【本格テイスティング方法】ウィスキーを味わう前に

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

こんばんは!

「みなさんは、ウィスキーお好きですか?」

私は、大好きです。

では、「ウィスキーが好きで、よく家やバーで飲む。飲んだだけでどんなウィスキーか当てられる。」

という方はいますか?

おそらくほとんどいないのではないでしょうか。

「ウィスキーを飲んでも味の違いがいまいちわからない」

という方も多いと思います。

かくいう私もその一人でした。

というよりも、誰もが最初はそこからスタートします。

 

では、どうすればウィスキーの味の違いがわかるようになるのでしょうか?

一番は、たくさん飲む!!ことです。

しかし、それだとお金がいくらあっても足りません。

そこで今回は、お金をかけずにウィスキーの違いを見分けられるようになろう!

ということで、本格的なテイスティングの方法をお伝えしていきたいと思います。

 

ウィスキーを観察

ウィスキーをグラスに注ぎ、そのウィスキーを観察します。

色は、琥珀色、赤みがかかった色、薄めや濃いめなど様々です。

色味から得られる情報

    • 樽熟成の年数(どのくらいの年数熟成されているか)
    • 熟成樽の種類(どんな樽で熟成されたか)

マーケティングの1つとして、瓶詰の際に着色料を添加することがあるため、見かけだけではわからないこともあります。

注がれたウィスキーを軽く回します。(スワリング)

すると、ウィスキーはグラスの内側を流れ落ちていきます。

この状態を、ウィスキーの「涙」と表現します。

涙から得られる情報

  • 熟成年数
  • ウィスキーの味

涙が、細かく早く流れ落ちる場合 → 熟成年数は短い・味は軽い

涙が、太くゆっくりと流れ落ちる場合 → 熟成年数が長い・味は濃厚

 

ウィスキーを嗅ぐ

ウィスキーの香りを嗅いでいきます。

最初の香り

グラスを胸の位置でまっすぐ持ちます。

グラスを軽く回して少し待ちます。

軽く回し、空気に触れさせることで香りが開きます。

グラスを徐々に鼻に近づけていき、最初の香りを感じたところでストップします。

この香りを「第一香」と表現し、最も揮発性があるフルーティーな香りと、アルコールの香りが感じれます。

 

濃い香り

グラスを横にします。

グラスを回します。

ウィスキーをグラスの内側全体に広げるイメージです。

鼻をグラスの下に持っていき、上へとゆっくり移動させます。

グラスの下部・・・揮発性の低い、スパイシー、モルティーな香りが際立ちます。

グラスの上部・・・揮発性の高い、果実、花の香りが感じられます。

鼻をグラスの内側に突っ込みます。

ウッディ、スパイシーな香りを感じ取れます。

 

繊細な香り

グラスを水平に持ちます。

鼻をグラスの外側の真ん中に近づけます。

こうすることで、最も繊細な香りを感じ取ることができます。

 

最後に

 

今回紹介した本格的なテイスティング方法は、

周りからみたらただの変人です。

周囲からの目が気になる方は、

自宅でこっそりとすることをおススメします。

 

ちなみに、香りを嗅ぐとき口を少し開くと、口から抜けるときのウィスキーの香りも楽しめます。

また、左右の鼻の穴でも、それぞれ匂いの感じ方が変わることがあるそうです。

興味がある方は試してみてください。

テイスティング方法~味わい方~

については、別記事で紹介します。

完読、ありがとうございました!!

 

こちらはテイスティング用グラスのリンクです。

スポンサーリンクディスプレイ2

スポンサーリンクディスプレイ1

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する「元バーテンダー」と、お酒をただ飲むこと、食を楽しむことが大好きなアラサーが運営してます。 趣味カクテル、特技カクテル。 カクテルを中心に、ウィスキーなど洋酒が大好きです。

-ウィスキー, テイスティング方法

Translate »

Copyright© Liquor Freak , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.