【本格テイスティング方法】ウィスキーの味わい方

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

こんばんは!

前回は、【本格テイスティング方法】ウィスキーを味わう前にを紹介しました。

 

さて、今回は、その次の段階であるウィスキーの味わい方についてお伝えします。

 

ウィスキーの味わい方

ウィスキーの香りを思う存分楽しんだら、

次は「早くその琥珀色の液体を、口にそーっと運びたい」

という衝動に駆られると思います。

その衝動を一度、ぐっと抑えてください。

ゆっくりと味わうことで、ウィスキー本来の味を、あますことなく堪能することができます。

ウィスキーの味わい方その1【口に含む】

まず、ウィスキーを口にゆっくりと、少量だけ口に含みます。

ここで、舌で転がしたり、口の上部に打ち付けたりして、口の中全体に広げます。

ウィスキーが舌のどの部分に触れるかによって、味わいの印象が変わってくるので、

それを楽しみましょう。

 

ウィスキーの味わい方その2【口中香】

ウィスキーを飲みこむとき、鼻に抜ける香りがあるのがわかりますか?

それが「口中香」です。

この香りを感じましょう。

そして、その後にグラスの中のウィスキーを再び嗅いでみてください。

香りが微妙に変わってるので面白いですよ!!

 

ウィスキーの味わい方その3【余韻】

「フィニッシュ」という言葉は聞いたことがありますか?

これは、ウィスキーを飲みこんだ後に残っている、香りの持続時間のことです。

このフィニッシュが長いか、短いか、など余韻にも意識してみてください。

ウィスキーによって違うので、そこもチェックポイントです。

 

ウィスキーの味わい方その4【加水】

ストレートでウィスキーそのものの味わいを楽しんだ後、必ずしてほしいことがあります。

それは、加水です。

加水といっても、ウィスキーの水割りとは異なります

水を一滴だけ加えるのです。

水をほんの少し加えるだけで、ウィスキーに隠れていた香りが開き、

ふわーっと香りが広がっていきます。

より多くの香りを感じたい方は、水を一滴加えて香りを楽しんだ後、また一滴加えます。

それを繰り返すことで、ウィスキー1本で多くの香りを楽しむことができるのです。

100均の医療コーナーなどに、小さなスポイトが売っているのでそれを使えば簡単です。

「スポイトは何か雰囲気に欠けるなー」

「かっこ悪いなー」という方は、

「ウィスキーウォータードロッパー」という、カッコイイ商品もあるので、調べてみるといいと思います。

 

まとめ

今回は、本格的なウィスキーの味わい方について紹介しました。

ウィスキーを味わうときの注目ポイント

  1. 舌の触れる部分によって味わいが変わる。
  2. 鼻に抜ける香りに注目。
  3. 香りがどのくらい持続するか。
  4. 水を一滴だけ加える。

この4つを抑えて、ウィスキー(琥珀色の不思議な液体)を味わってみてください。

別の記事で、ウィスキーのフレーバーについて、紹介したいと思います。

 

完読、ありがとうございました。

スポンサーリンクディスプレイ2

スポンサーリンクディスプレイ1

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する「現役バーテンダー」と、お酒をただ飲むこと、食を楽しむことが大好きなアラサーが運営してます。 趣味カクテル、特技カクテル。 カクテルを中心に、ウィスキーなど洋酒が大好きです。

-ウィスキー, テイスティング方法

Translate »

Copyright© Liquor Freak , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.