NAS【ノンエイジ】ウィスキー

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

山崎や白州など、12年や18年物の希少価値が高く、お目にかかることは少なくなりました。

その代わりに、年数が書いていないウィスキーはたまにスーパーなどでも見かけます。

年代ものと、年数が書いていないウィスキーの違いは?

値段は全然違うのに、同じ銘柄。

値段が違うのにはきちんと理由があります。

知っている方も多いとは思いますが、今一度ここで、深く掘り下げていきたいと思います。

NASとは

Non Age Statement(ノン・エイジ・ステートメント)の略です。

ボトルのラベルに熟成年数を表示していないウィスキーのことを指します。

この山崎はNASで、見てもらうと、ラベルには年数が書かれていません。

年数がないから偽物。というわけではないのでご注意ください。

NAS生産理由

現在、NAS(年数表記がないウィスキー)が続々と生産されています。

なぜNAS(年数表記がないウィスキー)が増えているのでしょうか??

 

ウィスキーの原酒不足

今でこそ、国内外から人気のウィスキー。

少し前までは違いました。

~2000年【ウィスキーの需要が低い

世界中でウィスキーの人気がなかったため、生産者たちはウィスキーをたくさんつくるわけにはいかなかった。

👇

2000年~【ウィスキーの需要激増

ウィスキーが急激に人気になったが、ウィスキーの熟成には時間がかかるため、原酒が足りない。

 

NASの自由度

年数表記がされていないからといって、

そのウィスキーが、熟成されていないわけではありません

ボトル中のウィスキー80%が、熟成年数10年以上で、20%が熟成年数5年のものが入っていることもあります。

ブレンダーが、熟成年数の長いものから短いものまでを組み合わせる。

それが、より味わい深いウィスキーをつくることにもつながります。

そういった意味では、各ブランドがウィスキーのラインナップを広げる手段としてのNASとも言えます。

まとめ

NASとは、年数表記のないウィスキーのことで、その生産背景には原酒不足が関わっています。

NASには悪い側面だけではありません。

熟成年数を組み合わせることで、味わいがより深くなる可能性があります。

是非一度、試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンクディスプレイ2

スポンサーリンクディスプレイ1

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する「現役バーテンダー」と、お酒をただ飲むこと、食を楽しむことが大好きなアラサーが運営してます。 趣味カクテル、特技カクテル。 カクテルを中心に、ウィスキーなど洋酒が大好きです。

-ウィスキー

Translate »

Copyright© Liquor Freak , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.