完成したジンカクテル、ホワイトレディの画像。

ホワイトレディ~三位一体の完成度の高いスタンダードカクテル~

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

ホワイトレディはジンを使ったスタンダードカクテルのひとつで、とても有名です。

バーテンダーが見習いの時、最初にシェイクのカクテルを練習するときにつくるカクテルのひとつでもあります。

「ジンのアルコール、コアントローの甘み、レモンの酸味」この3つのバランスを鍛えるにはうってつけで、シンプルなレシピですが奥が深い一杯です。

今回はこのホワイトレディをつくっていきます。

 

ホワイトレディの由来

諸説ありますが、

1919年、ロンドンの「シローズクラブ」のバーテンダー、ハリー・マッケンホルン氏が考案しました。

もともとジンではなくペパーミントリキュールがベースでしたが、ハリー氏がパリに移動して1925年に、ドライジンをベースに変えたところ広く愛飲されるようになりました。

ウエディングドレスに最初に白色を用いた人物「ヴィクトリア女王」にちなんだといわれています。

 

ホワイトレディのレシピ

ホワイトレディの材料の画像。

材料

ジン30ml

ホワイトキュラソー(コアントロー)15ml

レモンジュース15ml

スタンダードレシピ通り、ジン1/2:ホワイトキュラソー1/4:レモンジュース1/4でつくりました。

※つくる時は、ジンとホワイトキュラソーどちらも冷凍しておくと、希釈が少なくなって水っぽくなりにくいです。

 

ホワイトレディのつくり方

1.材料を注ぐ。

シェイカーにジンを30ml注ぐ。

ジンを注ぐ画像。

コアントローを15ml注ぐ。

コアントローを注ぐ画像。

レモンジュースを15ml注ぐ。

レモンジュースを注ぐ画像。

2.シェイク。

シェイクして、カクテルグラスに注ぎます。

ホワイトレディを注ぐ画像。

4.完成。

完成したジンカクテル、ホワイトレディの画像。

 

ホワイトレディを飲んだ感想

ジンの風味とコアントローの甘味、レモンの酸味がちょうどよく、おいしい味わいです。

今回はボンベイサファイアを使用したので、独特な華やかなボタニカルの香りが強めに仕上がりましたが、ビーフィーターやゴードンジンなどを使うと、また違う味わいになります。

個人的にはゴードンを使ったホワイトレディの方が好きですが、そこは好みなので自分にあった味わいを探してみて下さい。

スタンダードレシピは1/2、1/4、1/4ですが、生のレモンを使うときはものによって酸味が変わってくるので、ジンを多めにしたりレモンを少なめにするなどして調整するといいと思います。

アルコール度数:約33度

 

ホワイトレディに似たカクテル

ジンをウォッカに変える→バラライカ

ジンをラムに変える→XYZ

ジンをウィスキーに変える→サイレントサード

ジンをブランデーに変える→サイドカー

スポンサーリンクディスプレイ2

スポンサーリンクディスプレイ1

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する「元バーテンダー」と、お酒をただ飲むこと、食を楽しむことが大好きなアラサーが運営してます。 趣味カクテル、特技カクテル。 カクテルを中心に、ウィスキーなど洋酒が大好きです。

-カクテル
-, ,

Translate »

Copyright© Liquor Freak , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.