【本格テイスティング方法】ウィスキーの香味を表現する

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

こんばんは!

これまで、【本格テイスティング方法】として、

ウィスキーを味わう前にすることと、

ウィスキーの味わい方についてお伝えしました。

 

今回は、ウィスキーの香味の表現の仕方について紹介します。

ウィスキーを飲んでみて、

「ちょっと甘味があって、スモーキーで、、、」

と、ウィスキーを飲んだ後の感想が、いつも似たような表現になってしまう人はいますか?

それは、香味を表現するためのボキャブラリー少ないからです。

もっと色々な表現を知りたい!そしてもっとウィスキーを楽しみたい!

という方の、参考になればと思います。

 

香味の分類

数多くの香りがある中、このウィスキーには何の香りを感じるのか、厳密に言葉で表現することは難しいです。

ひとそれぞれ感性は違い、世界には100以上のフレーバーが分類されています。

その中でも代表的な香味を、味の系統ごとにまとめました。

 

穀物・木材・ナッツ類

この香味は、原料の穀物や、熟成で使用された樽から生まれます。

大麦・大麦麦芽・小麦・トウモロコシ・シリアル

ウッディ・森林・家具・木材が焦げたような・ニス・樹脂・厚紙・土っぽい

くるみ・ピーナッツ・アーモンド

花・ハーブ・スパイス類

この香味は、ウィスキーを熟成することで、化学反応を起こして生まれます。

ジャスミン・ラベンダー・スミレ・バラ・アールグレイ

ミント・レモングラス・ローズマリー

コリアンダー・カモミール・ペッパー・シナモン

お菓子・シロップ・ジャム類

この香味は、原料や酵母、熟成樽の影響で生まれます。

バニラ・チョコレート・カカオ・バタークッキー・キャラメル・トースト・焼きリンゴ・マシュマロ・タルト・パイ・カステラ

ハチミツ・メープルシロップ・バター・カスタードクリーム・

マーマレード・イチゴジャム・ココナッツミルク

 

フルーツ類

この香味は、原料や熟成樽の影響で生まれます。

レモン・ライム・オレンジ・グレープフルーツ・パイン・バナナ・リンゴ・マンゴー・桃・メロン・洋ナシ・ベリー系・レーズン・チェリー・ストロベリー・クランベリー・パッションフルーツ・ライチ・パパイヤ・トロピカルフルーツ

ピート・薬品類

この香味は、ピート(泥炭)により生まれます。

ウィスキーの中には、蒸留過程でピート(泥炭)を焚くことがあり、その香りが移ります。

ピーティー・スモーキー・海藻・潮風・海水・煙突・バーベキュー・燻製・木炭

粘土・薬品・病院・正露丸・ヨードチンキ・消毒液・プールの塩素・咳止め飴

香味を感覚でとらえる

なんの香りなのか、形があるものに例えるだけでなく、抽象的な感覚で表現することもあります。

この、感覚と香味を合わせることで、表現に奥行きがうまれます。

印象

心地よい・おだやかな・華やか・繊細・上品・リッチ・コク深い・やわらかい・ライト・すっきり・スムーズ

単調・刺激・若い・力強い・クリーン

みずみずしい・果実感

甘い・苦い・渋い・スイート・ビター・ドライ・オイリー・モルティー・ピーティー・マイルド・ホコリっぽい・カビっぽい

 

余韻

ほのかに残る・かすかな・短い・すっと消える・長い・いつまでも続く

甘い・刺激がある・若い・ライト・ビター・力強い・単調・渋い・モルティー

スポンサーリンクディスプレイ2

スポンサーリンクディスプレイ1

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する「元バーテンダー」と、お酒をただ飲むこと、食を楽しむことが大好きなアラサーが運営してます。 趣味カクテル、特技カクテル。 カクテルを中心に、ウィスキーなど洋酒が大好きです。

-ウィスキー, テイスティング方法

Translate »

Copyright© Liquor Freak , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.