カクテルの作り方【ステアとは?】シェイクとの違い・ポイントを徹底解説

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

「カクテルづくりで、ステアって聞くけどよくわからない」

「ステアでつくるカクテルって何があるの?」

カクテルをこれから作りたいと思っている方、作り方がいまいちわからないという方に向けて、

今回は、カクテルづくりの基本「ステア」という技法について徹底的に解説していきます。

 

元バーテンダーのりまくぼです。

バーテンダーとして働く前は、ビルドとステアの違いは全くわからず、ステアでつくるカクテル「マティーニ」も聞いたことはあるけど、どんなカクテルかわからない状態でした。

今では、初めて行くバーでは必ずマティーニを頼み、美味しいマティーニと美味しくないマティーニの違いがわかるようになりました

ステアは、カクテル4つの技法の中で一番奥が深いと感じます。

  • ステアの仕方によって、同じカクテルでも味が激変する。
  • ステアはシェイクよりも難しい技法だと言われる。

プロでも難しい「ステア」について、まずはよくわからない。という状態から、

ステアのことを説明できる状態になるための知識を、お伝えします。

 

カクテルづくりのレパートリーを増やすためにも、最後まで是非お付き合いください!!

美味しいカクテルをつくるためのステアを徹底解説

ステア・・・ミキシンググラスに材料を注ぎ、バースプーンで混ぜて冷やしながらカクテルを作る技法。

カクテルをつくる技法には、ビルド・ステア・シェイク・ブレンドの4種が代表的で、

その中で最も難しいといわれる技法です。

ステアの意味

ステアはビルドと混同しやすいですが、厳密には違います。

ビルドとステアの違いについてはこちらの記事で解説しています。

カクテルの作り方【ビルドとは?】ステアとの違い・ポイントを徹底解説

ステアは、比重が近い材料や、果汁を使わないものなど、比較的混ざりやすい材料同士を冷やして混ぜるときに使います。

ステアとシェイクの違い

ステアとシェイクの作り方の違いは、見た目ではっきりとわかります。

ステアはミキシンググラスで材料を混ぜ、シェイクはシェイカーで材料を混ぜます。

材料が同じで作り方が違うと、味わいはどのように変化するのでしょうか?

ステア

材料を冷やし混ぜる ⇒ ベースの酒の強さ、鋭さが強調される。

シェイク

材料を冷やし混ぜる ⇒ 素材の鋭さやアルコール感をやわらげ、飲みやすくなる。

ステアの目的は、お酒そのものの味を生かしたいので、アルコールが強く感じるカクテルが多く、シェイクの目的は、飲みやすくすることなので、まろやかな味わいになります。

 

ステアで使う道具

ステアでは、ビルドよりも2つ多く道具をそろえなければなりません。

1.メジャーカップ

メジャーカップの写真

お酒を注ぐときの分量を量るときに使います。

お酒はメジャーカップがなくとも、家庭用の計量器があればいいいので、あってもなくてもどちらでも大丈夫です。

メジャーカップで量った方が、見た目がカッコイイです

ただ、ステアに関しては、注ぎ方によって氷の解け具合などが変化することがあるので、あえて目分量で注ぐバーテンダーもいます。

 

【バーツール】カクテルをかっこよくつくるおすすめ【メジャーカップ】まとめ

カクテルづくりにおいて、シェイカーやバースプーンは必要不可欠ですが、 メジャーカップはあってもなくても、どちらでもいい道具です。 なぜなら、料理等でも使う計量器があれば、分量は測れるからです。 しかし ...

続きを見る

2.バースプーン

バースプーンでつくるカクテル

ステアの際に、なくてはならないのがバースプーンです。

バースプーンは、普通のスプーンよりも柄が長く、らせん状になっているため、回しやすくなっています

使い方は練習しなければ難しいですが、ちゃんと扱えれば、プロのようなカクテルがつくれます。

3.グラス

グラスは色々な種類がありますが、ステアのカクテルに使用するのは、基本的にカクテルグラスが多いです。

また、カクテルによってはロックグラスでつくることもあるので、できれば揃えておきましょう。

カクテルグラスは100均にも売っていますが、容量少な目で、口が厚いので、もう少しいいグラスを買うのをおススメします。

どんなグラスで飲むかで、味が驚くほど変わります。

100均グラスといいグラスの違いはこちらの記事で詳しくまとめています。

【目からうろこ】100円のグラスと1万円のグラスの違い

お酒を飲むとき、ほとんどの人がグラスに注いで飲みますよね。 ワイングラスやロックグラス・カクテルグラスなど色々な種類があります。 値段も安いものから高いものまであり、100均にも薄い飲み口のグラスが店 ...

続きを見る

 

4.ミキシンググラス

ミキシンググラスは、ステアのための大型グラスです。

普通のグラスよりも大きいため、ステアがしやすく、安定性があります

ストレーナーとの相性や、使用する氷のサイズなどにより、選ぶミキシンググラスが変わります。

上記の写真が一番オーソドックスなタイプですが、他にも特徴が違ういろんな種類のミキシンググラスがあります。

5.ストレーナー

ストレーナーは、ミキシンググラスにはめて、氷を押さえながら液体を注ぐための道具です。

ミキシンググラス同様、いろいろな種類のストレーナーがあります。

まとめ

これまで、ステアについてザックリ解説していきました。

もう一度おさらいしておきます。

  • ステア ⇒ ミキシンググラスに材料を注ぎ、バースプーンで混ぜながら冷やすカクテル。
  • ステアでつくるカクテル ⇒ 比較的混ざりやすい材料同士を使用。
  • ステアとシェイクの違い ⇒ ステアは、アルコールの角を残し、お酒そのものの味を強調する。/シェイクは、アルコールの角をとり、飲みやすくする。
  • ステアで使う道具 ⇒ 1.メジャーカップ/2.バースプーン/3.カクテルグラス/4.ミキシンググラス/5.ストレーナー

ステアに関しては、これらの特徴を覚えておけば大丈夫です。

カクテルの基本技法:ステアでした!!

スポンサーリンクディスプレイ2

スポンサーリンクディスプレイ1

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する「現役バーテンダー」と、お酒をただ飲むこと、食を楽しむことが大好きなアラサーが運営してます。 趣味カクテル、特技カクテル。 カクテルを中心に、ウィスキーなど洋酒が大好きです。

-カクテルの作り方
-

Translate »

Copyright© Liquor Freak , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.