赤のスパークリングワイン。

スパークリングワインは白だけじゃない!赤のスパークリングワイン

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

スパークリングワインは白のイメージが強いですが、実は赤のスパークリングワインもあります。

赤のスパークリング!?

初めて聞く方も多いと思います。

赤のスパークリングはどんな味なのか?実際に買ってみました。

 

赤のスパークリングワイン

その名の通り、微発泡の赤ワインです。

通常の赤ワインに比べすっきりと飲みやすく、赤ワインが苦手な方にもおすすめです。

赤ワインの果実味やコクもあるので満足感があり、飲み疲れしない味わいです。

 

カビッキオーリ ランブルスコ グラスパロッサ

スパークリングワインの画像。

【商品情報】

原産国:イタリア

アルコール度数:8%

ブドウ品種:グラスパロッサ

味わい:やや甘口

価格:1000円前後

 

こちらのワインを購入しました。

赤ワインだけど渋くない

実際に飲んでみましたが、赤ワイン特有のタンニンの渋みはなく、後味はすっきりしていました。

また、やや甘口ということで、爽やかな飲み口とほどよい甘さがちょうどいい味わいでした。

 

アルコール度数低めで飲みやすい

スパークリングワインと言えば、アルコール度数は14~20%前後ですが、このワインは8%と低め

炭酸も弱めなので、果実味を感じやすいです。

お酒が苦手な方にも飲みやすいスパークリングワインでした。

 

食卓に赤のスパークリングワインを

赤ワインの果実味がありすっきりした後味は、白ワインのスパークリングワインとはまた違った美味しさがあります。

チーズやハラミにはもちろん、ステーキやからあげなどの脂っこい肉にも負けないので、肉料理にもよく合います。

飲んでことない方は是非一度飲んでみてください。

 

スポンサーリンクディスプレイ2

スポンサーリンクディスプレイ1

スポンサーリンク(関連コンテンツ)

  • この記事を書いた人

rimakubo

お酒をこよなく愛する「元バーテンダー」と、お酒をただ飲むこと、食を楽しむことが大好きなアラサーが運営してます。 趣味カクテル、特技カクテル。 カクテルを中心に、ウィスキーなど洋酒が大好きです。

-コラム

Translate »

Copyright© Liquor Freak , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.