカルディのホワイトラムは、そこまで強いクセがないので、

カクテル作りにはおススメです。

トニックウォーターは、スーパーで買おうと思っても、置いてあるところが少ないことがあります。

通販で購入すれば、送料無料でまとめて買えます。

24本入りで2300円ほどなので、普通にお店で買うよりは安いです。

是非、作ってみて下さい!

スポンサーリンクディスプレイ2

スポンサーリンクディスプレイ1

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する「現役バーテンダー」と、お酒をただ飲むこと、食を楽しむことが大好きなアラサーが運営してます。 趣味カクテル、特技カクテル。 カクテルを中心に、ウィスキーなど洋酒が大好きです。

-カクテル
-, ,

Translate »

Copyright© Liquor Freak , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.