ラムベースのカクテル、パクチーモヒートの画像。

パクチーモヒート~モヒートのミントをパクチーにかえたさっぱりエスニック風カクテル~

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

独特な苦味とクセのあるパクチー。好き嫌いがわかれるところではありますが、好きな人はとことんハマってしまう。そんな変わった魅力をもつパクチーをカクテルにしました。

ラム酒とミントのカクテル、モヒートをアレンジして、ラム酒とパクチーのモヒートをつくってみたので紹介します。

 

パクチーモヒートのレシピ

パクチーモヒートの材料の画像。

材料

  • ラム45ml
  • ライムジュース1/2個
  • シュガーシロップ10ml
  • 炭酸水適量
  • パクチー適量(今回は3g使用)
  • クラッシュアイス

 

パクチーモヒートのつくり方

1.材料を入れる。

グラスにパクチーの葉っぱのみ入れます。

グラスにパクチーを入れる画像。

ライムをしぼります。(強くしぼりすぎるとえぐみも出るので気をつけます。)

ライムをしぼっている画像。

シュガーシロップを10ml加えます。

シュガーシロップを注いでいる画像。

2.ペストルで香りを出す。

つぶしすぎないよう、軽くたたいて香りを出します。

ペストルで材料をたたいている画像。

3.ラムを注ぐ。

ホワイトラム、今回はバカルディを45mlグラスに注ぎます。

ラムを注ぐ画像。

4.クラッシュアイスを入れて炭酸水を注ぐ。

グラスにクラッシュアイスをしきつめ、その上から炭酸水を8分目くらいまで注ぎます。

炭酸水を注いでいる画像。

5.ステア。

バースプーンでよくかき混ぜます。

バースプーンでステアしている画像。

6.完成。

氷を少し足し、ストローを挿してパクチーを飾れば完成です。

ラムベースのカクテル、パクチーモヒートの画像。

 

パクチーモヒートを飲んだ感想。

パクチーの青々とした香りと独特なクセを存分に感じられる、さっぱりカクテルに仕上がりました。

ラムとパクチーの相性も悪くなく、しっかりとお酒感もあるため飲みごたえもあります。

パクチーが大好きな人にはかなりおすすめです。

個人的にはパクチーの量は少し減らし、ラムも30mlほどでちょうどよく感じられました。

もっとエスニック感を出すために、唐辛子やこしょう、花椒などを加えてみても面白いかもしれませんね。

 

モヒートをアレンジしてみよう!

今回、ミントをパクチーにかえてモヒートをつくってみました。

モヒートのアレンジレシピは世の中にたくさんあり、ベースのラムを違うお酒にかえてジンや紅茶のリキュール+ミントでつくってもいいですし、ミントをローズマリーや大葉にかえてつくってみるのも。

モヒートはアイディア次第で簡単にアレンジできるので、いろいろ自分で試してみてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンクディスプレイ2

スポンサーリンクディスプレイ1

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する「元バーテンダー」と、お酒をただ飲むこと、食を楽しむことが大好きなアラサーが運営してます。 趣味カクテル、特技カクテル。 カクテルを中心に、ウィスキーなど洋酒が大好きです。

-カクテル
-, , , ,

Translate »

Copyright© Liquor Freak , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.